スレッドの評価:
  • 回答数:0 平均:0
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
ご相談
#1
拝啓
オープンサウンドデーター223系 三菱、東芝タイプのデーターを書き込むと、ギクシャクした動きになります。
デコーダーはESU LokSound micro5.0、コントローラーは「デジトラックスD-101」「DSair2」
物理的なもの、車輪清掃、レール清掃済みです。

ロクプログラマーにて、音源、CV値すべてを書き込み済みです。

どなたかご教授、お願いいたします
返信
#2
LokProgrammerのバージョンは、何をお使いでしょうか?

LokProgrammer 5.1.0で、スピードカーブが正しく書き込めない不具合が発生したことが報告されており、アナウンスをしております。

詳細:
http://powerele.sblo.jp/article/188153655.html
返信
#3
ご教示ありがとうございます。
現在、ロクプログラマー バージョン 5.0.14を使用しています。
返信
#4
他のデータではギクシャクしないのは確認されてますでしょうか。
返信
#5
確認してみます。
返信
#6
先程、223系オープンサウンドデータ、「BEMF」の設定項目を調べたところ、

「slow speed Back EMF sampling period」
「full speed Back EMF  sampling  period」 共に 2.5ms

「slow speed length of measurement gap」
「full speed   length of measurement gap」共に 0.3ms  

になっていました。

slow speed Back EMF sampling period  を  5ms
full speed Back EMF  sampling  period を 15ms

slow speed length of measurement gapを 1.5ms
full speed   length of measurement gapを 2ms

にそれぞれ修正したところ、ギクシャクが無くなりました。

他のデータは、修正したデータと同じです。
返信
#7
調査頂きありがとうございます。
BEMFは、モーターやギアで設定値を変える必要があります。
元のデータで検証した車両のモータ設定に対して、お使いのモーターとは相性の悪い設定となっていたと推察されます。

この件はオープンサウンドデータマニュアルに参考情報として記載したいと思います。
返信


ページジャンプ:


このスレッドを閲覧中のユーザ: ゲスト: 1