ユーザ用ツール

サイト用ツール


traino_sl

TRAINO ExpBoard for SL/EL/DL

<編集中>

TRAINOが開発した、日本型Nゲージ向けのDCCコネクタ引き出し基板です。世界標準のNext18規格に対応することで、Nゲージ車両をDCC化したり、サウンド機能を搭載したり、より簡単に行えます。(←ここまではEC-Slimと同じです)

欧州型の機関車ではDCCサウンド対応が増えていますが、日本型ではEL/DLの一部の機種で基板置き換えタイプのデコーダが発売されていますが、サウンド対応ではありません。TRAINOのExpbooadでは、これまで不可能だったDCCサウンド対応を可能にする改造パーツになります。

残念なながら、まだまだ搭載できる機種は限られていますが、少しずつ機種拡大を行ってきました。

※ EC-Slim以外のExpBoardについては、こちらを参照願います。

コンセプト

  • 海外N製品のDCCサウンドの進化に驚き、日本型でもDCCサウンドを楽しみたいと考えました。最近Next18規格を採用したESU社のDCCサウンドデコーダであるLokSound5 microの登場で小型化が可能になり、オープンサウンドデータでMT54の音源が利用できるため、Nゲージの電車(EC)に特化して各種機能を統合した本製品を開発しました。
  • Next18コネクタにはサウンドデコーダLokSound5 microのみならず、SmileDecoderN18(Nagoden)、laisdcc製品などを利用できる汎用設計です。屋根裏に設置するタイプで室内照明ユニットを兼ねる設計です。M車に限らずT車用にも使えますので、一編成で均一な室内照明が楽しめます。
  • あやのさん考案の両極性変換回路を搭載していますので、製品のライトユニット(アナログ用)を配線を繋ぎかえるだけで再利用できます。※接続できるのはLEDに限ります。電球には利用しないでください。
  • Next18コネクタはデコーダを180度回転させても基本的に利用できる構造です。車体長に合わせて、外向き取り付け・内向き取り付けにすることで一製品で20m級車両、18m級車両双方でバランスのよい室内灯照明状態を作ります。
  • DesktopStationの兄弟製品 ExpBoard Next18 for General HOと端子名などで共通性を持たせています。
  • 【V2基板より】nagodenさんサウンド製品サポートとして、大容量コンデンサー取り付けに対応しました。
  • 【V2a基板より】KSモデルの集電版を固定しやすいように、パッドを1つから2つに増やしました。また、小型のLED(2012サイズ)を取り付けできるようにLEDパッドを大きくしました。

構造

SLの場合は、テンダーのウエイトの隙間を使い、なるべく最小限の改造でサウンド化できるようにしたloksound用の補助基板です。EL,DLの場合は製品のプリント基板を置き換えてデコーダを配線し、残りの隙間にスピーカーを搭載します。

仕様

外形 100mm×9mm×0.6mm
(プリント基板本体のみ、突起部、電子部品を除く)
幅はTOMIX 室内照明ユニットLCタイプ(狭幅タイプ)に合わせてあります。
入力 19Vmax (DCCデコーダの電源電圧を超えない範囲でお使いください)
モーター出力 最大500mA(利用されるデコーダの最大電流以下でお使いください)
ヘッドライト DCC館設計 両極性出力回路内蔵 出力抵抗300Ω
室内灯デコーダのAUX出力もしくは常時点灯(V2基板以降)から選択できます。
なお明るく点灯させる場合ははんだでショート、暗めに調整するときは1kΩ位の抵抗を半田付けしてください。

取扱説明書(V2基板)取扱説明書(V2a基板)も参照ください。

■ ExpBoard for Steam locomotie

KATO SLにLoksound5をより、簡単に搭載するためのプリント基板です。 スピーカーとデコーダのレイアウトによって6タイプあります。

タイプA(C57/D51用)

  • KATO 新型SL用です。
  • デコーダの下側にExpBoardを装着し配線を行います
  • タイプBよりエンクロージャの高さをとることができます(音質重視)

タイプB(C59/C62用)

  • タイプA同様、KATO 新型SL用です。
  • デコーダおよびスピーカーの上側にExpBoardを装着し、配線します
  • エンクロージャの上に基板が来ますが、全長はタイプAより短いの加工が少なめです。

タイプC(C58用)

  • KATO C58の構造を考えた基板構造に変更。
  • テンダーに余裕があるので、配線のしやすさを改善。
  • ダイキャストウエイトは取り外していただき、基板周囲に鉛版などのウエイトで補重すると集電が安定します。

タイプD(9600用)

  • KATO 9600の構造を考えた基板構造に変更。
  • テンダーの構造に合わせて、基板下面から配線を取り出す構造にしています。
  • ダイキャストウエイトは取り外していただき、基板周囲に鉛版などのウエイトで補重すると集電が安定します。

タイプE(C56用)

  • KATO C56 の構造を考えた基板構造に変更。
  • テンダーの構造に合わせて、基板下面軸の部分から配線を取り出す構造にしています。
  • ダイキャストウエイトは取り外していただき、基板周囲に鉛版などのウエイトで補重すると集電が安定します。

