スレッドの評価:
  • 回答数:0 平均:0
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
ExpBoardを語ろう
#1
ExpBoardは、KATOのHO車両向けに、DCCコネクタ基板とウェイトを、1枚の基板に置換えることで、ヘッドライト・テールライト配線、室内灯(AUX)、スピーカーの信号線を容易に、かつ、車内のディテールを保ちつつ、実現可能になります。

wiki:
https://desktopstation.net/wiki/doku.php/expboard

購入ページ:
https://desktopstation.net/shop/html/products/detail/57

[画像: kumoha12_light_2-thumbnail2.jpg]
返信
#2
ExpBoardを13日頒布品を受け取り、昨日組みました。ライト周り配線がやり易く最高です。
モーターホルダーが嵌る所のヤスリがけ、参考に成りました。
疑問に思たっことを書かせて頂きます。
①車両(Kato HO キハ110)のボディ、床板、台車の所に矢印があります。
 1)組み立て時の各パーツの向き合わせ用ですか? 
 2)モーター端子に正しくプラス、マイナスを掛けたときの進行方向の表示でしょうか?
②上記の2)項に関してですが、アナログで確認するとレール電圧が進行方向に向かって右側
 レールがプラスで矢印方向に進みます。FWD
③DCCではREVで矢印方向に進みます。KATOの基板の1番端子の位置間違っていませんか?
 KATO基板取り付け向きによりモーター配線のプラス、マイナスが逆になる。

進行方向についてはCV29の設定で変更出来ますが、アナログとの関係で疑問が湧きました。
返信
#3
右側プラスで前進がアナログ鉄道模型の基本なのですが、KATOのHO車両に装着されてる基板のNEM652コネクタは昔から逆向きですね。

CV29の方向設定で直すのがお約束みたいな状態。
返信
#4
(05-15-2019, 12:33 PM)LOCKE が書きました: 右側プラスで前進がアナログ鉄道模型の基本なのですが、KATOのHO車両に装着されてる基板のNEM652コネクタは昔から逆向きですね。

CV29の方向設定で直すのがお約束みたいな状態。
LOCKE様
kaikiwaです。
やはりそうですか。 ありがとうございます。
返信
#5
いろいろと疑問があるかもしれませんが、KATOの車両はこういうものだ!ということで、総本山に右にならえで従っております。

まあ、昔の話ですが、自動車のホンダもエンジンの回転方向で似たようなことにありましたよね。それと、同じ感じでしょうか。

>ボディの矢印

KATOの中の人ではないので詳しくは知りませんが、FWDの方向という意味ではなく、製造上の都合という説が有力です。
返信
#6
ボディの矢印の件を忘れてました。

矢印はボディと床下や動力ユニットを組み付ける際の方向を示してるだけで、特に進行方向とかは関係無いですね。

KATOの製品はNもHO小さめですがトミックスだとN製品では大きめの矢印が彫られています。(トミックスのHOも見てる筈ですが忘れてましたw)
返信
#7
yaasanさん、LOCKEさん
有難うございます。
返信


ページジャンプ:


このスレッドを閲覧中のユーザ: ゲスト: 1