スレッドの評価:
  • 回答数:0 平均:0
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
MTS互換デコーダのDCC環境下での設定について
#1
LGBなどの大型鉄道模型ではデジタル仕様車でMTSが採用されています。
前提としてMTSはDCCを基本としているので操作は可能.
ただし一部設定が異なりDCC環境で動かすために再設定が必要な部分があります。

設定変更についての簡単なまとめ


当方の環境
コントローラ:DSair2
デコーダ:eMOTION XLS Sounddecode

【発生したトラブル】
・ライトが点灯しない

【要因】
MTSとDCCのスピードステップが異なるため.(MTSは標準14ステップ DCCでは標準28ステップらしい)

【解決方法】
スピードステップを扱っているデコーダのCV29の書き換え.
スピードステップはCV29のBit2で定義されている.
10進数表記で「4」がデフォルトになっているためこれを「6」に書き換えればOK
返信
#2
レポートありがとうございます。

DSair2は速度ステップ127固定であることや、速度ステップ14の時はライト制御が28や127の時と異なる信号を使用することが要因です。

どちらにしても、設定変更で対応可能で、問題はないと考えております。
返信


ページジャンプ:


このスレッドを閲覧中のユーザ: ゲスト: 1