スレッドの評価:
  • 回答数:0 平均:0
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
DSair2のアクセサリ操作について
#11
DSmainで動いてDSair2で動かないということでふと思いましたが、突入電流対策(コンデンサチャージ用に抵抗を付ける)はちゃんとされてますよね?
ポイントデコーダのコンデンサに急激に電流が流れる現象が必ずあり、対策をしておかないと過電流を検出して出力が自動停止します。

ポイントデコーダの台数が多いと、かなりシビアに効いてきます。

DSair2はDSmainよりも半分以下の許容量しかありません。
というよりも、DSmainは、某鉄道博物館の150箇所のポイントデコーダに対応できるように突入電流対策を設計してあるので、大きな環境や保護をあまり意識しなくても動きます。
返信
#12
yaasan、ヒントありがとうございます。
で、私には何をどこにつければよいかさっぱりです。(笑)
返信
#13
ポイント用アクセサリデコーダ(FPM Decoder2)のページを見れば分かりますが・・・。
http://web.nucky.jp/dcc/accdecoder/fpmdecoder2.html

ジャンパ設定ピン(JP1)はどうされてますか?
ジャンパピンをセットして、充電抵抗をスルーするようにしてませんか??


していたら、ピンを短絡しないようにすれば充電抵抗が働いて、突入電流が低下するはずです。
返信
#14
おはようございます。

ジャンパーを外してダメならデコーダのポイントへの線を外して、デコーダ単体でのLEDの動作確認をされたらいかがですか。
ポイントが12個、ポイントデコーダは6個の構成とのことですが、2個接続しているポイントを1個にして確認し、負荷を下げて原因を調べるのも手かと思います。

そう言えば以前に私も同じような経験をした事を思い出しました。

https://desktopstation.net/bb/showthread...691#pid691

デコーダのソフトを書き換えて解決してます。
返信
#15
みなさん、おはようございます。

ポイントデコーダのJPは何も接続していない状態です。(6台すべて)

ポイントデコーダのソフトのバージョンは不明なので、最新版にしてみます。
あと負荷を減らすために台数を減らして調査してみたいと思います。


レイアウトに設置済みの状態なので、調査は時間がかかるかと思いますが
もう少しお付き合いいただければと思います。
返信
#16
yaasan、KAKKAさん、結果報告です。

ポイントデコーダのソフトを最新版(2.0b)にしたら、正常に動くようになりました。
ACアダプタも12Vで大丈夫でした。

大変お騒がせしました。
そしてアドバイスありがとうございました。
これに懲りず、また何かありましたらよろしくお願いします。
返信
#17
おー、情報が生きた!!!
良かっです。
ここで相談すればなんとかなります。
返信


ページジャンプ:


このスレッドを閲覧中のユーザ: ゲスト: 3