ユーザ用ツール

サイト用ツール


cv_read_and_write_via_software_serial

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

両方とも前のリビジョン 前のリビジョン
cv_read_and_write_via_software_serial [2015/10/03 14:54]
yaasan [動作原理]
cv_read_and_write_via_software_serial [2015/10/03 14:54] (現在)
yaasan [動作原理]
ライン 31: ライン 31:
 MISO,​MOSI端子にTX,​RXのソフトウェアシリアルを割り付け。SCK端子は、SSS用の場合は常にGNDとすることで、スマイルデコーダが起動時にCV読み書きモードに遷移するようにしている。 MISO,​MOSI端子にTX,​RXのソフトウェアシリアルを割り付け。SCK端子は、SSS用の場合は常にGNDとすることで、スマイルデコーダが起動時にCV読み書きモードに遷移するようにしている。
  
-なお、アクセスの一番最初は、リセットをかける必要が有るため、スマイルライターであればD10を一旦LOWにするリセット処理、FTDIのケーブル経由であれば、DTRをEnableにします。+なお、アクセスの一番最初は、スマイルデコーダにリセットをかける必要が有るため、スマイルライターであればD10を一旦LOWにするリセット処理、FTDIのケーブル経由であれば、DTRをEnableにします。
 ===== ダウンロード ===== ===== ダウンロード =====
  
cv_read_and_write_via_software_serial.txt · 最終更新: 2015/10/03 14:54 by yaasan