スレッドの評価:
  • 回答数0 - 平均0
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
DCCを日本で普及させるにはどうすれば?
#1
DCCは日本ではざんねんながら普及が進んでません。
走るだけでは物足りないモデラーにとっては、頭の痛い問題だと思います。

せめて、アナログとDCCを共用できるコネクタを標準搭載する仕組みだけでもあれば全く問題ありませんが、それも消極的なメーカーがほとんどです。どうすれば良いか?もう日本で先進的な模型技術で楽しむことは諦めるしか無いのか?いろいろ議論しましょう!

なお私の意見は

・海外の面白いぶっ飛んだ車両をデモして、DCCのギミックをアピールする
・コントローラをどんどん普及させて、敷居を下げる
・デジアナ変換器があれば、多少は変わるかも?
返信
#2
(話半分で)
デジアナ変換機なら、トレインテックみたいに、
https://www.traintech.jp/
トラック拡張パックとポイント拡張パックをつなげていくのでいいんじゃないですかね?
線はDCCでつないげばOKで、
・トラック拡張パックは中身にワンコインデコーダ2つ
・ポイント拡張パックは(誰のでもいいですけど)2chのポイントデコーダを2つ
を中に入れて、
箱をDSAirも揃えて、積み上げるか横に並べるかでシステム的な感じにする。
大きさは値段を考えて、DSMainぐらいかそれ以上が良いかなあと思います。
パワーパックの色は、
・水色はTomix(昔は緑)
・青はKato
・赤は永末システム
・黒はトレインテック
・デジトラックスはチェッカー柄
なので、あと残っている色は黄色と紫と白と灰色ぐらい。
DesktopStationのコーポレートブランドカラーは白ですか?
個人的には、灰緑色3号とか、黄色と黒の縞々の踏切柄かなあ?
返信
#3
スレ建てありがとうございます。

普及を阻む3つの壁があるのではないかと思います。
1、金銭面での壁
2、入手性の壁
3、知識、技術不足の壁

1、金銭面では今は大分お値打ちになりました。
昔ならKATOのDCS50Kで2万円、デコーダーで一両3千円、ポイントデコーダーやloconetでさらなる出費が嵩む、、と
現状は大分変わりましたね。
DSシールド、Arduino互換品でコマンドステーションは実質5千円未満、ワンコインデコーダーで1両500円で済みます。

2、入手性の壁
これは現状でもまだまだ解決できてない問題かと。
DCC製品は入手手段が限られているのが問題なんです。
近所の模型店(それこそ個人経営)でDCC製品を取り寄せできるかっていうと、まず無理ですね。
KATOのフレンドリーデコーダ、良くてKATOが代理店になっているDigitraxの非サウンドデコーダーを入手できれば良い方。
愛知県だと、店頭で購入できるのは
タムタム、大須のジョーシン、岡崎のモデルバーン(欧州専門なので)位でしょうか。
これでもまだ恵まれてる方で地方都市だと壊滅的でしょう。
慣れれば通販でも構わないんでしょうけど、最初に手を出すのは店頭でのアプローチが必要なのかなあと。
ESU?なんですかそれ?造形村が採用してなかったら視界にすら入ってなかったんじゃないでしょうか。

3、知識、技術の壁
日本で入手できるDCC関連書籍は現状、
DCCマニュアル2009(赤本)、DCCで楽しむ鉄道模型(青本)、DCCで楽しむ鉄道模型サウンド応用編(黄本)の3冊でしょうか。
逆に言えばそれしかないです。
自動運転に関しての関連書籍は無いので1冊欲しいところです。
LOCONETにJRMIでPC制御と思ってたら、日本初のDesktopstationで出来てしまいますね。
技術の壁としては、現状はんだ付け必須、
ワンコインデコーダを作るにしても、フラックス、20Wのはんだごてに極細の小手先、表面実装用の0.6mm未満のはんだ等、
部品以外の出費がかかりますし、最初は歩留まり半分行けば良いところではないでしょうか?
スマイルデコーダは完成品としてのR6nが入手できるようになってようやく普及の段階になりましたね。
Atmega328のはんだ付けはもうやりたくありません(笑)
返信
#4
最大のボリュームゾーンのNゲージにはチョット辛いですが、アナログ<>DCC両方の橋渡が出来るドッチーモも忘れないでください・・・
DCC/DC自動切り替えアダプタ2
返信
#5
(05-21-2018, 11:23 PM)MECY : 最大のボリュームゾーンのNゲージにはチョット辛いですが、アナログ<>DCC両方の橋渡が出来るドッチーモも忘れないでください・・・
DCC/DC自動切り替えアダプタ2

スイッチサイエンスから入手出来ます。
https://www.switch-science.com/catalog/3639/
返信
#6
ポイントだけDCC化のススメ。

DCC化をためらう理由の一つに、車両にメスを入れたくないって理由が挙げられるのではないでしょうか?
自分の愛車が動かなくリスクを背負うのは嫌だし、中古屋に売るときだって改造扱いとして買い叩かれますし。

だったら、ポイントレールだけでいいからDCC化してみたら?というのが今回のご提案です。
デスクトップステーションにはレイアウト作成モードがあります。
ポイント切り替えをCTC制御盤みたいにモニター操作で行える。
T社往年のコントロールパネルブロックみたいじゃないですか!
これだけでもDCC化する価値はある!と断言できます。

これからもパワーパックの横にポイント切り替えスイッチを
横に数珠つなぎにしてガチャガチャやりますか?

