ユーザ用ツール

サイト用ツール


mint_can_controller2

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

両方とも前のリビジョン 前のリビジョン
次のリビジョン
前のリビジョン
mint_can_controller2 [2018/06/14 22:33]
twaydcc [スケッチ書き変え]
mint_can_controller2 [2018/09/23 20:03] (現在)
yaasan [Mint can controller for DCC & Marklin digital]
ライン 2: ライン 2:
 ====== Mint can controller for DCC & Marklin digital ====== ====== Mint can controller for DCC & Marklin digital ======
  
-ミント缶(ALTOIDS)にぴったり入るDCCコントローラキットをFC2 twaydccショップで頒布します。\\+ミント缶(ALTOIDS)にぴったり入るDCCコントローラキットを[[http://​twaydcc.cart.fc2.com/​|FC2 twaydccショップ]]で頒布します。\\
 Very small mint can size command station. Very small mint can size command station.
  
ライン 13: ライン 13:
   * ロコアドレス1-50を1-9999に登録可   * ロコアドレス1-50を1-9999に登録可
   * 速度ステップ128 固定.ファンクション Fn,​Fxをそれぞれ0-28に割り当て可   * 速度ステップ128 固定.ファンクション Fn,​Fxをそれぞれ0-28に割り当て可
-  * ポイント 1-99+  * ポイント ​DCC:1-2048、MM:​1-320
   * Arduino Proベースで改造自由(シリアル書き込み端子有り).オープンソース   * Arduino Proベースで改造自由(シリアル書き込み端子有り).オープンソース
   * CV番号 1-99にCV値 0-255を書き込み可   * CV番号 1-99にCV値 0-255を書き込み可
ライン 20: ライン 20:
 {{:​mintcan4.jpg?​direct&​300|}} {{:​mintcan4.jpg?​direct&​300|}}
  
-注:コントローラキットにALTOIDS缶とM3のスペーサは付属しません。+注:コントローラキットには上写真のALTOIDS缶とM3のスペーサは付属しません。
  
 ===== Instruction / 使い方 ===== ===== Instruction / 使い方 =====
-{{:説明書_ミント缶ⅳ_jp.png?​direct&​500|}}+{{:スライド1.png?​direct&​400|}}
  
-  * 項目変更\\ ​SELボタンで数値増減する項目(Loc,​ Fn, Fx, Acc)を選択します。 +  * 速度変更\\ ​速度ノブすと速度がわります。
-  * アドレス変更\\ SELボタンでLocを選択している時に▼/​▲ボタンでアドレスを変更できます。 +
-  * ファンクション操作\\ Fn,​Fxボタンを押すと、表示中のアドレスのファンクションを操作できます。\\ SELボタンでFnまたはFxを選択して各ボタンのファンクション番号を更出来ます。 +
-  * ポイント操作\\ SELボタンでAccを選択している時はDiv(Fn)/Str(Fx)ボタンでポイントを操作出来ます。+
   * 進行方向切り替え\\ 速度ノブを左いっぱいに回してスイッチをオフにすると、進行方向が切り替わります。   * 進行方向切り替え\\ 速度ノブを左いっぱいに回してスイッチをオフにすると、進行方向が切り替わります。
-  * 速度\\ 速度ノブすと度が変わります。+  * 項目選択\\ SELボタンで数値を増減する項目(Loco,​ Func, Acc, Rout)を選択します。 
 +  * 機関車アドレス選択\\ SELボタンでLocoを選択すると△/​▽ボタンでアドレスを選択できます。 
 +  * ファンクション操作\\ 電源オン直後はファンクション操作モードです。\\ SELボタンでFuncを選択すると△/​▽ボタンでファンクション番号を選択できます。 \\ ファンクション番号の選択範囲は0 - 28です。\\ F(n), F(x)ボタンを押すと、表示中の機関車アドレスのファンクションをオンオフします。 
 +  * アクセサリ操作\\ SELボタンを押しながら△ボタンを押すとアクセサリモードにわり、Fn,​ FxボタンがDiv(分岐),​ Str(直進)に変わります。\\ SELボタンでAcc選択△/​▽ボタンでアクセサリアドレスを選択できます。\\ アクセサリアドレスの選択範囲はDCCモードで1 - 2044、MMモードで1 - 320です。\\ もう一SELボタンを押しなら△ボタンを押すとファンクション操作モードに戻ります。 
 +  * ルート操作\\ SELボタンを押しながら▽ボタンを押すとルート操作モードに変わります。\\ SELボタンでRoutを選択すると△/​▽ボタンでルート番号を選択できます。\\ ルート番号の選択範囲は1 - 25です。 \\ Div(分岐)またはStr(直進)ボタンを押すと、ルート番号に登録された複数のアクセサリアドレスを順次送出します。 
 +  * ルート編集\\ ルート操作モードでSELボタンを押しながら▽ボタンを押すとルート編集モードに変わり、Div、StrボタンがENTとESCに変わります。\\ 選択しているルート番号に最大10個のアクセサリアドレスを登録する事が出来ます。\\ SELボタンで数値項目を選択して△/​▽ボタンでアドレス番号及びアドレス数値を設定してください。\\ ENTボタンを押すとアドレス番号にアクセサリアドレスを登録します。 \\ アドレスを0000にすると登録を削除し、その直前がルートの最終アドレスになります。 \\ 他のルート番号を選択するにはESCボタンを押してルート操作に戻してください。 \\ SELボタンを押しながら△ボタンを押すファンクション操作モードに戻ります。
  
