スレッドの評価:
  • 回答数:0 平均:0
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
arduinoとフィーダー線路の接続方法
#1
はじめまして、こんにちは。
私は鉄道模型歴1ヶ月程度の初心者です。

今回、パワーパックでの手動運転ではなく、プログラムした通りに動かす自動運転をさせたいと考えております。
その途中で行き詰まってしまったので、何かヒントを教えていただきたく書き込ませていただくことにしました。

まず、nゲージの電車を動かすための機材として以下が手元にあります。
・KATOパワーパックスタンダードS
・nゲージのレール
  ・カーブ×8
  ・ストレート長×2
  ・ストレート短×1
  ・フィーダー線路(※)
・nゲージの電車
(※:名前が正しいか分かりませんが、パワーパックと接続するケーブルが付いているレールです。)

次に、自動運転させようと用意したものが以下の通りです。
・arduino uno
・BitTradeOne 鉄道模型実験ボード[組立済]ADGH07P

ここで行き詰まってしまったのは、arduino unoとフィーダー線路をどう接続したら良いのかが分からないという理由です。
予想では、arduino uno→鉄道模型実験ボード→フィーダー線路という風に繋げれると思ってたのですが、鉄道模型実験ボードにはフィーダー線路のケーブルを挿す穴がありませんでした。

付属していた書籍やネットでも調べたのですが全くわからず、ここに辿り着き、書き込ませていただくことにしました。
何か考え方が間違ってるのかも知れませんが、それが何かも分かりません。

何卒よろしくお願いします。
返信
#2
DCモータ回路というところに、青色でネジ止めできる端子台があります。
そこに、フィーダ線を適当な長さのところでカットし、被覆をニッパなどで剥いて、端子台にネジ止めするのではないでしょうか?
アナログ鉄道模型は、中にDCモータが入っているので、DCモータを動かすことと同じです。

コネクタを使わずに接続することはよくあることですし、メーカー毎にコネクタの形状は違いますが、フィーダを繋げるという意味では仕様は同じです。

■念のため補足

デジタル鉄道模型(DCC)は、デジタル制御信号をレールに流すシステムです。Arduinoで作ったから、鉄道模型はデジタル制御と言うことではありませんのでご注意ください。
返信
#3
鉄道模型実験ボードにはArduino UNO相当の回路が既に載っているので別にArduino UNOは不要だと思います。
返信
#4
(08-28-2019, 07:42 AM)yaasan が書きました: ご回答ありがとうございます。

DCモータ回路というのは、鉄道模型実験ボードの「DCモータ制御回路」というものですか?
今実験ボードを見てみたところ、「MOTOR1_OUT」「MOTOR2_OUT」という2種類が書いてあり、各々に「OUT1」「OUT2」と書いてあります。
違いが何か分からず検索してみたのですが実験ボードの説明が見当たりませんでした…。
レールから出ているフィーダ線をカットして、青と白の線のどちらをどこに挿すかも分かりません…。
用語などについても基礎知識が全くなく出てくる単語を都度調べてる次第です…。
(写真1枚目)

ところでまた初歩的な質問で申し訳ありませんが、
私が持っている「KATOパワーパックスタンダードS」や「nゲージのレール」「nゲージの電車」は、アナログ鉄道模型なのでしょうか?
私がやろうとしていることは無茶なことを無理やり実現しようとしている感じなのでしょうか?


私の当初の考えとしては、arduino に「1秒間進んで1秒間止まる」みたいなプログラムを書き込み、
arduino とフィーダ線路を接続したら、電車がプログラム通りに動くというものでした。

ですが調べてみるとそれらは直接つなぐことができなさそうなので、鉄道模型実験ボードがあれば
それらを間接的に繋げられると勝手に思ったため購入しました。

ここに書き込みをした後にまた調べてみると、ブレッドボードというものの存在を知り、
もしかしたら鉄道模型実験ボードではなく、それが必要なのかなとも思ったりしてきています。

さらに調べていると、私がやりたいことをもしかしたら実現されている方がおられたようで、
写真をアップされているのを見つけました。(実際に実現されているのかどうかは定かではありませんが…)
ただ、その写真ではブレッドボードにどのように接続されているのか見えませんでした。
(写真2枚目)