グラフィックは改良の余地有りですね。
T社コントロールパネルみたいに白地に黒色の線路とか、CTC制御盤みたいな色合いとか。
ユーザーが自由にモードを切り替えできたら良いかなあと。
返信
#7
本来 ビール片手に する議論かもしれません。秋のミーティングの肴にしましょう。楽しみです。

まず「メーカが作らないから、ユーザーはDCCを買わない」「ユーザーが買わないから、メーカーが作らない」という議論は、「鶏か卵か」論法です。全く生産的ではありません。

また、鉄道模型人口の中には、レイアウト作製を本業にする人、転売目的で所有する人、純粋コレクターな人が、多数含まれています。運転を目的としないこれらの趣味人に、DCCは無用の長物です。したがって、DCCの母集団は、運転を楽しむ趣味人に限定されます。メーカーが作らない現状においては、「運転本業で」*「ハンダが使え」*「パソコン嫌いでない」と3つの積の算式によります(笑)母集団でさえ、大変厳しいですね。これも議論の前提です。

普及に書籍がない?。
これは事実です。「とれいん」がDCC記事を連載したのは2013年6月が最後。以後5年音沙汰なし。
しかしながら 今 DCCの情報を求めとするなら、書籍を頼るより、ネット(動画・ブログ・個人サイト)を使うはずです。書籍の有無は、DCCの普及に影響しません。
同様なのですが、「入手模型店がない」といのも疑問。ネット検索で、デコーダーも車両もあたりがつきます。それが「その人の求めるズバリな模型」かは、さておき、DCCサウンドを搭載した模型は、通販で手に入ります。

普及には、動画が絶対です。
静止画では、サウンドもギミックも、伝わりようがないのです(だから 書籍じゃダメなんです)
また、静止画は、模型の細密主義(そのつくりこみいいね)を助長します。この路線で言えば、デコーダーがちらつくなんて“とっても恥ずかしい”のです。これで、NゲージDCC工作が 至難の業 になってます。(レイアウトを走らせて、音でが出てしまえば、・・・んなこと 注目されないのに)

さらに 普及には、ONライン(ネット)より OFFライン(リアル)が有効です。
サウンドボックスの無能さは、模型と音源が乖離してしまうことです。購入者の多くが 動画に上げていますが、リアルに遊んで、初めて気がついたようです。過ぎ去った模型の後、サウンドだけが聞こえる、それじゃ幽霊動画だと。だからまあ カメラワークが大変なこと。OFFラインで、DCCの車載サウンドを見とけばねぇ・・・。ONラインで動画にだまされちゃったね。同情しますと 声をかけたくなります。

最後に 普及には、「高度な電子技術」は要りません。
LED点灯を例にしましょう。アナログでは、常点灯はできても、単純に「消すこと」すらできません。いわんや点滅おや です。Lちか、アルデュイーノの「始めの一歩」ですよね。アナログは、なにもできないから、製作費の安さが売りになり、テープLEDイイネ なんてことになってる。とっても貧相です。デジタル世界から見れば。
ギンギラギンにフル点灯なブルートレインなんて、アンリアルの”極み”なんです。眠れないじゃないですか(笑)夕刻はフル、宵の口は
部分点灯、真夜中は”方向幕とデッキ” 朝は全消灯。これ DCCの出番でしょ!
頑迷はアナログモデラーに ひと泡吹かしてあげればよいだけです。
返信
#8
とりあえず、議論のたたき台用に、DCCの紹介スライドをアップデートしました。

http://buin2gou.sakura.ne.jp/sblo_files/...n_rev1.pdf

まだいろいろ拡充が必要なので、「こんな内容足してみれば?」とか、画像や動画のリンクの掲載OK!といった、フィードバックをよろしくお願いいたします。

何か、説明するにしても、こういったPDFの資料の方が、文字を見るよりも直感的かなと思います。
返信
#9
デスクトップステーションの「線路配置」の解説をPDFに入れて欲しいですね。

初めてのDCCコントローラーがKATO(Digitrax)DCS50Kとかで、
ポイントの切替はアドレスを指定して切り替える?
だったら普通にスイッチでええやん。って古い知識のまま引きずってる人とかいそうですし。

ハードとソフト、どちらも一緒に提供できているってのは強みです。
ポイント操作がGUIで出来る。これを宣伝しないのは勿体無い。
返信
#10
日本でDCCが入り始めた当初に自分が欧州のコマンドステーション自作サイトのデータやプログラムを利用させてもらって製作したシステムを、職場の模型クラブで披露したときもパソコンを使っていたことや半田付け必須な状況を見て、端っから自分には無理と言っていた会員が多数居たので、「パソコン使わない」「半田付けさせない」「簡単に思わせる」「導入が安く済む」などは重要かなと思います。
返信


ページ移動:


このスレッドを閲覧中のユーザー: ゲスト2人