スレッドの評価:
  • 回答数:0 平均:0
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
ワンコインデコーダが認識されず
#1
MAASANです。

Nuckyさんから送付いただいたワンコインデコーダ
(PickKit2 -式)ですが
Microchip書き込み機で書き込もうとしたところ
device not found と Errorがでました。

コレクタ箇所のはんだ付け不良を疑い

デジタルボルトメーターで抵抗値を測ってみました。

PICKKIT2とカードコネクタの間の導通は3箇所だけでした。

これは、単純なはんだ付けのNGか?

ほかに ジャンパーをとばさないと

いけないか箇所がありますか?

教えてください。

導通:PICKKIT=1>ワンコイン端子左1
   PICKKIT=2>ワンコイン端子右1
   PICKKIT=4>ワンコイン端子左1

他の端子の導通はありませんでした。

もちろん、PICK側端子のはんだ付け導通CHEKOK
ワンコイン側端子のCHECK OK
でした。
3端子のみの接続でPICKの書き込みはできるのですか?

おろしければ教えてください。

自己レスです
導通:PICKKIT=1>ワンコイン端子左1
   PICKKIT=2>ワンコイン端子右1
   PICKKIT=4>ワンコイン端子左2
です。
返信
#2
GNDとVCCについて配線が確認できなかったので
ジャンパ接続しました。

しかし、あいかわらず No Device detectedとなります。

ワンコイン側の表面実装ICのはんだ不良(隣の端子とくっついたり)
もテスタで確認しましたが、ありませんでした。

マイコンが熱で昇天したのでしょうか?
返信
#3
自己レスです。
とりあえず、NGの1枚目を横に置いといて

「残りの4枚の基板」についてまず、PICマイコンだけ最初にはんだ付けして
PICKIT2->スマイルアダプター>ワンコインデコーダ
の接続で
*******************************
Windowsからワンコインデコーダマイコンの認識
HEXファイルの書き込みに成功しました!!
*******************************
4枚書き込みまで確認できた&
アダプタの接続もOKということで
あと、ちまちまと部品のはんだ付けを続けていきます。

一人で騒いで一人で収束しましたがNuchyさんの
作業手順
「まずPICをはんだ付けしてプログラム書き込めてから
 次の作業に行きましょう」
の大切さが分かりました。勉強になりました。

また、また自己レスです。
NGだった1枚ですが、
半田吸い取り線で一旦はんだを吸い取り
再度、はんだを流しなおしたら、
************************
デコーダマイコンの認識とプログラム書き込み 成功!!
**************************
これで、
完成1枚
PICマイコンのみ実装4枚
となりました。
完成品はさっそく配線して小田急SSEリベンジ版に取り付けようと思います。

なんとかリカバリーできてよかったです。
返信
#4
無事に解決できて何よりです!半田付けは本当に難しいですよね!
うまくできたということは、MAASANさんの半田付けの技術を得られたと言うことだと思います。表面実装部品は、人間がやるにはプロレベルが必要で、難しいことですから、中級者に到達したという証です。

ワンコインデコーダは、FLデコーダとしても世界で最安&最強のデコーダです。

ヘッドライト・テールライトだけでなく室内灯も、外付け部品追加をすることでできます。私もGW中に届くはずのKATOのHOキハ81ブルドックにワンコインデコーダでヘッドライト・テールライトと、室内灯をワンコインデコーダ1つだけで実現させる予定です。Nにはさすがに室内灯は難しいかも知れませんが・・・。

一人でも多く、ワンコインデコーダの圧倒的なコストパフォーマンスを堪能してもらいたいです。
返信
#5
yaasan様

MAASANです。

励ましのお言葉ありがとうございます。

昨晩から「なぜマイコンを認識しないのか?」ずーと考えて、PICKKIT2故障?アダプタ半田付けミス?等々容疑者がやまもりで
今朝も早く目が覚めてしまい考えていましたが、
結局、Nuckyさんの手順書をよく読まず、完成を急いだ自分がツケを払うことになりました。

