スレッドの評価:
  • 回答数:0 平均:0
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
DSair2 デバッグの部屋
#1
DSair2の開発期間(10/1~12/初)での公開デバッグを行っています。
本スレッドにて、バグ報告や、意見などを議論していきます。

・回路図、アートワークなどはこちら

http://powerele.sblo.jp/article/184646795.html

・スケッチはこちら

Rev.a
http://buin2gou.sakura.ne.jp/sblo_files/...ir_r2a.zip

・既知の問題

CV値読み出しが遅い(と言うか共有メモリアクセス頻度をあまり上げたくない)
ポイント状態データの配信実装がまだ全然出来ていない
希に車両がスタートダッシュしてたので線路電源オン(SetPower)でリセットパケット(全デコーダ初期化指令)を投げるように変更したが未評価
返信
#2
バグではなく、余力があれば改善したほうがいい内容です。
FlashAirを差し込む際に、少し上向きの角度で入れようとするとSDカードホルダに納まらないまま外して、ケースの中に入り込んで焦ることがあります。ケース挿入口からSDカードホルダまでの間になんらかのカードレールの様な外れ防止の対策が必要かと思います。
返信
#3
「Arduinoファームウェア&FlashAirアプリ r2b」で下記の事象が発生します。

発生ケース:
CV Write→CV Read でDsair2の全機能が停止します。
LED消灯 、リセットボタン→LED消灯のまま。
アプリは操作できます。
電源アダプタを抜いて、再セットすると復帰します。

デコーダ:
ワンコインデコーダ
返信
#4
ありがとうございます。心当たりがたくさんあります(汗
早速修正に着手します。

■追記

原因は、CV Writeの後に、ウォッチドッグの最大時間を1秒に変更する処理が入っているためでした。
CV Readは1秒以上かかるので、ウォッチドッグが作動し、機能停止としておりました。

次のリリースで修正します。
返信
#5
Yaasanさま

ご対応ありがとうございます。
「Arduinoファームウェア&FlashAirアプリ r2c」で
CV Write/Readの不調が解消されていることを確認できました。

よろしくお願い致します。
返信
#6
Yaasan様

本日キットが届き”DSair2 KITの紹介&組み立て手順”のビデオを見て組み立てました。
並行輸入品のW04のUpdateを行ない、DSshieldFlashAir_r2c のSD_WLANをコピーしました。
DSshieldFlashAirのスケッチをArduinoIDE 1.8.3でNanoに書き込みました。
Timeout=3000000の追記をして、GALAXY S9に接続し、動作させました。

DSAir2のデバックに参加させて頂きます。

DSshield、s88-N と Desktop Station でのPC動作させているレイアウトにて
DCCの出力をDSAir2に差し替えてC56、DD51、EF65の3車両をCAB Screen
で走行させることが出来ました。 やったー。
この後問題発生です。
Accessory、Layoutのどちらも画面は連動して切り替わりますが、12個の
ポイントが動きません。
NuckyさんのFPM Decoder2 を6個使用してます。

これからSD_WLANを入れなおして、入力したLayoutを消してみます。

皆様、よろしくお願いします。
返信
#7
CV Readの仕様についてです。以下のケースで再現性があります。これは仕様でしょうか?

事象が発生するケース:
同じCV No をCVReadで読みだすと初回は読み出せますが、2回目以降は読み出し動作がかからないように見えます。
例えばCVReadでCV1を読み出したい時
1回目、車両Aは微動して読み出せます。
そのまま続けてCV1を読みだすそうとすると、車両Aは微動しません。ただし同じ車両のため画面上のCV値は同様で見た目は正しいです。
次にCV値の異なる車両Bに変えてCVReadすると、微動せず前の車両AのCV値のままの表示です。
車両Aに戻して、読み出しをCV2に変えてCVReadを行うと微動してCV2の値が読み出せます。
次にこのままCV1を再び読み出すと車両が微動してCV1の値が読み出せます。
事象をまとめると、同じCV Noで連続してCVReadを行うと、1回目は読み出せるが、2回目は以降は読み出し動作をしていない。但し読みだすCV Noを変える、もしくはPower ON/OFFを行うなど違う操作を挟むとCV Readが機能する。

ファームRev
r2c

デコーダ
ロクハンA053/059
返信
#8
ポイント制御が動作しない件です。

解決はしてませんが、電圧の問題かも知れません。

テスターのACモードでDSAir2の出力電圧を見ると10.3Vでした。
今までのDSshieldの出力電圧は12.2Vで、低くなってました。

入力電源としてKATOのD102のACアダプタ(15V/3.3A)と
YaasanさんのACアダプタ&フィーダ線セット(12V/2.0A)を使用して
見ましたがどちらも同じ数値でした。(これも不思議ですが...)
どちらのACアダプタでも、DSshieldだと動作する。

YaasanさんのACアダプタ&フィーダ線セット(16V/4A)も
今日、届いたのに別の所に... 試したいが残念。

うーん、中古の安定化電源を買おうと思っていた。 
こういう時や普段の安心に必要だ!!!

今、レイアウトには7列車が乗っていて、負荷が大きいのかな。
あれ、待てよ、Point Decoder2のLEDも切り換わっていないのは
ポイントの駆動電圧が足りないのとは別の話の気がする。
もう少し調べます。

ああ、判りました。

・既知の問題

CV値読み出しが遅い(と言うか共有メモリアクセス頻度をあまり上げたくない)
ポイント状態データの配信実装がまだ全然出来ていない
希に車両がスタートダッシュしてたので線路電源オン(SetPower)でリセットパケット(全デコーダ初期化指令)を投げるように変更したが未評価

ポイントはまだですね。
返信
#9
製作中(スケッチ書き込み)での躓き報告です。 

Arduino IDEのバージョンによるとは思いますがArduino Nanoを選択しポートを新たに認識したポートへ変更してDSair2用ファームスケッチを書き込みする際に失敗するので確認した所、プロセッサ選択の部分があり、これをデフォルトのATmega328PからATmega328P (Old Bootloader)へ変更したところ書き込みできました。

当方のIDEはバージョン1.8.7ですが古いバージョンだとまた違うかも知れません。
返信
#10
>ポイント不動

ポイントが動かない件ですが、もし同じ出力配線上に7車両も居れば、電圧降下がかなり発生しているはずです。
ただし、DSshieldとDSair2の差異は、ドライバーICの違いですが、同一シリーズなのでそれほど大きく挙動が変わるわけでは無いと思うのですが・・・。
一応、Nuckyさんに確認してみます。

>CV 読み出し

FlashAirの共有メモリの受け渡しで、メモリアクセス時に同じデータが書かれた場合は無視する処理を入れています。これが悪さをしているようで、Arduino側で対策をいくつかやってますが薄いので、Webアプリからダミーコマンドを入れて対策しようと思います。
返信


ページジャンプ:


このスレッドを閲覧中のユーザ: ゲスト: 2