スレッドの評価:
  • 回答数:0 平均:0
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
ワンコインデコーダー4.2 モーター用 CV29について
#1
ワンコインデコーダー4.2を動力車のモーターに搭載しております。
初期値での走行は問題なくできているのですが、
スピードテーブルを使ってモーター特性を調整しようとしたところ
どうもCV29の設定がうまく反映されません。

具体的にはCV29:2→18にしても反映されず、
試しに他数値にしても前進・後退も変更されない状況です。
もちろんスピードテーブルは数値変更済み、
その他用途として、両極性やポイントでコーターは問題なく使えています。

何台かデコーダーを製作し搭載していますが
全く同じ症状です。

使用プログラム:[font]1822-0.94beta

ご教示いただけますようお願いいたします。[/font]
返信
#2
POROPORIさん

反応遅くなりすみません。nuckyです。
申し訳ありませんが、CVの説明が間違っており、誤解を生んでいると思います。
CV29にスピードテーブルの設定がありますが、値の設定によらず、以下の動作になります。

まず、スピードテーブルを使用できるのは、14STEPか28STEPで動作するときのみです。128STEPでは動作しません。
(128STEP分のスピードテーブルを記憶するフラッシュメモリの容量が足りないので機能実装していません。)
スピードテーブルを使用したい場合は、コマンドステーション側で14STEPや28STEPの信号を出力するように設定してください。

加えて、気を付けなければならないことがあります。
デコーダ側でCV29を14STEPや28/128STEPに変更しても、コマンドステーションから128STEPの制御命令がくると、128STEPモードで動作します。(これは、Digitraxなど他社のデコーダでも同じ挙動です。)

ワンコインデコーダは14STEPや28STEPのときは、CV29の設定に関わらずスピードテーブルの値を使用しているので、初期値で動作するのであれば、CV値を適宜設定すれば、スピードテーブルは反映されると思います。
返信


ページジャンプ:


このスレッドを閲覧中のユーザ: ゲスト: 1