スレッドの評価:
  • 回答数:0 平均:0
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
KATO HOユニトラックの電圧降下対策
#1
メルクリンの、主にアナログ車両を楽しんでいますが、鉄道模型に久しぶりに復帰して最初に入手したのは、KATOのHOゲージのスターターセットでした。
カーブの半径が370mmであるため、限られたスペースで展開可能なのですが、オーバルの一周が高々3m程度なのに、フィーダー線路から数十cm離れると速度が落ちる、つまり電圧降下が大きいことに気づきました。
KATOのユニトラックは、HOとNの両方とも、線路同士の接続にジョイナーを使用しています。これが電圧降下の原因なのでしょうか。

固定レイアウトでなく、遊び終わったら撤収することが前提の「お座敷レイアウト」を前提としていますが、どのような対策が有効でしょうか。

1.DCC化する

これは、このフォーラムの目的からすれば、第1選択となるでしょう。
線路に供給される電圧が一定であるわけですから、電圧降下の影響は少なくできるのでしょうか。
現状、DCC動力車と給電設備を持っていないので、これは、このフォーラムの方々のお話を伺いたいと思います。

2.フィーダー線路を複数使う

配線が複雑になり、お座敷レイアウトの気軽さが損なわれる懸念があります。

3.他社の線路を使う

エンドウニューシステム

カーブの最小半径が大きく、かつ高価(半径600mmで1周6400円)、ポイント線路はより高価で、手動式を選択すると、電動化できないようです。
ブラス模型を運転会で走らせるための線路、でしょうか。

Trix Cトラック

3線式用のメルクリン(Märklin)Cトラックからセンターレールを省いた2線式用線路です。
KATOのユニトラックと異なり、ジョイナーを使わず線路同士を直接接続します。
メルクリンのCトラックを使ってみて、電圧降下が少なかったことから、Trixでも同様の状態が期待できるでしょうか、と考えています。
入手がやや困難で、入手はebayなど、主に海外からの通販に頼ることになりますが、メルクリンを含む外国型鉄道模型の販売店に依頼すれば、取り扱ってもらえる可能性はあるかと思われます。
カーブの最小半径が360㎜と小さく、かつ比較的リーズナブル(海外からの送料込みで1周3000円程度か)です。直線は172㎜のものが10本4500円前後(送料込み)ですが、まとめて購入することで若干コストダウンは可能かと思われます。
メルクリンのCトラックを持っている場合は、左右のレールを短絡している配線をニッパーなどで切断することで、Trix Cトラックのレイアウトに流用可能(引き続き3線式でも使用可能)なようです。

フォーラムの皆様はどのような対策をされているでしょうか。
返信


ページジャンプ:


このスレッドを閲覧中のユーザ: ゲスト: 1