スレッドの評価:
  • 回答数:2 平均:3
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
ミント缶DCCコントローラ
#61
twaydcc様

お世話になります。

ミント缶IV-R1.6 コントローラキットを以前いただき、組み立ててみたのですが、半年ほど使用してみて、質問がいくつかあります。

1.メルクリンのデコーダー(品番60760)を搭載した車両へのCV書き込みができません。これは仕様でしょうか。

2.速度調整ボリュームを左へいっぱいに回しても、線路にノイズと思われる信号がじわじわと出ているようで、車両がわずかずつ移動します。ミント缶に収納しているだけの状態なので、基板のアースが取れていないことが原因なのでしょうか。あるいは、電源のノイズが影響しているのでしょうか。

3.「DesktopStation wiki ページ」からダウンロードできる説明書がR1.3のもののようですが、R1.6でも変更なしと理解していいのでしょうか。

4.(CVを書き込むモードの詳細について理解できていないのですが)"Direct Programming"に対応しているデコーダーなら、この「ミント缶IV-R1.6 コントローラ」でCV書き込みが可能であると理解していいのでしょうか。
別スレッドで取り上げている、"Tams Elektronik Lokdecoder"の取扱説明書(添付ファイルあります)に、「コントローラーのの説明書の、"the byte wise programming of configuration variables (CVs) (Direct programming)"と"main track programming (POM)" が説明されている章を参照せよ」とあるのです。
また、このデコーダーでは、"resister-programming"はサポートされていないようです。


よろしくお願いいたします。


添付ファイル
.pdf   LD-G-42_LD-W-42_2020_07_Manual_EN.pdf (サイズ: 482.32 KB / ダウンロード: 1)
返信
#62
Märklin_V200 さん、お世話になります。
1. メルクリンは仕様非公開で、CV書き込みは解析が進まず非対応です。
2. 速度調整ボリュームはあまり品質が良くない様で、スイッチオフの時の摺動性が悪いのか、何度か同じ現象を体験しました。個体差じゃなく、間欠的な現象なのかなという印象です。
3. 1.6の取説はキット添付の印刷物のみです。
4. CV書き込みはDirectモードとOPS(POM)モードです。
以上、よろしくお願いします。
返信
#63
ミント缶IV-R1.6 コントローラの動作報告です。

Tams ElektronikというドイツのメーカーのLD-G-42というデコーダーを入手し、LaisDcc DCC Decoder Tester Pro(DesktopStationから購入)に接続して確認しました。

・モーター動作
・ライト動作
・AUX1動作
・アドレス書き換え

が、DCCモードおよびMMモードともに可能でした。

写真を撮ったのですが、スマホからPCへの転送がうまくできなかったtので、後日、デコーダーのスレッドに投稿したいと思います。

純正以外のコントローラーからアドレスの書き換えができる、DCC/メルクリン両用のデコーダーということで、日本国内ではどの程度需要があるかはわかりませんが、貴重な存在になるかな、と思います。
返信


ページジャンプ:


このスレッドを閲覧中のユーザ: ゲスト: 2