スレッドの評価:
  • 回答数:0 平均:0
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
[わんこ] ワンコインデコーダについて語ろう!
#31
ありがとうございます。
次期ポイントデコーダ、楽しみにしています。


以下、本件とは直接関係のない私の体験です。

Digitrax DS64で電流不足と思われる現象が発生した際、
外部電源入力端子に別途用意したDC12V 2A電源を接続したところ、解決しました。
何かのお役に立てれば幸いです。
返信
#32
はじめまして。

私もワンコインデコーダ4.2を両極性デコーダとして愛用しております。
すでに5編成以上に実装して楽しんでおります。

2つの編成を併合して運転する場合、連結面のライトを消すことをしたいです。
それには連結面のライトのON,OFFをF0以外で操作できたらやりやすいのではないかと考えております。

実際にワンコインデコーダにはCV設定によってライトのONOFFをF0以外にする設定は可能でしょうか。
あれば大変便利な機能ではないかと思います。
返信
#33
こんばんは。

ワンコインデコーダのモータ出力をアクセサリとして使用する両極性FxモードはF0でのみ動作可能です。
ワンコインデコーダはファンクション出力回路も機能UPした際に設けたのですが、こちらは、F0~12まで対応しています。

F0の処理は、CV29の設定によっては正逆を入れ替えたりと案外面倒ではあります。

ご質問の趣旨は、車両側の改造が少なくてすむ両極性FxモードをF0以外でも動作させたいということだと思いますが
、現時点のソフトでは対応していませんが、ソフトを改造すれば可能です。

このフォーラムをご覧の方で、改造にチャレンジされる方へのヒントですが、
アセンブラソース上で、ファンクション(機能)1グループ命令を処理している箇所があり、
命令の中のF0制御bitである、4bit目をF0_STATUSの0bit目にコピーしている処理があります。
これを動作させたいファンクションの制御Bitからコピーするように変更すればよいと思います。(未検証ですが。。)

例えばF1ならBit0なので、DATA2,4  を DATA2,0 に置き換えれば、F1固定ではありますが、できるかと思います。
もちろんCVで任意のF1~F12に選択可能とするには処理を他にも追加しないとできません。

ちなみに、DCC信号のファンクション(機能)1グループ命令は以下のような感じです。

Function Group One Instruction (100)
The format of this instruction is 100DDDDD

Up to 5 auxiliary functions (functions FL and F1-F4) can be controlled by the Function Group One instruction. Bits0-3 shall define the value of functions F1-F4 with function F1 being controlled by bit 0 and function F4 beingcontrolled by bit 3. A value of "1" shall indicate that the function is "on" while a value of "0" shall indicate that thefunction is "off". If Bit 1 of CV#29 has a value of one (1), then bit 4 controls function FL, otherwise bit 4 has nomeaning.

詳しくは、NMRAのRP 9.2.1を参照してみてください。
返信
#34
nuckyさん

早速のご連絡ありがとうございます。
おっしゃる通り、両極性FxモードをF0以外でも使いたいです。
アドバイスに従ってF1固定想定でプログラム改変を試みましたが
うまくコンパイルできませんでした。
(作業フォルダやプロジェクトファイルの階層指定が間違っていたかもしれません)

しかしプログラム変更によって実現の余地があることがわかりました。

ひとまずは連結面に関係ないところにワンコインデコーダを
今後も継続的に採用します。
返信


ページジャンプ:


このスレッドを閲覧中のユーザ: ゲスト: 2