ユーザ用ツール

サイト用ツール


dsair2_trouble_etc

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

両方とも前のリビジョン 前のリビジョン
次のリビジョン
前のリビジョン
dsair2_trouble_etc [2018/12/19 21:10]
yaasan [AC/ACアダプタ(トランス)を繋げたら故障した]
dsair2_trouble_etc [2019/02/23 17:51] (現在)
yaasan [DSairが発熱する]
ライン 16: ライン 16:
 RUN LEDが点滅しない場合には、DSairが正常に起動していません。 RUN LEDが点滅しない場合には、DSairが正常に起動していません。
  
-ACアダプタは、接続されていますか? +  * ACアダプタは、接続されていますか? 
-ACアダプタは正常に電圧(12Vから18V)を出していますか? +  ​* ​ACアダプタは正常に電圧(12Vから18V)を出していますか? 
-DSair内でショートしていませんか?はんだ付けを確認してください。+  ​* ​DSair内でショートしていませんか?はんだ付けを確認してください。
  
 ===== 線路に電源が流れない ===== ===== 線路に電源が流れない =====
  
-線路がショートしていると、自動で保護機能が動作します。ショート保護動作時はLEDで表示されません。 +  * 線路がショートしていると、自動で保護機能が動作します。ショート保護動作時はLEDで表示されません。 
-大容量のコンデンサが搭載された車両は、突入電流が過大で安全機能が働く場合があります。 +  ​* ​大容量のコンデンサが搭載された車両は、突入電流が過大で安全機能が働く場合があります。 
-DSairの筐体内が発熱している場合、過熱遮断機能が働き線路に電流が流れません。出力電流が常時2Aを超える過負荷環境では使用しないでください。 +  ​* ​DSairの筐体内が発熱している場合、過熱遮断機能が働き線路に電流が流れません。出力電流が常時2Aを超える過負荷環境では使用しないでください。 
-ACアダプタの容量が小さい(2A以下)と、簡単なショートでも止まるケースがあります。大きいレイアウトや、電流をたくさん流す場合には、大容量のACアダプタ(3A以上)を別途、入手してください。+  ​* ​ACアダプタの容量が小さい(2A以下)と、簡単なショートでも止まるケースがあります。大きいレイアウトや、電流をたくさん流す場合には、大容量のACアダプタ(3A以上)を別途、入手してください。
  
 ===== 線路がショートしたら無線機能が切れた ===== ===== 線路がショートしたら無線機能が切れた =====
ライン 34: ライン 34:
 ===== DSairが発熱する ===== ===== DSairが発熱する =====
  
-1.5Aの電流出力条件で連続で30分以上稼働させると、チップの内部フィンはおおよそ45℃程度(室温20℃)まで上昇します。2.0A連続30分以上の稼働の場合には、60℃弱まで上昇します。動作には問題ありませんが、1.5A連続運転で使用する熱設計となっているため、長時間の1.5A超の稼働はお控えください。なお、長い時間、発熱が限界を超えた場合(おおよそ80℃以上)、自動的にシャットダウンします。大容量が必要な環境ではDSmainをご使用ください。+1.5A(DSair2は2.0A)の電流出力条件で連続で30分以上稼働させると、チップの内部フィンはおおよそ45℃程度(室温20℃)まで上昇します。2.0A連続30分以上の稼働の場合には、60℃弱まで上昇します。動作には問題ありませんが、1.5~2.0Aの連続運転で使用する熱設計となっているため、長時間の2.0A超の稼働はお控えください。なお、長い時間、発熱が限界を超えた場合(おおよそ80℃以上)、自動的にシャットダウンします。大容量が必要な環境ではDSmainをご使用ください。
  
 ===== CVが読み出せない ===== ===== CVが読み出せない =====
dsair2_trouble_etc.1545221451.txt.gz · 最終更新: 2018/12/19 21:10 by yaasan