ユーザ用ツール

サイト用ツール


start

差分

このページの2つのバージョン間の差分を表示します。

この比較画面にリンクする

両方とも前のリビジョン 前のリビジョン
次のリビジョン
前のリビジョン
start [2019/01/16 08:29]
yaasan [日本で入手しやすいコマンドステーション]
start [2019/07/16 22:16] (現在)
yaasan [サウンドを楽しむ]
行 32: 行 32:
 {{::dccbegin2.png|}} {{::dccbegin2.png|}}
  
-日本以外の世界は、もうデジタルに移行しています。日本だけがアナログ全盛で、既に世界のデジタルの流れからは完全に取り残されています。日本のユーザー、模型メーカー、小売店の多くは、100年前から何も技術的進歩がありません+配線は簡単。コマンドステーションから出ているフィーダ線に、並列に配線をしていくだけです。デコーダはアドレスで区別します。アドレスには、車両アドレス(Loco)とポイントアドレス(Accessory)の2種類が有り、全く別のものとして扱われます。単に”アドレス”とだけ言うと、通常は車両アドレスのことを示します。 
 + 
 +{{::dccwiring_howto.png?400|}} 
 + 
 + 
 +日本以外の世界は、もうデジタルに移行しています。日本だけがアナログ全盛で、既に世界のデジタルの流れからは完全に取り残されています。もっと楽しい鉄道模型に移行してみませんか??
  
  
行 41: 行 46:
   * 世界の最先端を楽しみたい、新しい物好き!   * 世界の最先端を楽しみたい、新しい物好き!
   * アナログの配線に困っている方、配線をシンプルにスマートにしたい方   * アナログの配線に困っている方、配線をシンプルにスマートにしたい方
 +  * リアリティあるサウンドを体験してみたい方 ([[https://desktopstation.net/sounds/|オープンサウンドデータ]]もお勧め!)
   * 複雑、複数車両の制御、自動運転にチャレンジしたい方   * 複雑、複数車両の制御、自動運転にチャレンジしたい方
   * タイマー式の信号機に不満な方、鉄道模型でも信号制御を厳密にしたい方   * タイマー式の信号機に不満な方、鉄道模型でも信号制御を厳密にしたい方
行 125: 行 131:
 |TwayDCC |[[https://desktopstation.net/wiki/doku.php/mint_can_controller|ミント缶]] |世界最安DCCコントローラ| |TwayDCC |[[https://desktopstation.net/wiki/doku.php/mint_can_controller|ミント缶]] |世界最安DCCコントローラ|
 |Desktop Station |[[DSmain R5.1]] |大容量機種。USB標準搭載でPCからの制御向け。S88-N標準搭載。| |Desktop Station |[[DSmain R5.1]] |大容量機種。USB標準搭載でPCからの制御向け。S88-N標準搭載。|
-|Desktop Station |[[DSair2]]| スマホでみんなで遊べるコマンドステーション。世界最小。|+|Desktop Station |[[DSair2]]| スマホでみんなで遊べるコマンドステーション。世界最小。S88在線検出器も接続可能。自動運転もできる!|
  
 {{https://buin2gou.sakura.ne.jp/sblo_files/powerele/image/CommandStationComparison20160422-thumbnail2.jpg}} {{https://buin2gou.sakura.ne.jp/sblo_files/powerele/image/CommandStationComparison20160422-thumbnail2.jpg}}
行 132: 行 138:
 ===== 主なDCCデコーダ ===== ===== 主なDCCデコーダ =====
  
-日本で入手性の良いDCCデコーダを以下に挙げさせていただきます。 +日本で入手性の良いDCCデコーダを以下に挙げさせていただきます。今では、ドイツからの輸入もそれほど難しくありません。基本的に、最初のDCCデコーダはESUをお勧めします。安定性、相性などでトラブルが少ないです。 
-201年現在、DCCデコーダの電子工作では日本が最先端になりつつあります。電子工作ができる人は世界でも一番安く、自分でプログラミングできるデコーダを入手できます。+ 
 +201年現在、DCCデコーダの電子工作分野では日本が最先端になりつつあります。電子工作ができる人は世界でも一番安く、自分でプログラミングできるデコーダを入手できます。
  
