スレッドの評価:
  • 回答数:0 平均:0
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
Fujigaya2 S88 Detector 8chを語る
#1
Fujigaya2が開発・販売している、光式・磁石式S88デコーダ(在線検出器)であるS88 Detector 8chについて、語りましょう。

S88 Detector 8ch wiki:
https://seesaawiki.jp/fujigaya2/d/S88%20Detector%208ch

Fujigaya2 blog:
https://fujigaya2.blog.so-net.ne.jp/


※以前は6ch型のS88 Detectorという商品がありましたが、アップデートされてチャンネル数が増えて、回路がシンプル化して再登場しています。
返信
#2
光式の場合、車両の下に反射板のシールなどを貼らなくても、検出動作は可能でしょうか?

例えば機関車と客車がセンサーの上をある程度の速度で通過している事を認識して、
そこから数秒後に停止する自動運転のプログラムを組む場合、他の車両に入れ換え
る事が出来るのかなと言う疑問です。
返信
#3
私の保有している車両だと、特に問題無く普通に動きます。
ただ、反射しにくい素材とか、ウェザリングなどで、裏側もつや消しの塗装をしているなどがあると、反応しにくいケースもあるようです。
返信
#4
Yaasan様、動作の状況、ありがとうございました。

Fujigaya2 S88 Detector 8ch を2セットGetして組み立てました。
2台のIn/Outを接続し、DSshieldのS88 Inに接続してDesktop Station Softwareにて
1~8、17~24のセンサーが動作する事を確認しました。
この後、レイアウトでDSair2にてDSbasicで動作させようと思います。

”HiLetgo® 3個セット Mini USB Nano V3.0”を購入したので、1個のNanoが余った
ので前から試したかったAitendoのRFIDモジュール [RFID-RW522]を接続して
車両識別が出来るか試してみようと思います。 こちらは別スレッドのRFIDに
書き込みしたいと思います。とりあえずNanoでDump Infoのサンプルは動作。

Fujigaya2 S88 Detector 8ch の回路図を見ると1~4のセンサーを削除して、
MFRC522とSPIで接続すると下位4ビットは車両識別、上位4ビットは在線検出の
Detectorに出来そうです。
でも混在するより、S88 RFID Decoder(仮名)としてS88にチェーン接続した方が
良さそう... MFRC522の消費電流も大きい様だし。
返信
#5
レンタルレイアウト屋さんでFujigaya2 S88 Detector 8chの動作確認をしてきました。
光学センサー1個でDSair2 に接続してS88の状態表示に対応するビットが反応しました。

店主さまの113系トミックス4両編成、EF65カツミ単独、E257系エンドウ11両編成です。

113系だけは全車両が通過する間、途切れ途切れになりDetector の基板上のLEDも連続して点灯することは有りませんでした。
車両の底面が他はグレーに対して黒なのが良くないようです。
返信
#6
赤外線を反射させやすくすると良いです。セロテープを貼る方もいらっしゃいます。
返信
#7
Fujigaya2 S88 Detector 8ch を2台接続した際、1台目のDetectorの端子1~8とし、2台目の端子は9~16になると思います。すなわち、端子を連続して使用することになると思います。

2台接続した際、1台目のDetectorの端子1、2、3、6、7のように端子を部分的に使用し、2台目のDetectorの端子4、5、8、12、13、14、15、16のように部分的に使用することが可能ですか。

使用可能でない場合には、理由を教えてください。

以上よろしくお願いいたします。
返信
#8
ご質問の内容は、2つの意味で解釈できて、どちらについてでしょうか?

(1) 端子を一部だけ使っても良いのか? → 答えはYES。使いたいところにだけ配線すればOK。
(2) S88の1-8,9-16のアドレスを自由に入れ替えることができるのか → 答えはNo。

■ (2)について
端子を入れ替えることはできないので、自動運転上のプログラムで読み替えて実装するしかありません。
理由は、読み替える機能がS88には無い(自動運転プログラム上で自分でマッピングするべきところだから)からですが・・・。

Userは自動運転プログラム上での端子番号と仮定します。

S88.1->User.1
S88.2->User.2
S88.3->User.3
S88.4->User.6
S88.5->User.7
S88.6->User.4
S88.7->User.5
S88.8->User.8
S88.9->User.12
S88.10->User.13
S88.11->User.14
S88.12->User.15
S88.13->User.16
S88.14-> Not use
S88.15-> Not use
S88.16-> Not use

こういう読み替え(マッピング)は、ごく普通にソフトウェアの世界では使われてます。
返信
#9
ご回答いただきましてありがとうございます。

自動運転をしてみようと、思いましたが、ソフトウエアは素人であり、
プログラムを組み立てることは困難であることを理解しました。

自動運転を諦めて手動による運転でDCCを楽しむことにします。
今後ともよろしくお願いいたします。
返信
#10
ソフトウェアが素人とおっしゃるにも関わらず、センサが13カ所もあるような、複雑な自動運転をいきなりやろうとするのは、あまりにも無謀です。ソフトウェアで御飯を食べている私でもかなりの複雑度で、プロレベルです。

センサを1~2個程度から、簡単なものから徐々に始めていかなければ、13カ所もある大きな自動運転を実現することは難しいです。じっくり、何年も掛けてみなさんは自動運転の勉強をしながらチャレンジしております。

子供の水泳教室は、水に顔をつけるところから始めます。DCC自動運転も、全く同じです。最終的なゴールはそれで良いと思いますが、簡単な配線から、徐々に始めて行くことが重要です。
返信


ページジャンプ:


このスレッドを閲覧中のユーザ: ゲスト: 1