上級者の皆様の書かれていることにまずは忠実かつ確実にすすめていくのが完成への早道だと思いました。

半田付けのスキルについ、私のレベルではワンコインデコーダはできても、スマイルデコーダの面実装は
つらいだろうな。。と思いました。ワンコインの面実装のピッチと部品点数に助けられたところはあります。

現在、焼いてしまったEM13のリベンジ版として「ワンコデコーダ」を小田急SSEに載せ替えました。

今度は、「ミント缶コントローラ」から「ワンコデコーダ」へのCV値の書き込み作業で「うーーん」と考え込んでいます。

「ミント缶」+「EM13:完成品」では割と素直にできていたのですが。今回は「キット」VS[キット」の組み合わせ
になります。GWはそれで考え込んでいるかもしれません。

GW中は、あーだこーだとDCCの可能性を堪能できればと思います。
返信
#6
CVについては、読み出しができるコマンドステーションを使うことが早道です。
ミント缶は、CV読み出しができないため、他のコマンドステーションを使用するしか無いと思います。

なお、D101やD102については、CV読み出しにバグがあるので(改善もされていません)、お持ちでない場合には購入は推奨しません。
返信
#7
コメントありがとうございます。
内容を拝見していますと、ミント缶+ワンコインデコーダでは、
ミント缶*EM13のようには使えない
という風にもとれるのですが、いかがでしょうか?

EM13の時のはCV29になにがしかの初期値を書き込んだら素直動きましたが
「ワンコインデコーダ」では「そう簡単にはいかないよ」いうことでしょうか?
※実際、さきほど、出来上がったワンコのCV29に”2”を書き込んだのですが
ミント缶のCV書き込みの「→」の表示がいつもなら3つ表示「→→→」されるのに
最初の1つと最後の1つだけ表示される等、微妙な現象がでております。

ワンコインは多機能ですが現状、私が目指しているのはまず、安価で手持ちの車両(大した数はありませんが)
を全部DCC化して走らせたいと思っています。

何が言いたいのかいまいちわからなくなってしまいましたが
ミント+ワンコでまた、はまる気配がします。乗り越えんといかんのですよね、ぼちぼちでも。
返信
#8
半分徹夜で4枚はんだ付けを仕上げました。また、1枚マイコン認識で不良が出た!と思ったら、
半田時の部品固定のテープがスマイル端子に残って接触不良になってました。
これで5枚分のボードができました。
これからCV値の調査・設定をします。

半分徹夜で全然眠くならないです。

それにしてもショットキーバリアダイオード4つ連続付けにはもううんざりです。
しばらくやりたくありません。
返信
#9
>内容を拝見していますと、ミント缶+ワンコインデコーダでは、
>ミント缶*EM13のようには使えない
ワンコはハンダ付けで自作するデコーダですが、無事完成すればEM13と基本動作に大きな違いはありません。
真っ先にCV書き込みしてデコーダの動作確認をされるのはお勧めしません。CV書き込みに拘らず、先ず初期値のアドレス3のまま動作確認される方が確実と思います。
万が一CV書き込みで訳分からなくなってしまった場合、ワンコの場合はCV8に8を書き込めば初期値に戻ります。
返信
#10
twaydoc様

MAASANです。
ミント缶の件で色々アドバイスありがとうございます。
|CV書き込みに拘らず、先ず初期値のアドレス3のまま動作確認される方が確実と思います。
|万が一CV書き込みで訳分からなくなってしまった場合、ワンコの場合はCV8に8を書き込めば初期値に戻ります。
わかりました。現在ちょうど、CV書き込みでわけがわからない場合なので
CV8に8を書き込んですすめるようにします。
返信


ページジャンプ:


このスレッドを閲覧中のユーザ: ゲスト: 1