スレッドの評価:
  • 回答数:0 平均:0
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
CV Programmerでのアドレス書き込みについて
#1
DSair2のCV Programmerの動作について確認させてください。

車両に永末システムのDE29x2r2を組み込み、CV ProgrammerのLoco Addr Editorにて"385"を記入し、WRITE ADDRESSをタップし、Finishと出た後車両が動かない事象となります。
CV ProgrammerのCV READでCV17の値を見ると"1"になっておりました(期待値は"193")。CV18は"129"とこちらは問題無しです。
この状態で、"READ ADDRESS"をタップすると"385"が返ってきますが、まれに"166"が返ってくることがあります。

試しに128以上の任意の数値でアドレスの書き込みを行ってみたところ、CV17が"4"など他の値になることもありましたが、いずれも正規の値ではありませんでした。

また、99以下の任意の数値でも試してみたところ、大体は設定通りの数値がCV1に格納されましたが、たまに"166"という値がCV1に入っていることがあります。

取りあえず、今まで通り、CV29のbit5とCV17、CV18への書き込みでロングアドレスの設定は出来ているので良いのですが、CV Programmerが使えるようになるとロングアドレスの変換しなくて済むので助かります。


上記検証は以下の環境で行いました。
iPhoneXS:Chrome
Fire7:Silk
Fire8HD:Silk,Chrome

DSair2のファームウェアはr2m17です。

以下のデコーダーで上記動作を確認しています。
DE29x2r2(永末システム)
EM15(Kato)
ワンコインデコーダー for Kato Loco(Nuckyさん)

また、ロクハンのA053でも似た事象となりますが、返ってくる値が他のデコーダーとは異なっていました。
返信
#2
現象を確認し、修正を行いました。

http://powerele.sblo.jp/article/186354519.html

・ロングアドレスで設定されている車両をショートで書き込むと、デタラメな値が書き込まれる(内部で変数名の指定ミス)
・ロングアドレスのCV17への設定で、+192を足し込むことを忘れていた

お騒がせ致しました。
返信


ページジャンプ:


このスレッドを閲覧中のユーザ: ゲスト: 1