スレッドの評価:
  • 回答数:1 平均:1
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
秋月電子
#1
電子工作と言えば、欠かせないのが秋月電子。

そんな秋月電子の、面白いパーツや新製品の試食などなど、みんなで話しましょう。

秋月電子:
http://akizukidenshi.com/catalog/top.aspx
返信
#2
屋外の台車販売されている青緑色LEDをお試しゲットして、ピュアグリーンと比較してみました。
リクエストによる取り扱いだそうですが、このLEDをリクエストされる方、かなり限定されますよね。


添付ファイル サムネイル
   
返信
#3
秋月の青緑LEDと言えば、この2色チップは外せません。 

それぞれ独立してるので物理的に切断すれば1608相当のチップLEDになります。w

2色チップLED(赤・青緑)1615サイズ FRDC1211C (10個入): LED(発光ダイオード) 秋月電子通商 電子部品 ネット通販 http://akizukidenshi.com/catalog/g/gI-00612/


添付ファイル サムネイル
           
返信
#4
ちょっと間隔が狭いけど、このまま信号機が作れそうですね。
返信
#5
カットして赤と青緑を分離できるんですね。いつも回路上で赤を殺してました。
頑張れば信号機をものすごく薄く作れるので重宝してます。
視感度が高い性質ゆえか、色にバラツキが多いのが難点。


添付ファイル サムネイル
   
返信
#6
ヘッドライト用にウォームホワイトLEDを探していたら、マイコン内蔵LEDってのが目に留まりました。どんなマイコンが組み込まれているのでしょう。LEDチップによってマイコンもマチマチなのでしょうか。
返信
#7
マイコン内蔵LED:
http://akizukidenshi.com/catalog/c/cmiconled/

これですよね。サーボと同じく、Dutyの長さで光らせ方を調整できるやつだったと思います。
返信
#8
面白いかどうかわからないのですが、こんな使い方もあるということで。

トロイダルコイル(チョークコイル)@50円
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gP-03591/

トロイダルコアの真ん中にDCCフィーダーの片側を通すと、巻き数比1:100の電流トランスになるので、ショットキーバリアのダイオードブリッジで整流して10KΩにつなぐと、電流に応じた電圧が測定できます。

[画像: IMG_5229.JPG]
ショートする位の電流だと120mV位、デコーダーで数mVといったところです。

物理的な大きさが?ですが、電圧降下なしでDCC電流が検出できるので、DCCコマンドステーション、オートリバーサー、フログデューサー、在線検知センサーに使えるかもしれません。使えないかもしれません。
返信
#9
(04-29-2019, 03:56 PM)hs.2015 が書きました: >面白いかどうかわからないのですが、こんな使い方もあるということで。
>物理的な大きさが?ですが、電圧降下なしでDCC電流が検出できるので、DCCコマンドステーション、オートリバーサー、フログデューサー、在線検知センサーに使えるかもしれません。使えないかもしれません。

フリーエネルギーっぽくて不思議感があり、面白いですね!
電磁気学は疎い(!)のですが、実際は、トランスの効率と、二次側の負荷でコマンドステーションの負荷となっていますよね?
返信
#10
(04-30-2019, 10:27 AM)あやのすけ が書きました:
(04-29-2019, 03:56 PM)hs.2015 が書きました: >面白いかどうかわからないのですが、こんな使い方もあるということで。
>物理的な大きさが?ですが、電圧降下なしでDCC電流が検出できるので、DCCコマンドステーション、オートリバーサー、フログデューサー、在線検知センサーに使えるかもしれません。使えないかもしれません。

フリーエネルギーっぽくて不思議感があり、面白いですね!
電磁気学は疎い(!)のですが、実際は、トランスの効率と、二次側の負荷でコマンドステーションの負荷となっていますよね?

もちろん、コマンドステーションの負荷になっています。ダイオードや抵抗に比べての"電圧降下なし"という意味で。。

強電の方ではクランプメータという測定器もあったと記憶しています。
返信


ページジャンプ:


このスレッドを閲覧中のユーザ: ゲスト: 1