スレッドの評価:
  • 回答数:1 平均:5
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
Arnold 電機 E 42 のCV設定
#1
Omni DCC18 (NEXT18) でのライト減光操作  

  国内では、ArnoldのHN2273 E 42 (Next18)に、Gaugemaster製の比較的安価なドライブデコーダを使用した人はたぶんいないと思います。少し苦労してできましたので、E 42の減光操作の場合のデフォルトから変えたCV値を何かの参考のため記載しておきます。G社サイトで入手する一部のマニュアル通りの入力では、意図しない発光設定となることもあり、要注意。
 【結論】 CV38=0→64, CV49=0→8, CV50=16→24, CV64=64→8(明るさは当方の好み)。

 以上により、F4ボタンで任意に減光します。他のデコーダとほぼ同様のFunction mappingです。初めF3ボタンで担当、と思いましたがF3ボタンは反応しない。一応CV37も0→64としてあります。またCV123の、「停車時自動減光」関連は、32のままいじりません。自動の必要はないし反応も未解明。ストロボやゆらぎも起こせますが当面関係ないです。赤いテールランプに関しては、ドイツの実状を知らないので、とりあえず現状のまま変更なし。といったところです。
 本モデルはF0の前後でヘッドライト、F1、F2で赤色テールを任意点灯となる設計で、使い勝手はよろしいです。G社のデコーダでも予想以上に走行は静粛、円滑で、前回英SLで全然役に立たなかったのとは大違いの好結果となっています。↙
返信


ページジャンプ:


このスレッドを閲覧中のユーザ: ゲスト: 1