 以下は、使い方例です。 以下は、使い方例です。
- 
   * 複数の機関車を操作する事もできますが、意図しない速度で走り出すのを防ぐためには、停車してから他の機関車のアドレスに切り替える事をお勧めします。   * 複数の機関車を操作する事もできますが、意図しない速度で走り出すのを防ぐためには、停車してから他の機関車のアドレスに切り替える事をお勧めします。
   * 電流容量は連続1.5A程度までなので、数編成は余裕で走らせられます。(ACアダプタは十分な電流容量のものをお使いください)   * 電流容量は連続1.5A程度までなので、数編成は余裕で走らせられます。(ACアダプタは十分な電流容量のものをお使いください)
-  * 基板の長さが1mm短いので、秋月電子通商の117-中プラスチックケースに入ります。 +  * 旧ミント缶より基板の長さが1mm短い<del>ので、秋月電子通商の117-中プラスチックケースに入ります</​del>​。 
- +  * OPS CV書き込み\\ SELボタン長押しでオプションモードに移行して走行トラックのままCV書き込みが出来ますので、運転しながら加速度、減速度、BEMFの効果等を確認する事が出来ます。 
-===== 回路図 ===== +  ​* コンシストアドレス\\ SELボタン長押しのオプションモードでConsistを選択して統括アドレス書き込みが出来ます。基本アドレス・拡張アドレスの走行は出来なくなりますので、統括運転を終了したら統括アドレスを忘れず0に戻す事を強くお勧めします。
-{{:​mintcan_iv_schematic.png?​direct&​500|}} +
- +
-===== Parts list / 部品表 ===== +
- +
-^Parts No ^Parts ^ url ^ Comment ^ +
-|R2 | 6.8kOhm 1/4W, Resistor ​ | | +
-|IC1| TB6568KQ |[[http://​akizukidenshi.com/​catalog/​g/​gI-07688/​|url]] | compatible | +
-|- | DIP 28pins socket | [[http://​akizukidenshi.com/​catalog/​g/​gP-00013/​|url]] | +
-|C5| 0.1uF,MLCC | [[http://​akizukidenshi.com/​catalog/​g/​gP-11701/​|url]] | 5mm pitch | +
-|C2,​C3,​C4,​C6| 1uF,MLCC | [[http://​akizukidenshi.com/​catalog/​g/​gP-04066/​|url]] | 2.54mm pitch | +
-|CN2| KF2EDG-3.81 (L-2P) | | +
-|S1 | 1x7 pin frame | [[http://​akizukidenshi.com/​catalog/​g/​gC-05779/​|url]] | +
-|TMX(J1) | 1x2 pin header | [[http://​akizukidenshi.com/​catalog/​g/​gC-00167/​|url]] | +
-|J2 | 1x6 pin header | [[http://​akizukidenshi.com/​catalog/​g/​gC-00167/​|url]] | +
-|XT1| ceramic resonator, 16MHz| [[http://​akizukidenshi.com/​catalog/​g/​gP-04549/​|url]] | +
-|IC2| 78M05F, 5V 0.5A | [[http://​akizukidenshi.com/​catalog/​g/​gI-00451/​|url]] | +
-|CN1| DC jack | [[http://​akizukidenshi.com/​catalog/​g/​gC-09408/​|url]] | +
-|R1 | R0921GS 10KOhm-B | [[http://​www.aitendo.com/​product/​10121/​|url]] | +
-|SW1| SS12D10 2A slide | [[http://​www.aitendo.com/​product/​10422/​|url]] | +
-|C1 | 220uF35V, 105doC | [[http://​akizukidenshi.com/​catalog/​g/​gP-04748/​|url]] | +
-|SW2| Tackt switch (R) | [[http://​akizukidenshi.com/​catalog/​g/​gP-09825/​|url]] | +
-|SW3,4,5,6| Tackt switch (B) | [[http://​akizukidenshi.com/​catalog/​g/​gP-09824/​|url]] | +
-|IC3| ATMEGA328P-PU | [[http://​akizukidenshi.com/​catalog/​g/​gI-03142/​|url]] | +
-|D1 | OLED0.96SPI| | +
-|-  | M2x10mm nylon spacer| [[http://​akizukidenshi.com/​catalog/​g/​gP-13017/​|url]] | +
-|-  | M2 nylon nat | [[http://​akizukidenshi.com/​catalog/​g/​gP-13019/​|url]] | +
-|-  | M2 screw | [[http://​akizukidenshi.com/​catalog/​g/​gP-13020/​|url]] | +
-|-  | ABS knob | [[http://​akizukidenshi.com/​catalog/​g/​gP-00253/​|url]] | +
-|-  | PCB | |+
  
