スレッドの評価:
  • 回答数:0 平均:0
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
DesktopStation Software097を使ってみました
#1
ラッチ機能のついた最新版097を使って、自動運転プログラムを作成しています。
yaasanさま、スクリプトイベント数の増加対応、ありがとうございます! Big Grin Big Grin
これで、イベント数を気にせず作成できます。

ところで、096で作成したスクリプトを読み込んで編集することは問題なくできたのですが、
空白行に新規作成するとき、プロパティ画面を出すと、
「ハンドルされれていな例外が発生」というエラーがでてきます。
097を新規にインストールした直後の状態のブランクでも、新規プロパティを開くと同様の現象が発生します。
いずれもスクリプトコマンドは正常に追加・編集できます。
096まででは、経験したことのない現象です。 Huh
NETFRAMEなどPC環境がおかしいのでしょうか。
アドバイスなど、よろしくお願いします。


添付ファイル サムネイル
   
やや まるいち式
http://eccentric-water.asablo.jp/blog/
返信
#2
ご報告ありがとうございます。
心当たりが1点あるため、修正しました。ご確認をお願いします。

https://desktopstation.net/bin/DesktopStation_097b.zip

注記:
バグがあったので、0.97cとして再リリースしました

https://desktopstation.net/bin/DesktopStation_097c.zip
返信
#3
(04-26-2019, 07:03 AM)最新の097cで確認しました。 が書きました: 不具合すべて直っています。ありがとうございました Smile

ラッチ機能は、とても便利ですね。
チャタリング対応だけでなく、
続行運転などの後続調整で、ある区間を強制的に閉塞したい時にも使っています。
やや まるいち式
http://eccentric-water.asablo.jp/blog/
返信
#4
現在Desktopstationソフトver.097cで自動実行を試みています。その中で、スクリプトの車両番号を、Event Scriptの説明を参照しながら自動で置換させる設定にしているのですが、スクリプトを走らせてみると、ログには車両番号が49155になっていて、車両を動かすことが出来ません。これはそれぞれの行の設定を、DCCの3番としても同じ現象が起こるのですが、何か設定の間違いをしてしまっているのでしょうか。線路にDCCを繋ぎ、線路上に車両を載せておいても同じ状況です。お教えいただけることがあれば有難いです。
今一つ、ここでの質問で良いのか分かりませんが、DSBASICならびにBlocklyのプログラム制作の環境についてお聞きしたいことがあります。DSBASICもBlocklyも大変魅力的で、まずはDSBASICそして次にはBlocklyを使ってのちょっとした自動実行のプログラミングを試してみたいと思います。フォーラムでのKAKKAさんの投稿とそれにこたえておられるYaasan氏の説明を拝見しているのですが、今できるのはWiFi経由でタブレットからだけの入力しかないのでしょうね。Desktopstationソフトを使用している時のように、USB接続でPCの画面とキーボードを使っての入力、プログラムを書くことは出来ないでしょうか?私にとって大変使いやすい環境になりますので、もし出来るようであれば、それもお教えいただければありがたいです。またそうなっても、これはDSair2に限って使えるもので、DSshieldやDCC/MMシールドでは使えないのでしょうね。よろしくお願いします。
返信
#5
49155は、DCCの車両アドレス3と同じ意味になります。(16進数にすると0xC003となります)
DesktopStationのコマンドステーションでは、DCCとメルクリンの車両やポイントを同時に制御するため、メルクリン式の内部アドレス方式を採用しております。アドレスのマッピング、という業界用語になってしまいますが、ややこしく申し訳ありませんが、そういうものだと思っていただければ幸いです。


原因については、車両がアドレス3になっていないか、線路に信号が伝わっていないか、のいずれかだと思われます。

>BlocklyやDSbasicについて

USB経由では、FlashAirの中に入っているアプリ(DSbasicとBlockly=EducationPlatform)が起動できないため、使用することが出来ません。PCのブラウザからアクセスしていただくのが一番早いです。
なお私は、家庭内のLANにDSair2を接続させておりまして(インターネット同時接続モード)、普段使っているPCから操作しております。デモにいつもノートPCがあるのは、そういう理由です(スマホでも出来ますが画面が狭いので・・・)

