スレッドの評価:
  • 回答数:0 平均:0
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
DSair1にCVread機能を追加実装する
#11
さて動作確認が完了しましたら、DSair1に超薄型基板と追加した配線を固定していきます。

固定にはホットボンドと弾性接着剤を使用します。

   

写真は今回使った物ですがホットボンドは100円ショップ等で手に入る物で十分です。

また弾性接着剤も同等品なら問題無く使えると思います。

まずは電流センサICが載った超薄型基板をSDカードスロット上に貼ったカプトンテープ上に弾性接着剤にて接着します。

硬化には時間が掛かりますので配線固定に使うホットボンドも併用して基板を固定してしまいます。

   

超薄型基板とその周りの配線固定はこんな感じで行います。

更に電流センサICからマイコンへと至る裏側への配線固定も数ヶ所をホットボンドで留めていきます。

   

こんな感じで大丈夫かと思います。

基板と配線の固定が済みましたら、以上でDSair1へのCV読み出し機能追加改造は完了です。

元通りにマイコンをソケットへ差し込みFlashairをSDカードスロットヘセットしてケースに組み込んで完成です。

   

お疲れ様でした。


なお、DSair2にs88-Nコネクタを追加して自動運転などが行える様になりましたがDSair1改にも頑張れば同コネクタを追加することも可能です。

搭載の実例を、後々別スレッドにていずれ紹介したいと考えています。
返信
#12
(02-10-2019, 10:12 PM)やすひろ が書きました: DSair1が有効活用できますね。
私も試してみたいと思います。

ありがとうございます。

DSair1も安い物では無かったですし、あの小さな基板に可能性を感じましたので有効活用したく改造を施しました。

公式ではDSair2用とうたっている最新テスト版でのDSbasicも動きますのでぜひ試してみて下さい。
返信
#13
LOCKEさんの改造を参考にしてDSシールドを改造してみました。電流センサーの6ピンはデータシートの参考回路図ではプルアップになっていたので、現時点ではコンデンサを取り付けず未配線のままです。7ピンはDSAir2の回路図に合わせて100Ωの抵抗と0.1μFのコンデンサをつけてA2に接続しました。

DSシールドとDSAir2ではS88関係の信号の接続が違っているので、DSAir2に合わせてS88_LOADとS88_CLKをD5、D6に変更しました。ただし、Arduino UNOではA7が無いのでS88_RSTは未接続です。S88_DATAは念のため100kΩの抵抗でプルダウンしておきました。

改造後にCVの読出しができるようになりました。
モーターを搭載していない室内灯だけの車両ではCVの読出しができませんでした。電流が少ないのが原因と思いますが、KATOのDCS50Kでは出来ていました。
S88の方は接続する機器を持っていないので動作未確認です。

LOCKEさん改造の解説ありがとうございました。引退していたDSシールドが現役復帰した気分です。
返信
#14
(03-10-2019, 09:11 PM)kyakusya が書きました: LOCKEさんの改造を参考にしてDSシールドを改造してみました。電流センサーの6ピンはデータシートの参考回路図ではプルアップになっていたので、現時点ではコンデンサを取り付けず未配線のままです。7ピンはDSAir2の回路図に合わせて100Ωの抵抗と0.1μFのコンデンサをつけてA2に接続しました。

DSシールドとDSAir2ではS88関係の信号の接続が違っているので、DSAir2に合わせてS88_LOADとS88_CLKをD5、D6に変更しました。ただし、Arduino UNOではA7が無いのでS88_RSTは未接続です。S88_DATAは念のため100kΩの抵抗でプルダウンしておきました。

改造後にCVの読出しができるようになりました。
モーターを搭載していない室内灯だけの車両ではCVの読出しができませんでした。電流が少ないのが原因と思いますが、KATOのDCS50Kでは出来ていました。
S88の方は接続する機器を持っていないので動作未確認です。

LOCKEさん改造の解説ありがとうございました。引退していたDSシールドが現役復帰した気分です。

kyakusyaさん

改造成功おめでとうございます。

s88-Nに関してはハード側で対応出来ないS88_RSTはD7につないでDSair2スケッチ内の「TrackReporters88_DS.cpp」タブにS88_RSTのピン指定があるのでそこを書き換えて対応するのが良いかと思います。

なお、その部分ではDSair1でも使っているATmega328がarduino UNO R3同様のDIP版でA7ピンが存在しないのでスケッチ書き換えしないと空きピンを駆使してs88-N端子を付けても使えなかったりします。
返信
#15
アドバイスありがとうございます。
今度、ためしてみます。
返信
#16
DSair2スケッチ内の「TrackReporters88_DS.cpp」タブにS88_RSTのピン指定を「A7」から「7」に書き換えて、S88_RST信号がD7端子から出ることを確認しました。
NuckyさんのS88-N在線検出器の回路を見るとS88_RSTは使われていないので、配線追加はまだ行っていません。S88_RSTが必要になるまでは、様子見をしようと思っています。

Arduino UNOで端子のない「A7」を指定した場合に、コンパイルのエラーも出ないですが、S88_RST信号はどこに出力されるのか不思議です。
S88機能の確認のため、4014のロジックICを1個だけブレッドボードに乗せてS88_LOAD、S88_CLK、S88_DATAの信号を繋いで、正常に機能していることが確認出来ました。最初はロジックICのPI8ピンからの入力がS88の(1)のデータになることに気が付かず確認に手間取りました。

返信


ページジャンプ:


このスレッドを閲覧中のユーザ: ゲスト: 1