ユーザ用ツール

サイト用ツール


event_script

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

両方とも前のリビジョン 前のリビジョン
event_script [2018/06/17 20:48]
yaasan [IF命令の解説]
event_script [2018/06/17 20:55] (現在)
yaasan [IF命令の解説]
ライン 149: ライン 149:
 |SSPD | 指定スロットの速度。速度の範囲は0-1023.スロットはA~Hまで指定できます。SSPD.G==500 | |SSPD | 指定スロットの速度。速度の範囲は0-1023.スロットはA~Hまで指定できます。SSPD.G==500 |
 |SDIR | 指定スロットの車両の進行方向,​ 1=FWD, 2=REV. スロットはA~Hまで指定できます。SDIR.G==1| |SDIR | 指定スロットの車両の進行方向,​ 1=FWD, 2=REV. スロットはA~Hまで指定できます。SDIR.G==1|
-|S88 | S88デコーダの0はじまりアドレス。数字のみ。センサ番号に対して、-1を指定してください。センサ1ならS88.0、センサ52ならS88.51 |+|S88 | S88デコーダのアドレス。数字のみ。センサ1ならS88.1、センサ52ならS88.52 |
 |ACC | ポイント・信号機の分岐方向,​ 0=分岐, 1=直進。アドレスはそのまま指定できます。ACC.1==1| |ACC | ポイント・信号機の分岐方向,​ 0=分岐, 1=直進。アドレスはそのまま指定できます。ACC.1==1|
 |ROUTE | ルートが開通状態(1)か、非開通状態(0)かを返します。ROUTE.2==1| |ROUTE | ルートが開通状態(1)か、非開通状態(0)かを返します。ROUTE.2==1|
event_script.txt · 最終更新: 2018/06/17 20:55 by yaasan