同時接続モードについて:
https://tsujiru.hatenablog.com/entry/2019/05/03/121726 (つじるさんの解説)
返信
#6
こんばんは

> WiFi経由でタブレットからだけの入力しかないのでしょうね。
> Desktopstationソフトを使用している時のように、USB接続でPCの画面とキーボードを使っての入力、
> プログラムを書くことは出来ないでしょうか?

私もDSbasicのプログラムはPCのエディタで書いてます。
PCをDSair2にWiFi接続し、エディタで書いたソースコードをコピーし、ブラウザで開いたDSbasicの
エディット画面にペーストすれば実行できます。 
エラーが無ければSAVEボタンを押して"Save to Memory"とすればDSbasicとしてPC内に保存されれます。
”Save to File”とすればPCのDownloadフォルダに"dsair_userbas.bas"として保存されるので、
再びこのファイルをPCのエディタで修正していきます。
"dsair_userbas.bas"をFlashAirのルートフォルダにコピーすると、DSairのサウンド機能の画面に
出てくるので、タブレットで動作させる場合はこの画面で"dsair_userbas.bas"をオープンすると
DSbasicのエディット画面にPCで作成したプログラムがロードされます。 そこでSAVEボタンを
押して"Save to Memory"とすればタブレット内に保存され、タブレットだけでプログラムが実行
できるようになります。

私の場合、修正を続けてきて"dsair_userbas (28).bas"までになりました。
返信
#7
早速のご返事有難うございます。自動実行スクリプトの件は、ご指摘の点を注意してもう少し確認をさせてもらいます。私がテストで使っていますのは、NuckyさんのOneCoinデコーダーをKatoの電車に載せてDCC化した物です。
車両番号は3で動いています。まずはDesktopstationソフトの自動実行スクリプトを使って、車両とポイントの制御を経験させてもらいたいと思います。その先で、DSBASICそして次にBlocklyに進みたいと思います。PCを開発端末に使えるということですので、yaasanが教えてくださったFlashairの同時接続モードを基本にして、KAKKAさんのやり方を参考に少し込み入った自動実行の手順を作ってみたいと思います。ここしばらくプログラミングから離れていましたので、ちょっとしたものでもBasicでプログラムが組めるというのは大変楽しめる時間になるのではと楽しみにしています。また孫たちが今後プログラミングを覚える環境として、Blocklyも楽しみな言語として登場していることを教えていただき、まずは使ってみようと、これも楽しみにしています。こうした環境を作ってくださるyaasanには、只々感謝するしかありません。有難うございます。少し時間がかかると思いますが、また報告をさせてもらいます。
返信
#8
先日yaasanとKakkaさんから頂いたアドバイスに沿ってやってみた結果を報告します。
1.自動実行スクリプト、動かすことが出来ました。線路の電源が不安定(Nゲージ車両も軽いということもあったのかもしれませんが)だったようです。線路を磨いて速度も上げてみたところ、ちょっと不安定ではありますが動くのを確認させてもらいました。
2.PCをDSBASICのプログラミング用に使いたい件です。
つじるさんのブログの経験を読ませてもらい参考にさせてもらいました。やはり通常からFlashAir経由でネットにアクセスするのは無理があるようなこと、そして通常はネットへのアクセスは有線で、DSair2へのアクセスはWiFiで繋ぐようにするのが使い勝手からも良いように思いその線でネットワークの構成を設定してみました。最初はどこかで引っかかっているようでしたが、次の日にあらためてWiFi経由でDSair2にあくせすしたところ、あっさり繋がりました。プログラミングはKakkaさんのやり方を大いに参考にさせていただきます。
有難うございました。
返信


ページジャンプ:


このスレッドを閲覧中のユーザ: ゲスト: 1