長々と書いてしまい申し訳ありません。
また助言をいただけると幸いです。

(08-28-2019, 08:44 AM)LOCKE が書きました: ご回答ありがとうございます。

arduinoにプログラムを書き込んで自動運転をさせたいと思っているのですが、
鉄道模型実験ボードにプログラムを書き込むことができるということでしょうか?
…無知で申し訳ございません。


添付ファイル サムネイル
       
返信
#5
日本で一般的に売っているものは、「アナログ鉄道模型」であるため、電車の形をしていますが「DCモータ」です。

配線を間違えても、逆にしか動きませんので、とりあえず動かしてみてはどうでしょうか。
鉄道模型と考えずに、「DCモータ」として取り扱うことをお勧めします。

ArduinoでのDCモータの回し方で調べると、いろいろな資料がでてきます。
返信
#6
そいや、鉄道模型実験ボードってUSBの口がないから、書き込み機(USB-TTL変換機)が
必要そう。その事も雑誌に書かれていませんか。
雑誌の7章に解説とあるので、詳細に書かれていませんか。
返信
#7
こんにちは

電源についてのコメントです。
Bit Trade One, LTDの紹介ページを見ると以下の記述がありました。

【電源電圧】 DC5V センタープラス (マイコン、LED、サーボモータ、ステッピングモータ)、DC12V セ ンタープラス (DC モータ)
※各 AC アダプタは添付されておりません。

部品表のDCジャックもPOWER-CPU, POWER-M, POWER-Sと書かれているので、
POWER-CPUにはDC5V、POWER-MにはDC12VのACアダプタを接続するかと思います。
返信
#8
Arduino UNOは別にお持ちの様なので、そのArduino UNOにArduino ISPスケッチを書き込みしてスケッチ書き込み機化して必要な配線をブレッドボードジャンパ線にて行えば鉄道模型実験ボードへスケッチ書き込みは可能です。

「Arduino ISPスケッチ」「配線」等のキーワードで検索すれば詳細は出て来るはずです。

鉄道模型実験ボードの配置図にArduino互換マイコンと書かれてる部分がArduino UNO相当になります。

https://bit-trade-one.co.jp/product/asse...sk/adgh07/
返信
#9
Smile 
皆さま、ご回答ありがとうございます。

皆さまのご意見を参考にさせていただき、今日帰ったらまずは今手持ちの材料で実験してみることにします。
具体的には以下のことをやってみようと思います。

・鉄道模型実験ボード付属の書籍の7章を読んでみる
・フィーダー線路から出ているフィーダー線の先端のコネクタ(白いプラスチック)を切り落として青い線と白い線の皮を剥いて実験ボードのDCモーター用の青い穴(どれか分からないので適当です)にネジ止めしてみる
・実験ボードにarduinoと同じ機能が備わってるということなので、実験ボードとパソコンを、実験ボードに付属していたUSBで接続して、arduinoのプログラムを書き込んでみる
・電源はよく分からないのですが、必要そうなら実験ボードのDCモーターの枠内にある「POWER-M DC12V」という穴にパワーパックのACアダプタを挿してみる

また結果報告させていただきます。
そしてまた質問をさせていただくかも知れませんがその際はよろしくお願いいたします。

今気付いたのですが、ここはデジタル鉄道模型フォーラムということですが、私がやってるのはアナログということですので、ここで相談させていただいてるのは良くないことでしょうか?

ようやく辿り着いた、質問をさせていただける場所ですので、もしよろしければこのまま有識者の皆さまに質問させていただきたいです。
返信
#10
先程書きました、

『電源はよく分からないのですが、必要そうなら実験ボードのDCモーターの枠内にある「POWER-M DC12V」という穴にパワーパックのACアダプタを挿してみる』

を実施する前に、アダプタを確認したところ、15Vと書いてありました。気になって調べてみたところ、Vは合わせなければいけないということが判明しましたので、やめておくことにしました。

ご報告まで。
返信


ページジャンプ:


このスレッドを閲覧中のユーザ: ゲスト: 1