スレッドの評価:
  • 回答数:1 平均:5
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
小型ロコ
#1
ここ最近気になっている小型ロコについて!
   
1:93,5というサイズはよく分かりませんが、機関車と客車をDCCで統一したモデル(TRIX)
   
客車はHPでは予約出来ない?Lippeでも無いのでSebnitzで予約しました。
   
最近流行?のウェザリング済みのROCOの機関車も良い感じですね。
   
ESU151より新しいROCOのBR151もライトの質感がよく再現されていて余裕があれば欲しいところです。 Heart
返信
#2
小型ロコ良いですね!
私もV100やKöFなどTelexカプラー付き超小型ロコを所有していますが小さいのにパワフルでとても気に入っています。
[画像: 171121A_005.jpg]

Lippeにない製品はMHIの可能性があります。
Lippeのスレッドに書きましたがMarklin-Handler-Initiativeは小中規模なショップに救いの手になる限定品を優先的に販売させるものですね。
http://desktopstation.net/bb/showthread.php?tid=8

1:93.5について補足します。
まずヨーロッパの客車のスタンダードな規格
UIC standard length 26.4mです。
これをそれぞれのスケールにすると。
24 cm (1:110)
26.4 cm (1:100)
27 cm (1:97.8)
28.2 cm (1:93.6)
30.3 cm (1:87)
と言う感じです。

参考URLも貼っておきます。
https://www.marklin-users.net/forum/post...le-Mystery
http://railway.zone/post/true-to-scale-c...th-coaches
返信
#3
Nardiさん、どうもです!

なるほど中小店を助ける意味で良い考えですね。
これでSebnitz店を再度利用した訳ですね。
1:93.5スケールにする意味ってあるんでしょうか?
1:87に近いし!
短くなるので編成ものに出来そうです。
返信
#4
参考URLにもあります通りMarklinはR360のカーブを出来るだけオーバーハングなしで通過させたいんですね。
アクセサリー、例えば信号機が特にオーバーハングがあるとぶつかってしまいます。
そこでショートスケールという考え方が出来たんだと思います。
93.5でも全長は2cm違いますからね!とても大きいわけです。しかも編成とした時に見栄えもさほど変わらないので最近出るMarklinの客車は93.5が多いようです。
1:100だと流石に目立つほど短いですが1:93.5はちょうど良い感じだと思います!
返信
#5
納得です!
日本の1/80ではあまり馴染みのないカーブ半径で、その問題から生み出されたスケールなんですね。
返信
#6
日本の16番の世界だとR360なんてありえない!って思うかもしれませんがヨーロッパでは実はR360が基準になっています。
日本だとほとんどNゲージの半径ですよね!JR浜松さんがお持ちのESU製品のスペックもご覧になってみてくださいR360がミニマムと書いてあるはずです。
あれだけ精巧に出来ていてR360を通過できるように設計されていて、Nゲージサイズの部屋でも広げられるのが欧州鉄道模型の魅力の1つなわけですね。
H0には広いスペースが必要と思われている方は、外国は部屋が広いからなんて思われてるかもしれません。
実は広いのは北米くらいで欧州は狭い部屋にレイアウトを広げてる方がとても多いのです。
返信
#7
小型ロコと思っていましたが、BR151ってBR245に近いサイズだったとは!
   
R360で展開出来るとは!
返信
#8
意外とでかいんですね!
私は最初BR245も1116Taurusくらいかなと思っていたけど届いてみたら大きかった印象があります。
それにしても同じDBレッドが美しいですね~!
返信
#9
Twindexx Vario Wagenの牽引機として、BR143 DB AGも導入予定。
    E-Lok BR143 DB AG Ⅵ 現役機。
ちょうどPIKO Expertmodelから発売中。
大型機のBR146.2 DB AG(BRAWA)と同色。
客車と同色カラーで統一。
サウンドデコーダ、オプション有り。
Lippeにて搭載可。
返信


ページジャンプ:


このスレッドを閲覧中のユーザ: ゲスト: 1