 ^メーカー ^製品 ^特徴 ^ ^メーカー ^製品 ^特徴 ^
行 148: 行 155:
 |Rokuhan| [[http://www.rokuhan.com/news/2017/09/rokuha.html|A053]] | Z,N,HO向け小型DCCデコーダ。量販店で入手可能。| |Rokuhan| [[http://www.rokuhan.com/news/2017/09/rokuha.html|A053]] | Z,N,HO向け小型DCCデコーダ。量販店で入手可能。|
 |Rokuhan| [[http://www.rokuhan.com/news/2017/09/rokuha.html|A059]] | 室内照明&モータ制御機能付き小型DCCデコーダ | |Rokuhan| [[http://www.rokuhan.com/news/2017/09/rokuha.html|A059]] | 室内照明&モータ制御機能付き小型DCCデコーダ |
 +|ESU | LokSound 5 | 最高級サウンドデコーダ。[[https://desktopstation.net/sounds/|オープンサウンドデータ]]と相性抜群。 
 +|ESU | LokPilot | サウンド無しのデコーダ。安定性が良く高機能。| 
 +|laisdcc|[[https://desktopstation.net/shop/html/products/detail/61|860015 Next18]] |香港の安価なDCCデコーダ。 NやプラHOに。| 
 +|laisdcc|[[https://desktopstation.net/shop/html/products/detail/68|870019 MTC21]] |香港の安価なDCCデコーダ。金属、ダイキャストのHO向け | 
 +|laisdcc|[[https://desktopstation.net/shop/html/products/detail/62|860021 NEM652]] |香港の安価なDCCデコーダ。HO向けの旧来の8ピンコネクタ向け。 |
  
 {{http://buin2gou.sakura.ne.jp/sblo_files/powerele/image/Decoders20181008-thumbnail2.jpg}} {{http://buin2gou.sakura.ne.jp/sblo_files/powerele/image/Decoders20181008-thumbnail2.jpg}}
行 158: 行 169:
 DCCを始めるうえで、一番のハードルは車両にDCCデコーダを組み込むことです。ヘッドライト、テールライトの制御も入れると、車両の配線が非常に複雑になってきます。 DCCを始めるうえで、一番のハードルは車両にDCCデコーダを組み込むことです。ヘッドライト、テールライトの制御も入れると、車両の配線が非常に複雑になってきます。
  
-日本では、(1)自分で改造する、(2)Nゲージなら[[http://powerele.sblo.jp/article/80767375.html|KATOのDCCフレンドリー車を使う]]、(3) HO採用されているNEM652コネクタ搭載車両を使う の3通りから選ぶことになります。+日本では、(1)自分で改造する(ゲージ問わず)、(2)Nゲージなら[[http://powerele.sblo.jp/article/80767375.html|KATOのDCCフレンドリー車を使う]]、(3) HOなら採用されているNEM652コネクタ搭載車両を使う の3通りから選ぶことになります。
  
 自分で組み込んだ例(Zゲージ)\\ {{https://buin2gou.sakura.ne.jp/sblo_files/powerele/image/DSCN8441TS-thumbnail2.jpg}} 自分で組み込んだ例(Zゲージ)\\ {{https://buin2gou.sakura.ne.jp/sblo_files/powerele/image/DSCN8441TS-thumbnail2.jpg}}
行 166: 行 177:
 {{::nem652_example.png|}} {{::nem652_example.png|}}
  
-コネクタを標準で車両に装着しているかどうかは、販売するメーカーに依存します。日本のメーカーは、カトー以外は全く対応していないケースがほとんどです。またそのカトーでも一部の車両しか対応できていません。メーカーにDCCコネクタ装着の働きかけを多くの人間が要求していくしかないのが実情です。+{{http://buin2gou.sakura.ne.jp/sblo_files/powerele/image/kiha110_next18_4-thumbnail2.jpg}} 
 + 
 +コネクタを標準で車両に装着しているかどうかは、販売するメーカーに依存します。日本のメーカーは、カトー以外は全く対応していないケースがほとんどです。またそのカトーでも、モータ配線だけであったり、一部の車両しか対応できていません(KATOの場合は弊社[[expboard]]または[[ExpBoardNext18]]をご検討ください。)。メーカーにDCCコネクタ装着の働きかけを多くの人間が要求していくしかないのが実情です。
  
