スレッドの評価:
  • 回答数:0 平均:0
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
DSair2デバッグの部屋(r2h,r2j 旧PF版)
#1
DSair2のFlashAirアプリの旧プラットフォームをベースにしたアプリのデバッグ部屋です。

・新プラットフォームの安定化が達成され次第、移行します(つまり破棄されます)。
・クラス化されてません、インライン実装のため、ソースは雑多で汚いです。
・移植性がゼロです。このアプリをベースにフォークする事は推奨されません。

https://desktopstation.net/wiki/doku.php/dsair2
返信
#2
r2j TEST2をリリースしました。r2hからの変更点は以下の通りです。
Arduinoファームウェアのアップデートが必要です。ポイント操作でアドレス256以上を操作するとスマホアプリがバグります。なおArduinoアプリも大幅に刷新しており、バグが潜んでいる場合があります。

・MP3リストにフォルダ表示
・PDFの表示機能
・CVを1024まで拡張
・アクセサリの配信に対応
返信
#3
こんにちは
r2jを使用させていただいてます。
クラス化前に戻ったので、PCのCドライブのルートにSD_WLANを置くと、DSAIR2 無しでもリリースして頂いた最新版を実行出来ました。
さらにDSBASICの実行も出来るので、ある程度のところまではPCだけで、確認が出来そうです。

S88も実装されたところで、今後レイアウトスクリーンで直線、曲線のパーツにアドレスを入れると、色が変わって車両検出が表示されるというのはいかがでしょうか?
返信
#4
DSAIR2はPCからでもつなげられますので、BASICのデバッグはPCで行ってます。インターネット同時接続モードをお使いください。

レイアウトについても表示は問題なくできそうです。問題は、どのように分かりやすくS88アドレスを設定するかです。
返信
#5
インターネット同時接続モード とはPC
or FlashAir のどちらの事でしょうか?
どういう事が出来るのか、教えて頂けると助かります。

レイアウトはポイントは今のままで、直線と曲線の中心に青字でs88のアドレス表示して、動作時は車両検出で赤い線路表示にするのは、いかがでしょうか?
ポイントを緑と赤、車両を黄に変更する案もいかがでしょうか?
返信
#6
以下を参照ください。

インターネット同時接続モードの利用:
https://flashair-developers.com/ja/docum...dvanced/3/

レイアウト画面については、ちょっと考えさせてください。データとしては常時更新しているので、UIの設計だけが唯一の課題です。
返信
#7
昨日公開されたr2kですが自動加速を使用しない状態でメータ外をタップ(触って)してしまうと速度表示が「NaN」となって最高速度まで自動加速(暴走)してしまう事案が出ています。

あとTEST13e辺りからDSair Statusタブのs88 dataが表示更新されてない感じです。

確認お願いします。
返信
#8
バグ確認しました。r2k2を公開しました(Webappのみ変更です)

https://desktopstation.net/wiki/doku.php...2_firmware

S88は、BASICでs88start を実行しないとS88は動作しません。
返信
#9
早速の対応ありがとうございます。

DSair2のs88-NはDSbasicで使用宣言が必要になっていたのですね。
返信
#10
こんばんは。
WEBアプリは最新のR2l、ファームもR2l2を使用しています。

LOCKEさんが#7で指摘されていた現象(解決済)に似ているのですが、
WEBアプリのスピードメータの針をスクイーズしながら、ゼロまで減速したときに、
車輌がほとんと減速せず、数秒たって、針が元のあたりに戻る現象があります。
何度か、ゼロ減速を繰り返すと、じょじょに元に戻る位置がゼロに近づいてきます。
が、ゼロにはなりません。

自動加減速、メータ周辺をタップする、方法だと発生していません。
自動加減速が導入される前の旧バージョンでも発生しません。

このあたりの不具合は修正済みのようなので、私の環境だけなのかもしれませんが
みなさんはどうなのでしょうか?
やや まるいち式
http://eccentric-water.asablo.jp/blog/
返信


ページジャンプ:


このスレッドを閲覧中のユーザ: ゲスト: 1