スレッドの評価:
  • 回答数:0 平均:0
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
著作権フリーじゃない音源の二次加工使用
#1
Desktopstationさんのオープンサウンド・プロジェクトには感服しております。
ところで、最近は自分でサウンドデコーダーに音を入れることが可能になってきたわけですが、現存する車両ならサウンドサンプリング可能ですが、現存しない過去の車両、とくに蒸気機関車などは あらたに音を録ることができません。
ネット上やCDなど巷には、著作権フリーではない車両音は溢れていますが、そういう音を加工して自分のサウンドデコーダーなどに取り込むのは個人使用の範囲で問題ないですよね。もちろんそのデータを他人に渡せば、個人使用ではないので著作権侵害にはなると思います。
返信
#2
購入したCDの二次利用は、カセットやMDにコピーして自身だけが利用するという事は許容されているので、同じと考えれば問題ないと解釈もできると思います。ただし、データを他の人に渡したりすると、その時点でNGとなるかと思います。

オープンサウンドデータでは、この権利対策が非常に大変で、さらにDCCサウンドへの理解が無い方(データをいろんな人にコピーされると思われてしまう)も多いので、ほとんど許諾を取ることはできません。DCCサウンドユーザーの協力者やクリエイター自身での収録に完全にシフトしているのも、そのためです。

古い車両は難しいですね・・・似たようなものがどこかに走っていれば、それを流用したり、音を編集加工して似せるという事になるかと思います。
返信


ページジャンプ:


このスレッドを閲覧中のユーザ: ゲスト: 1