 |DCCフレンドリー| KATOが独自に開発したNゲージ用コネクタ | [[http://www.katomodels.com/hobby/dcc/kato_friendly.shtml|詳細]] | |DCCフレンドリー| KATOが独自に開発したNゲージ用コネクタ | [[http://www.katomodels.com/hobby/dcc/kato_friendly.shtml|詳細]] |
 |NEM652/NMRA 8pin | 欧米で事実上の標準コネクタ。 | [[http://www.dccwiki.com/8_Pin_DCC_Plug|詳細(英語)]]  | |NEM652/NMRA 8pin | 欧米で事実上の標準コネクタ。 | [[http://www.dccwiki.com/8_Pin_DCC_Plug|詳細(英語)]]  |
 +|Next18 |Nゲージ向けに開発された超小型コネクタ。プラHOにも好適。 |[[ExpBoardNext18]] |
 |MTC 21pin | 高機能な車両向けのコネクタ。 | [[http://www.dccwiki.com/21_Pin_MTC_Connector|詳細(英語)]] | |MTC 21pin | 高機能な車両向けのコネクタ。 | [[http://www.dccwiki.com/21_Pin_MTC_Connector|詳細(英語)]] |
  
行 197: 行 211:
  
  
-===== スマホで鉄道模型を楽しむ =====+===== サウンドを楽しむ =====
  
-アナグの鉄道模型向けに各社がパワーパックを発売しています。ナログ向けですので、もちろん、1つの線路上に複数の車両は置けません。スロットルが単にスマホの画面変わっただけで、何も変わりません。車両からは音もでません。ギミックもありません+ヨーッパ、アメリカの車両は現地で、サウンドの出る車両が販売されており、入手輸入すれば用意
  
-しかし、DCC・デジタル鉄道模型は違います!マホを使うこと、楽さがさらに上がります。DesktopStationが発売ている[[DSair_JP|DSair]]は、超小型なDCCコマンドステションです。+一方で日本サウンド車両、一部のお店がサービスで提供ている程度で、高品質なもの多くはありませんでた。 
 +[[https://desktopstation.net/|DesktopStation]]は、[[https://desktopstation.net/sounds/|オープンサウンドデータ]]という日本車両で超高品質なDCCサウンドタを無償提供るプロジェクトを2019年1月にスタートさせました。Youtubeで、その品質をご確認下さい
  
-{{youtube>dyNtoWZZn18?medium}}+なお、このデータを使用するためには、ESU社のLokSound V4、LokSound 5シリーズのサウンドデコーダが必要です。詳細は[[https://desktopstation.net/sounds/|オープンサウンドデータ]]のページを参照下さい。
  
-複数のマホやタブレット、PCから接続を許容してお、同一線路上で、スマホそれぞれから、別々車両コントロールできま!サウンド機関車、ギミック入車両なら、それをフルに活用できます。お子さんと一緒に、運転会でご友人と一緒に、一つの線路で和気あいあいと、遊んでみませんか?+車両に搭載するには加工が必要なケーもあます。DesktopStation[[ExpBoard]]というKATO HO向け搭載支援る基板を販売しております。
  
-{{youtube>kKsHdFeP3xY?medium}}+C11: 
 +{{youtube>5ZIfUWlnWzc?medium}}
  
 +クモハ12: 
 +{{youtube>hUlazQ7hadI?medium}}
  
-===== 自動運転を楽しむには =====+キハ40: 
 +{{youtube>NHXRczRvrgQ?medium}}
  
-==== 自動運転の実現方法 ====+国鉄近郊型113系: 
 +{{youtube>95xovO4Yl4s?medium}}
  
-S88-Nに対応しているコマンドテーションは、Desktop Stationの[[DSmain R5.1]]や[[DSshield]]、そのほかメルクリンのCS2やCS3となっています。+===== マホで鉄道模型を楽しむ =====
  
