スレッドの評価:
  • 回答数:0 平均:0
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
サージアブソーバー(バリスタ)について質問です
#1
サージアブソーバー(バリスタ)をデコーダーに接続することを考えているのですが、どのような定格の部品を選べばいいのか、そもそも適応があるのか、わからないので、ご教示をお願いいたします。

私は主に、メルクリンの3線式アナログ車両を楽しんでいます。メルクリンのアナログコントローラーは、車両の進行方向を逆転させる場合、モーターを駆動する電圧(表記上は交流4-16V)よりも高い電圧(表記上は交流24V テスターで測定すると30V近くある場合あり)を瞬間的に出力し、車両の逆転機(リレー)を動作させています。アナログコントローラーでデジタル車両を動作させる場合、アナログ動作となりますが、逆転用の電圧がデジタル車両のデコーダーを損傷する可能性があります。

メルクリンの純正デコーダーは、互換性を担保するために逆転用の電圧に対する耐性を持たせているようで、手持ちの車両のデコーダーが損傷した経験は現状ありません。しかし、社外品のデコーダーや車両は、アナログコントローラーでの走行そのものはできても、耐性を持たせることを省いているのか、逆転用の電圧を印加することを推奨しない、または禁止しているものがあります。

そこで、逆転用の電圧を印加してもデコーダーが損傷しないよう、サージアブソーバー(バリスタ)をデコーダーの電源入力と並列に接続することを考えました。ただ、使ったこと経験のない部品なので、どのような定格の部品を選べばいいのかわかりません。

ネットの情報を検索してみると、24V電源の自動車では、バリスタ電圧47Vのサージアブソーバー(バリスタ)を使用することが多いようです。これを上記のアナログコントローラーで使用していのかどうか、ご専門の方がおられましたらご教示をお願いいたします。
返信


ページジャンプ:


このスレッドを閲覧中のユーザ: ゲスト: 1