 ===== The other items / 必要なもの ===== ===== The other items / 必要なもの =====
   * 12V~19VACアダプタ(絶対最大定格は25V)、DCCは12V、MMは15Vを推奨します。   * 12V~19VACアダプタ(絶対最大定格は25V)、DCCは12V、MMは15Vを推奨します。
   * 線路までの配線、線路、車両   * 線路までの配線、線路、車両
 +
 +===== 回路図 =====
 +{{:​mintcan_iv_schematic.png?​direct&​500|}}
  
 ===== Assembly / 組立 ===== ===== Assembly / 組立 =====
-全てスルーホール実装なので一般的なハンダ付け技能があれば組み立ては難しくありません。 +全てスルーホール実装なので一般的なハンダ付け技能があれば組み立ては難しくないす。 
-上記部品表の順に実装するハンダづけし易す。+ 
 +{{:​スライド2.png?​direct&​400|}}
 ===== スケッチ ===== ===== スケッチ =====
-^Version ^Date ^URL ^Notes^ +^ Version ​ ^ Date         ​^ URL                                                                ^ Notes        
-| 0.| June 2018| [[https://​desktopstation.net/​wiki/​doku.php/​sketches|url]] | pre release |+| 0.01     | June 2018    | [[https://​desktopstation.net/​wiki/​doku.php/​sketches|url]] ​         | pre release ​ | 
 +| 0.1      | July21 2018  | [[https://​desktopstation.net/​wiki/​doku.php/​sketches|url]] ​         | Add route    | 
 +| 0.2      | aug11 2018   | [[https://​desktopstation.net/​wiki/​doku.php/​sketches|url]] ​         | Add option ​  | 
 +| 0.2b     | aug25 2018   | [[https://​desktopstation.net/​wiki/​doku.php/​sketches#​twaydcc|url]] ​ | bug fix      ​|
  
 ===== スケッチ※(Software / ソフト)書き変え ===== ===== スケッチ※(Software / ソフト)書き変え =====
 ※Arduinoの組み込みソフトはピアなCプログラムより遥かにシンプルなので、スケッチと呼んでいます。 ※Arduinoの組み込みソフトはピアなCプログラムより遥かにシンプルなので、スケッチと呼んでいます。
  
-Arduino Proとしてスケッチの書き変えが可能です。J2プラグに市販の※USBシリアル変換ボードをで、Arduino IDEメニュ[スケッチ] - [マイコンボードに書き込む]で書き込んでください。+ミント缶DCCコントローラをArduino Proとみなして、次の手順でスケッチの書き変えが可能です。\\ 
 +1. J2に市販の※USBシリアル変換ボードを接続してくださ。\\ 
 +2. Arduino IDEの [ツル]で下記を選択\\ 
 +・[ツル] - [ボード:​] - "​Arduino/​Genuino Uno"​\\ 
 +・[ツール] - [書き込み装置:​] - "​USBasp"​\\ 
 +3. [スケッチ] - [マイコンボードに書き込む]でスケッチ書き込みを実行\\
 \\ \\
 ※microUSBシリアル変換ボード(CH340G) [[https://​desktopstation.net/​shop/​html/​products/​list |url]] ※microUSBシリアル変換ボード(CH340G) [[https://​desktopstation.net/​shop/​html/​products/​list |url]]
  
  
-Arduino IDEのインストールや操作方法はネット上にも情報が溢れています。分かり易いと感じたサイトを参考にしてください。+Arduino IDEのインストールや操作方法はネット上にも情報が溢れています。ご自身が分かり易いと感じたサイトを参考にしてください。
  
-スケッチ書き変えは改良のためにリリースしたスケッチのアップデートや、ご自身の改造スケッチの書き込みにご利用ください。但しご自身で改造したスケッチはサポート対象外となる事をご承知ください。+スケッチ書き変えは改良のためにリリースしたスケッチのアップデートや、ご自身の改造スケッチの書き込みにご利用ください。但し改造したスケッチはサポート対象外となる事をご承知ください。
  
 ===== サポート ===== ===== サポート =====
 ミント缶についての質問、トラブルなどのサポートは[[https://​desktopstation.net/​bb/​showthread.php?​tid=35|デジタル鉄道模型フォーラム]]をご利用ください。 ミント缶についての質問、トラブルなどのサポートは[[https://​desktopstation.net/​bb/​showthread.php?​tid=35|デジタル鉄道模型フォーラム]]をご利用ください。
  
mint_can_controller2.1528983223.txt.gz · 最終更新: 2018/06/14 22:33 by twaydcc