-DesktopStationでは、大きく2種類自動運転の実現方法提案しています。なお両方とパソコン必須すが+アナログ鉄道模型向けに、各社がパワーパック発売しています。アナログ向けですので、もちろん、1つの線路上に複数の車両は置けません。スロットル単にスマホの画面に変わっただけで、何も変わりません。車両からは音もでません。ギミックもありません。
  
-(1) パソコンを使った自動運転+しかし、DCC・デジタル鉄道模型は違います!スマホを使うことで、楽しさがさらに上がります。DesktopStationが発売している[[DSair_JP|DSair]]は、超小型なDCCコマンドステーションです。
  
-Windows用の無償ソフトである、[[Desktop Station Software]]を使って、USB経由で[[DSmain R5.1]]、[[DS one]]、[[DSshield]]等をコントロールする方式です。常にパソコンが必要ですが、メモリや自動運転プログラミングの容量の制約が事実上ありません。また複雑な動きが可能となります。+{{youtube>dyNtoWZZn18?medium}}
  
 +複数のスマホやタブレット、PCから接続を許容しており、同一線路上で、スマホそれぞれから、別々の車両をコントロールできます!サウンド機関車、ギミック入り車両なら、それをフルに活用できます。お子さんと一緒に、運転会でご友人と一緒に、一つの線路で和気あいあいと、遊んでみませんか?
  
-^商品 ^価格帯 ^備考^ +{{youtube>kKsHdFeP3xY?medium}}
-|[[DSmain R5.1]] | 26800円 | Desktop Stationでのフラグシップ機、PC接続用。 | +
-|S88デコーダ | ものによりけり| Nucky、Fujigaya2等から販売されています。| +
-|ACアダプタ 12V/2A | 1000円 | 秋月電子などで購入可能。センタープラス、内径Φ2.1mmのもの| +
-|USBケーブル | 108円 | 100円ショップで購入可能。PCとの接続に必要。| +
-|フィーダー線 | 500円くらい | 使用するレールによって異なります。| +
-|DCC車両 | ものによりけり| DCCデコーダを搭載していれば何でも可|+
  
-(2) パソコン不要の自動運転 
  
-パソコンを使って、ArduinoのC言語プログラミングを行って、その内容をArduino UNOに書き込むことで、実際に使うときにはパソコンなしで動かせるシステムです。一番安くDCCの自動運転を始めることができます。必要なもの以下の通りです。うまく自分で用意すると、**3000円**程度で始められます。+===== 自動運転を楽しむには =====
  
-比較的シンプルなコントロールや、自動運転だけでなくボタン操作で自分オリジナルのコマンドステーションに仕上げることも出来ます+[[DCCautomatic]]を参照下さい
  
-^商品 ^価格帯 ^備考^ +===== 関連サイト、資料など =====
-|[[DSshield]] | 1800円 | Desktop Stationで一番安い自動運転用機器 | +
-|Arduino UNO(互換品も可能) | 500円(互換品) / 4000円(純正品)| 互換品は自己責任でご使用ください。| +
-|ACアダプタ 12V/2A | 1000円 | 秋月電子などで購入可能。センタープラス、内径Φ2.1mmのもの| +
-|USBケーブル | 108円 | 100円ショップで購入可能。Arduino UNOに自動運転ソフトを書き込むのに必要| +
-|フィーダー線 | 500円くらい | 使用するレールによって異なります。| +
-|DCC車両 | ものによりけり| DCCデコーダを搭載していれば何でも可|+
  
  
-==== 自動運転の基本となる在線検出 ====+資料
  
-DCCとえば、複数車両1つのレールに乗せて制御する自動運転が醍醐味です。しかしながら、気軽に自動運転を行うことは意外と難しいです。そこで自動運転に必要な機器は、在線検出システムです。車両がどこにいるのか、レーの各所に検出器を置いて、そこで検出したら駅に止めるとか、ポイントを切り替える、信号を変化させるなどの動きをプログラミングして自動運転を実現きます。+  * 電子工作で面白!鉄道模型DCC入門 [[https://desktopstation.net/tmi/bin/20160715.DCC_r2b.pdf|PDFダウンロド]] 
 +  * デジタ鉄道模型で始める自動運転入門 ~ビジュアルプログラミングで簡単入門~ rev.0[[https://desktopstation.net/bin/DCCManual_r1.pdf|DOWNLOAD]] (PDF, 2.2MB)
  