タイプS(Minitrix S3/6用)

  • Minitrix S3/6専用です。

詳細は説明書を参照ください。

サウンドexpboard 記事
8620SL-C57/D51 製作記事はこちらを参考にしてください。
9600SL-9600 製作記事はこちらです。
C57SL-C57/D51 製作記事はこちらこちらです。
C58SL-58 製作記事はこちらです。
C59SL-C59/C62 製作記事はこちらです。
C61未定 TOMIX製品のため、搭載方法を検討中です。
D51SL-C57/D51 製作記事はこちらです。
S3/6SL-S3/6 製作記事はこちらです。こちらは、ESUの音源であり、オープンサウンドデータではありません。

ご注意:

  • デコーダを搭載するには、SLの分解およびテンダーウエイトの切削加工が必要です。C57の加工例C59の加工例にて加工方法を確認いただければと思います。
  • 機関車のバリエーションによって、テンダーの形状が異なります。現在確認済みなのは、2024 C571次形、2026-1 C59戦後形です。それ以外の車種については加工方法が追加になる場合があることをご了承願います。
  • 本製品はLoksound5 microでの利用を前提に設計していますが、Loksound5自体は、別途調達をお願いします。
  • 配線処理(はんだ付け)の難易度も高めですので、配線同士が短絡しないよう十分注意して加工してください。

端子の説明

表示 内容NEXT18ピンアサイン(外向き取付時)
Trk1/Trk2 線路からの配線です。1+18,9+10
MT1/MT2 モーターへの配線です。2,11
SPK1/SPK2 スピーカー向け配線 7,16
基板両端▶︎部 両極性回路搭載、ダイオードの方向がヘッドライト点灯8.17
DC+ デコーダ内部コモン(+)。HEAD,TAIL,AUX用の電源端子。6,15
GND デコーダ内部グランド端子です。5,14
BKUP 【V2基板より】トマランコンデンサ(バックアップ用)の端子です。5,14
JP 室内灯接続先の選定
JP1:デコーダ外向き取付の場合に接続
JP2:デコーダ内向き取付の場合に接続
JP3:【V2基板より】常時点灯、デコーダレス組付け時
-

対応車両

主な製品への対応事例を紹介します。リンク先は、TRAINO情報室やユーザー様の事例ですので、ぜひご覧になってから検討いただければと思います。

製品難易度説明
KATO DCCフレンドリ製品1イージーセットを使えば、簡単な分解で、モーターと室内灯制御が可能です。サウンド対応は、スピーカの取り付け場所を確保して、指定のパッドに配線をつなげてください。KATO113系の取り付け例KATOキハ82系の取り付け例KATO485系の取り付け例も参考にしてください。
KATO FFなし旧動力ユニット2こちらも簡単な分解でモーター、室内灯のDCC化ができますが、半田付けが必要となります。KATO103系の取り付け例(リニューアル前)KATOキハ58の取り付け例(リニューアル前)を参考にしてください。ゲヌマ・フジガヤ2さんの記事も参考にしてください。なお、多くの車両の先頭車は、PetitDecoder-KOでDCC化することも可能です。
KATO ライト基板床置きタイプ(キハ30等)4 キハ30(M車)クモハ52(M車)クモハ54(T車)に取り付くことを確認済です。ただし、メカイスと床板の間で、手際のよい半田付けと配線処理が必要です。
KATO T車(先頭車)2DCCフレンドリ対応車両の場合はFL12を購入・利用し室内灯はEC-Slimをデコーダレス(アナログ)組立で取り付けるのが簡単です。室内灯をDCCで制御したい場合は、スタンダードセットとLAISDCC等を使い、ヘッドライト配線を付け替えても良いかと思います。また、ヘッドライト・テールライトを電球のままDCC化する場合はKATO103系の取り付け例(リニューアル前)を参照ください。
KATO/TOMIX/マイクロT車(中間車)2エコノミーセットの生基板を使い、 デコーダレス組み立てでT車の室内灯を点灯させることも出ます。消灯はできませんが、一両当たりの部品代は500円程度で、動力車に合わせた雰囲気で室内灯を点灯できます。 もちろん、スタンダードセットとLAISDCC等を使って室内灯のDCC制御をすることも可能です。
TOMIX 室内照明ユニット LCタイプ(狭幅)対応製品 3 モハ455,モハ185で組付けを確認しました。キハ40では、ヘッドライト、テールライトへの配線を行なっています。モータ配線は少し細かい作業になります。
TOMIX 照明ユニット Cタイプ(広幅)対応製品 42019年8月のオープンサウンドデータミーティングで紹介した113系はこちらのタイプです。LCタイプに加えて、ボディの一部カットが必要です。
TOMIX 特殊形状 4  名鉄7000系のなごでんさんの搭載事例が掲載されました。先頭車に納めるために基板加工をされています。
マイクロエース4 キハ261系(1)キハ261系(2)相鉄9000系(1)相鉄9000系(2)相鉄9000系(3)の記事を参考にしてください。18m級先頭車などは、入りきらない場合があります(今後検討します)。 
GreenMax3 名鉄3500系名鉄2000系名鉄3500系のなごでんさんの搭載事例が掲載されました。

