スレッドの評価:
  • 回答数:0 平均:0
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
DSair1にCVread機能を追加実装する
#1
CVread対応化DSair1にてワンコインデコーダ搭載車のCV1とCV29読み出しをしたところ。

https://drive.google.com/file/d/1im21RR8...p=drivesdk 

https://drive.google.com/file/d/1BqinleO...p=drivesdk 

https://drive.google.com/file/d/1icRvEZa...p=drivesdk

https://drive.google.com/file/d/19gUGt6N...p=drivesdk 

完成品基板の表と裏 

https://drive.google.com/open?id=1Yen5mR...zPKmHpMzmx

https://drive.google.com/file/d/1jpdLMKC...p=drivesdk 

※お断り
この改造工作は基板のパターンカット及び表面実装部品の半田付けが伴う事と完成品の場合はDesktopStationからの一切の保証が受けられなくなります。

またパワー半導体の電源ラインを含む回路を改造するため、失敗した時はDSair1を確実に壊してしまう可能性が高い事をご承知おき下さい。
表面実装部品の半田付けに自信が無い方や回路図が読めない/分からない方にはこの改造工作はオススメしません。 

※お断り終わり//


1.準備編 

DSair2が公式に発売となり順調な売れ行きで何よりな状況ですが、DSair1もほぼ同等な機能を備えた上、ArduinoUNOサイズのケースに納まるコンパクトさが未だ魅力と思っております。 

s88コネクタやOLEDモニタは不要でもDCCコマンドステーションの基本たるCV読み取り機能だけは有って欲しいと思い、DSair1/2との回路図比較やYaasanさまのコメントを元に改造工作を行いました。

なお、この改造を行ってDSair1に追加されるのはあくまでDSair2のCV読み取り機能のみです。

PCに接続しての使用はDSair1が元よりシリアル通信機能を持たないため別途追加回路が必要で、そこまでの改造を施すなら素直にキット版DSair2を買って製作した方が手早く幸せになれます。

改造に必要な部品 

・電流センサIC ACS711ELCTR-12AB-T
秋月通販リンク http://akizukidenshi.com/catalog/g/gI-12267/

・超薄型SOP8変換基板 (10個分)
秋月通販リンク http://akizukidenshi.com/catalog/g/gP-12268/

・積層セラミックチップコンデンサ 1μF 16V (同等品なら何でもOK)
秋月通販リンク http://akizukidenshi.com/catalog/g/gP-09174/

・積層セラミックコンデンサ 0.1μF 250V (同等品なら何でもOK)
秋月通販リンク http://akizukidenshi.com/catalog/g/gP-10147/

・配線少々
KATO製フィーダー線程度の太さの物を10cmほど
デコーダ配線程度の太さの物を15cmほど
(作例では電流センサIC からATmega328までの配線にラッピングワイヤーを用いていますが、さほど電流が流れる線では無いので配線しやすければ何でもかまわない、デコーダ配線の余り物が細くてオススメかと思います。) 

・カプトンテープ(超薄基板固定時の絶縁用) 

・接着剤or両面テープ(超薄基板固定用) 

・ホットボンド(配線固定用)
100円ショップで入手出来るやつで充分です。

工作編へ続きます。
返信


ページジャンプ:


このスレッドを閲覧中のユーザ: ゲスト: 1