ユーザ用ツール

サイト用ツール


dsair_wifi_specification

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

両方とも前のリビジョン 前のリビジョン
次のリビジョン
前のリビジョン
dsair_wifi_specification [2018/12/25 10:59]
yaasan [ステータスデータの一覧]
dsair_wifi_specification [2019/04/09 22:05] (現在)
yaasan [ステータスデータの一覧]
ライン 116: ライン 116:
 ==== ステータスデータの一覧 ==== ==== ステータスデータの一覧 ====
  
-データはすべててテキストである。+データはすべててテキストである。S88データは、BASICからs88start命令が実行されると表示開始されます。実態は、gs8というコマンドをDSair2に送ると、S88機能が動作する流れになっています
  
 ^IndexByte ^サイズ ^パラメータ名 ^定義 ​ ^備考^ ^IndexByte ^サイズ ^パラメータ名 ^定義 ​ ^備考^
ライン 135: ライン 135:
 |17-18|2 |送信回数|| |17-18|2 |送信回数||
 |19| 1 |- | カンマ(,​)| 区切り文字| |19| 1 |- | カンマ(,​)| 区切り文字|
-|20-31| | ダー|| +|20| 1 | S88台数(1-2)| | 
-|32-46|16| CV応答データ||+|21| 1 | S88データ1バイト目Low| S88デコー1台目(16bitの場合) | 
 +|22| 1 | S88デタ1バイト目High|S88デコーダ1台目(16bitの場合) | 
 +|23| 1 | S88データ2バイト目Low|S88デコーダ1台目(16bitの場合) | 
 +|24| 1 | S88データ2バイト目High|S88デコーダ1台目(16bitの場合) | 
 +|25| 1 | S88データ3バイト目Low| S88デコーダ2台目(16bitの場合) | 
 +|26| 1 | S88データ3バイト目High|S88デコーダ2台目(16bitの場合) | 
 +|27| 1 | S88データ4バイト目Low|S88デコーダ2台目(16bitの場合) | 
 +|28| 1 | S88データ4バイト目High|S88デコーダ2台目(16bitの場合) | 
 +|29| 1 | S88データ予約| | 
 +|30| 1 | S88データ予約| | 
 +|31| 1 | 区切り| | 
 +|32-46|15| CV応答データ(@CV,​CVNo,​Value,​)||
 |47|1|区切り|| |47|1|区切り||
 |48-111|64| ポイント状態|| |48-111|64| ポイント状態||
dsair_wifi_specification.1545703145.txt.gz · 最終更新: 2018/12/25 10:59 by yaasan