スレッドの評価:
  • 回答数:0 平均:0
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
MP3サウンドデコーダV5のコンデンサー
#1
MP3サウンドデコーダV5を購入しました。
Nゲージのアメリカ型客車に搭載してカントリーミュージックを流すようにしたいと思っています。
到着した商品に付属のコンデンサーは、デジトラックスのサウンドデコーダに使われているもの
(100μF/25V)に比べるとかなり大きいので、搭載スペースに困っています。
より小型で収まりの良い角形のタンタルコンデンサー(220μF/16V)に変えたいと思っています。
もちろん容量が付属のものの1/5程度になるので、集電不良対策の効果は現象すると思いますが
他に問題はありますでしょうか?
なお、デジトラックスのサウンドデコーダ用にはこのタンタルコンデンサーをよく使っています。
返信
#2
MP3V5で付属している電解コンデンサーは、Nゲージに搭載できるもので
耐圧(耐電圧)と容量で最大のものを付属しています。
Nの場合はどうしても車両の軽さから集電不良を起こしやすく、できれば
付属のものをお使いいただくのが一番良いと考えています。
すでにタンタルをお使いのようですし、実績ありそうなのでもんだなさそ
うにお察ししますが、コマンドステーションの電源電圧(線路電圧)に依
存しますのでコンデンサーの耐圧(電圧)は必ず守っていたきたく、この
場合、容量に関係なくタンタルでも問題ありません。
コンデンサの耐圧はDCCで規定するMAX22vに耐えるためには最低でも
25V品以上のものをお使いいただくことをお勧めします。
電源が12vであればコンデンサーの耐圧は16vでもよいかもしれません。
ご自身の環境のみであれば問題ないと思いますが、他人(運転会)などで
電圧を確認せずに線路に乗せると破損する恐れがあります。

他社のサウンドデコーダと比べサウンド発生時の電力の消費が異なります
し、モータへも接続しているとコンデンサーの効果も減少します。
途中で再生が途切れたり、ファンクションを押してなくても再生するなど
の場合は、電源供給がコンデンサーでカバーしきれず瞬断していますので
コンデンサーの容量を増やすなどの調整をお願いします。
返信


ページジャンプ:


このスレッドを閲覧中のユーザ: ゲスト: 1