ユーザ用ツール

サイト用ツール


dsair2_faq

差分

このページの2つのバージョン間の差分を表示します。

この比較画面にリンクする

両方とも前のリビジョン 前のリビジョン
次のリビジョン
前のリビジョン
dsair2_faq [2019/02/17 07:09]
yaasan [DSair2 ソフトウェアセットアップ]
dsair2_faq [2019/10/27 08:45] (現在)
yaasan [本体ファームウェアの初期設定・アップデート]
行 3: 行 3:
 [[DSair2_Instruction|説明書TOP]] [[DSair2_Instruction|説明書TOP]]
  
-DSair2をKITで購入した場合、本体ファームウェアと、FlashAirの2つについて、ご自分で設定する必要があります。+DSair2をKITで購入した場合、本体ファームウェアと、FlashAirの2つについて、ご自分で設定する必要があります。完成品を購入したユーザーは、届いた後に本体ファームウェアの初期設定作業を行う必要はありません。ただし、自分でFlashAirを購入した場合、FlashAirの初期設定作業は必要です。
  
 ^ソフトの種類 ^役割 ^ ^ソフトの種類 ^役割 ^
 |本体ファームウェア| DCC,Marklin,PWMの制御,管理,安全機能 | |本体ファームウェア| DCC,Marklin,PWMの制御,管理,安全機能 |
 |FlashAir Webアプリ| Wi-Fi機能,Webアプリの配信サーバー,HTMLや画像データの保管  | |FlashAir Webアプリ| Wi-Fi機能,Webアプリの配信サーバー,HTMLや画像データの保管  |
-====== 本体ファームウェアの設定(アップデート======+====== 本体ファームウェアの初期設定アップデート ======
  
 +※2019年1月以降出荷分は**キット品も初期設定済み**です。特に理由が無ければ、組立て時に特に作業は不要です。
 +※本手順は、PCの使い方に慣れた中級者向けの作業です。**自信のない方は、有償サポートをご利用ください。**
  
-まず、[[https://desktopstation.net/wiki/doku.php/install_driver|CH340G USBドラバ]]をインストールして下さい+まず、以下の3種類のファダウンロードします。1と2については、既にダウンロードして、インストール済みの場合は不要です
  
-Arduino IDE(無料)も予めダウンロードし、インストールして下さい。+  - [[https://desktopstation.net/wiki/doku.php/install_driver|CH340G USBドライバ]]をインストールして下さい。 
 +  - Arduino IDE(無料, [[https://www.arduino.cc/en/main/software|https://www.arduino.cc/en/main/software]])も予めダウンロードし、インストールして下さい。 
 +  - [[DSair2_Firmware|ファームウェア・Webアプリ]]から、最新のファームウェア(スケッチ)をダウンロードします
  
-[[DSair2_Firmware|ファームウェア・Webアプリ]]から、最新のファームウェア(スケッチ)を解凍し、分かりやすいところに格納します。+{{::firmware_update_0.png?400|}}
  
-Arduino IDEを起動し、DSshield with FlashAirスケッチ(DSshieldFlashAir.ino)を開きます。 
  
-ここで、DSair2をUSBケルを使ってPC繋げて下さい。ACアダプタは接続る必要はありません+ダウンロドしたZIPファイルを解凍(展開)し、分かりやすいところ格納します。
  
-正常にPCで認識し、COMポートが割り付けられることを確認して下さい。+{{::firmware_update_5.png?400|}}
  
-{{:arduinoide_tool.png?300|}} 
  
-この後、Arduino IDEでボード設定行います。ボ種類はArduino nanoとし、プロセッサはATMEGA328Pとますが注意点があります。+Arduino IDEを起動し、「ファイル」メニューの「開く」を押します。
  
-Arduino IDE 1.8.7以降では、ボードをArduino nanoにした後、プロセッサをATMEGA328P(Old Bootloader)に設定して下さい。デフォルトのままですと、書き込みが出来ません。ただし、1.8.5までのArduino IDEではデフォルトのままで書き込みが行えます。+{{::firmware_update_1.png?400|}}
  
-通信ポートは、DSair2が認識したポートを指定して下さい。ほとんどのケースでは、1つしか表示されていないはずです。この場合は、認識された1つを選択すれば問題ありません。+先ほどダウンロードして解凍した、DSairFirmwareスケッチ(DSairFirmware.ino)を開きます。 
 + 
 +{{::firmware_update_2.png?400|}} 
 + 
 +ここで、DSair2をUSBケーブルを使ってPCに繋げて下さい。ACアダプタは接続する必要はありません。正常にPCで認識し、COMポートが割り付けられることを確認して下さい。 
 + 
 +この後、Arduino IDEでボード設定を行います。ボードの種類はArduino nanoとします。プロセッサの選択では、注意点があります。 
 +Arduino IDE 1.8.7以降では、ボードを**Arduino nano**にした後、プロセッサを**ATMEGA328P(Old Bootloader)**に設定して下さい。デフォルトのままですと、書き込みが出来ません。ただし、1.8.5までのArduino IDEではデフォルトのままで書き込みが行えます。 
 + 
 +通信ポートは、**DSair2が認識したポート**を指定して下さい。ほとんどのケースでは、1つしか表示されていないはずです。この場合は、認識された1つを選択すれば問題ありません。複数ある場合は、いったんDSair2につなげているUSBケーブルを抜いて、どのCOM番号のポートが消えるか(変化するか)、確認すると良いです。 
 + 
 +{{::firmware_update_3.png?400|}}
  
 アップロードボタン(メニューのアップロードでも可)で書き込みを行います。 アップロードボタン(メニューのアップロードでも可)で書き込みを行います。
  
-{{::arduinoide_tool2.png?300|}}+{{::firmware_update_4.png?400|}}
  
-書き込みが完了しました、のメッセージが出ていれば完了です。+書き込みが完了しました、のメッセージが出ていれば完了です。
  
 ====== FlashAirの設定(アップデート) ====== ====== FlashAirの設定(アップデート) ======
dsair2_faq.1550354972.txt.gz · 最終更新: 2019/02/17 07:09 by yaasan