難易度の解説
1:メカイスのカット以外の加工は不要、半田付けも最小限で完成します。
2:ケーブルのはんだ付けは必要だが、ボディ加工はほとんど不要です。
3:細かいはんだ付け、穴開け、カット作業が必要です。
4:細いはんだ付け以外に、ケーブルルートの調整など手際よい作業が必要です。
5:ダイキャスト加工など、上記以外のリスクの高い作業が必要です。

オープンサウンド対応

オープンサウンドのSL、EL,DLへの搭載事例をまとめました。

オープンサウンドExpBoard説明
第一弾・C11 蒸気機関車なし搭載スペースが確保できません。
C57SL-C57/D51 C57D51に搭載しました。
C58SL-58 C58に搭載しました。
C59SL-C59/C62 C59に搭載しました。
9600SL-9600 C59に搭載しました。
8620SL-C57/D51 8620に搭載しました。
EH200ELタイプH EH200EH500に搭載しました。
DF200DLタイプF DF200に搭載しました。※音源はオープンサウンドではありませんが、加工事例として紹介します。

ラインナップ

  • イージーセット(TRAINO NXT18-ECS-E1)

KATOのM車、DCCフレンドリ対応車両1台分のセットです。KATO DCCフレンドリ対応ソケットに装着できるアダプタに配線済、室内灯、ヘッドラート(両極性アダプタ付き)を標準装備しています。モーター配線までは半田付けなしでセットアップ可能。サウンドデコーダーの場合は、スピーカー配線のみ半田付けが必要です。なお、V2基板からは室内灯は常時点灯(JP3を接続)してあります。 LokSound5の取り付けについてまとめましたので、こちらも参考にしてください。

コネクタ実装済
Q1実装済 UMA1N Rohm
R1実装済 270Ω 1608もしくは2012サイズ
LED1-6実装済 NSSW157T 日亜化学(サイズ3mm×1.4mm)
R2,R3実装済 1.5kΩ 1608もしくは2012サイズ
KATOアダプタ1個 配線済
  • スタンダードセット(TRAINO NXT18-ECS-S2)

Expboard2枚とKATO DCCフレンドリ対応ソケットに装着できるアダプタ1個のセットです。ヘッドラート(両極性アダプタ)の部品は取り付け済みですが、室内灯はお好みの部品を設定、取り付けください。

コネクタ実装済
Q1実装済 UMA1N Rohm
R1実装済 270Ω 1608もしくは2012サイズ
LED1-6未実装サイズ3mm×1.4mm~2mm×1.2mmを推奨
R2,R3未実装1608もしくは2012サイズ
KATOアダプタ1個 未配線
  • エコノミーセット (TRAINO NXT18-ECS-E6)

本体(プリント基板)6枚分のお得なセットです。
1枚はNEXT18コネクタを実装していますが、室内灯、ヘッドライトの部品は付属しません。5枚はプリント基板のみですが、10011 Next18車両側コネクタ(メス)を入手してご自身ではんだ付けするか、もしくはアナログ室内灯に改造(別途案内)して安価に室内照明を点けることもことも可能です。 また、動力車用にKATOのアダプタも一つ添付します。

コネクタ実装済は1枚 5枚は未実装
Q1未実装コネクタ実装品のみ実装済です。
R1未実装コネクタ実装品のみ実装済です。
LED1-6未実装サイズ3mm×1.4mm~2mm×1.2mmを推奨
R2,R3未実装2012サイズ推奨、1608サイズ取り付け可能
KATOアダプタ1個 未配線

販売場所

以下の2箇所で頒布中です。

  • DesktopStationShop

    イージーセットは再販準備中です。

    エコノミーセットは売り切れです。

  • Nagoden頒布

    スタンダードセットは再販準備中です。

    エコノミーセットは在庫がございます。

  • 頒布に協力いただいているお店

    石田商店様(千葉県船橋市)     アライブ様(神奈川県大和市)

2021-3-26 情報更新

注意事項

  • ExpBoard Next18 シリーズは、個人が趣味で設計・製作したものを、その目的を共有いただける方に費用の一部を負担いただきお分けするもの(頒布品)です。営利目的で設計・開発した商品と同様のサポートは保証致しかねます。
  • デコーダや車両への取り付けもユーザー様の責任にて実施ください。その留意点については、本ブログなどでなるべく説明いたしますが、すべて説明しきれる訳ではございません。
  • 不良が発生した場合には無償で交換いたします。改善のために、不良内容について詳細を確認させていただく場合がございますのでご協力をお願いします。
  • 14歳未満のお子さんの手の届かないところに保管ください。
  • この商品は、一部静電気に敏感な半導体部品を利用しています。特にデコーダをセットした後は、静電気を加えないよう注意してください。
  • 本製品を取り付けるにあたって、DCCデコーダや車両の取り扱い説明書を十分に確認した上で段取りを決め、慎重に作業を行なってください。
traino_sl.txt · 最終更新: 2021/04/11 20:41 by henohenomoheji