-{{https://buin2gou.sakura.ne.jp/sblo_files/powerele/image/AutoControl_S88_entering-thumbnail2.png}} 
  
-自動運転に必要な在線検出システムには以下の種類があり、様々な特徴があります。+関連サイト
  
-  * Loconet(デジトラックス社、カトーが採用)\\ 多機能な在線検出機能を提供。日本では在線検出機器や信号機などが入手困難。 +  * [[https://desktopstation.net/shop/html/|DesktopStationShop]] Wi-Fiコマンドステーションはこちらら! 
-  * S88-N\\ メルクリン社が提唱したシンプルな在線検出方式でヨーロッパの多くのメーカーが採用。Desktop Stationが日本で採用しており、在線検出機器も複数の種類が販売されている。 +  * [[https://desktopstation.net/sounds/|プンサウンドデ]] 超高品質な日本型DCCサウンドデータの提供。ESU LokSound向け。なん日本一番の品質なの料で
- +
-Desktop Stationは、Ethernetケーブルで簡単に引き回しが可能なヨーロッパ式のS88-Nシステムの普及促進を行っております。日本では以下のメーカーがS88対応の機器を発売しており、以前の輸入品のみであった状況から入手性が非常に良くなっています。 +
- +
-  * Fujigaya2 [[http://seesaawiki.jp/fujigaya2/d/S88%20Detector|S88 Detector]] 赤外線反射検出式 +
-  * Nucky [[http://web.nucky.jp/dcc/s88n_train_detector/s88n_train_detector.html|s88-N Train Detector]] 電流検知式 +
-  * Desktop Station [[https://desktopstation.net/wiki/doku.php/s88_button_decoder|S88ボタンデコーダ]] ボタン式(手動) +
- +
-このほか、本場のヨーロッパからだと、[[http://tams-online.de/|Tams elektronik]]や[[https://www.ldt-infocenter.com/dokuwiki/doku.php?id=en:ldt-infocenter|LDT]]から輸入して日本でも購入ができます。自分の環境とS88デコーダの機能を確認して、ご購入ください。 +
- +
-{{https://buin2gou.sakura.ne.jp/sblo_files/powerele/image/OE02-thumbnail2.jpg}} +
- +
-{{https://buin2gou.sakura.ne.jp/sblo_files/powerele/image/S88BtnDecoder1-thumbnail2.jpg}} +
- +
-==== 自動運転のプログラミング ==== +
- +
-自動運転を実際に行うためには運転パターンをプログラミングする必要があります。CS2やECoSではコマンドステーション機器単体で自動運転が実装できますが、自動運転が可能な機能や範囲限定的です。PCと接続してPC上で動かす自動運転ソフトでは、超高機能なJMRIやRail&Corpなどがあります。 +
- +
-Desktop Stationでは、の間を埋めるためのソフトウェア[[Desktop Station Software]]を開発し、DCC/MM2シールドやDSmainR5など用に無償で提供しています。独自のんたんなスクリプトを用いて、ルートやレイアウト画面と連動して自動運転をお楽しみいただけます。 +
- +
-{{https://buin2gou.sakura.ne.jp/sblo_files/powerele/image/AutoControl_shuttle1_b-thumbnail2.png}} +
- +
- +
-===== 応用例 ===== +
- +
-以下の方がDesktop Stationの機器を使用した応用例を披露されています。 +
- +
-  * [[http://www.namelesscity.tokyo/2018/03/h0.html|小スペスH0ゲジのススメ]] (Nameless City) +
-  * [[http://www.namelesscity.tokyo/2017/11/dcc-3.html|DCCで遊ぶ-3 / 在線検出自動交互運転]] (Nameless City) +
-  * [[http://www.namelesscity.tokyo/2017/10/dcc-1-dcc.html|DCC遊ぶ-1 / アナログ的DCCを使う]] (Nameless City) +
-===== 資など ===== +
- +
-  * 電子工作面白い鉄道模型のDCC入門 [[https://desktopstation.net/tmi/bin/20160715.DCC_r2b.pdf|PDFをダウンロード]]+
start.1547594997.txt.gz · 最終更新: 2019/01/16 08:29 by yaasan