TOPに戻る

京王3000系 界磁チョッパ車

提供者 かわけい様, MB3110A様, ねじろう様

すでに井の頭線では現役を退いてしまった、京王3000系 界磁チョッパ制御車のサウンドデータです。
約50年の長きに渡り井の頭線の主力として活躍した言わずと知れた京王初のオールステンレス車両で「ステンプラカー」と呼ばれて親しまれたが、2011年に惜しまれつつ引退しました。
サウンドは東洋車独特の甲高い音を再現しております。

※2020年現在でも現役である地方譲渡車両は、駆動系のシステムがVVVFまたは抵抗制御となっているため、本データを使用すると厳密には異なってしまいますのでご注意ください。

※本データはLokSoundV4, LokSound5シリーズ用です。

マイクロエースのNゲージや、カツミ製の1/80スケール車両に好適です。

初期アドレス: 3(ショートアドレス)

ファンクション割り当て:
F1:ドライブサウンドON F2:AW-5・AW-9警笛(進行方向による)
F3:電子笛 F4:Shift Mode*
F5:非常ブレーキ** F6:ハンドル抜き取り音
F7:音量調整 F8:レール継ぎ目
F9: CP強制起動 F10: フランジ音
F11:ドア開閉 ベルあり*** F12:ドア開閉 手笛あり***
F21:ブレーキスキール音操作 -

* 停車中:ドア閉め時の発車ベル・手笛省略に使用。走行中:回生失効
** 停車後再押下で復帰。CP起動
*** 停車中のみ使用可。走行中ONにすると停車と同時にドア開き音。OFF(ドア閉め)しないと、停車中にスロットルを上げても起動しません。発車ベルを省略したいときは、F:4=ONで強制閉扉。

サウンドデータファイル(ESU LokSound V4, 5シリーズ用):
DOWNLOAD (4MB, rev., 2020年10月21日更新)


TOPに戻る

Go to top.