ユーザ用ツール

サイト用ツール


dsservo

DSservo decoder

DSservo decoderは、DIPスイッチでアドレスを設定でき、VRボリュームでサーボモータの位置やスピードをコントロールできる NMRA DCC規格に準拠したポイントデコーダです。腕木式信号機、踏切、ポイントマシンなどにお使いいただけます。コマンドステーションは各社のものをご利用いただけます。

重要な告知 DServoのRailCom環境下での不具合について

buin2gou.sakura.ne.jp_sblo_files_powerele_image_dsservo1-thumbnail2.jpg

特徴

本デコーダは、よくあるサーボポイントデコーダにはない、世界でも類を見ない多くの特徴を持っています。
大規模ジオラマを扱うハイアマチュア、プロ向けに痒いところに手が届く特徴となっております。

  • DIPスイッチでアドレス設定可能。故障時の交換が容易。
  • ボリュームで簡単に位置・速度調整可能(サーボ1のみ、CV設定不要)
  • 2つのサーボを制御可能(サーボ2はCVで設定します)
  • DCC端子が2系統あるので、カスケード接続が簡単
  • 中心にM3の取り付け穴があるのでレイアウトへの固定が容易
  • リレー出力も2系統搭載
  • オープンソース、回路図も公開。電子工作やプログラミングに自信のある方は改造してオリジナルデコーダに!

鉄道模型芸術祭2017のNGPブースにて腕木式信号機を本ポイントデコーダで制御しました。2日間・10時間以上の連続動作でも問題なく動作しました。組み込んだ方は、CVの設定は一切しておりません。ドライバー一本ですべての設定を行っています。

buin2gou.sakura.ne.jp_sblo_files_powerele_image_2017theatre_7-thumbnail2.jpg

説明書

PDF形式で、サーボポイントデコーダの取扱説明書を配布しています。

ファームウェア

オープンソースとなっております。以下のファームウェアで、中のソフトを更新したりカスタマイズすることができます。 なお、ご自分で改造された場合には、サポートは一切承りませんのでご注意ください(Desktop Station Forumでユーザー間での情報交換を制約するものではございません)

Rev 変更日 URL 更新内容
R9 2018/5/15 URL CV47を追加(同時動作)
R8 2017/5/9 URL 個別アドレス設定への対応(説明書0.3と連動)
R7 2017/4/29 URL サーボのステップ数を25ms間隔(40回/秒)から、8ms間隔(125回/秒)に向上

販売

※RailComを使用すると、電流消費の多いモータで電圧不足となる報告があります。ご注意ください。

DSservoデコーダは頒布再開済です。

サーボモータは付属しませんので、秋月電子で販売されているサーボモータ等を利用する前提とし、各自で調達をお願いします。なお、相性や動作保証、可動範囲の調整に関する問い合わせは対応致しかねます。デコーダに搭載しているコンデンサの容量が小さいため、超小型のサーボを使用することを推奨しています。もしくはコンデンサの増強を検討ください。

デコーダとコマンドステーションを繋げる配線は、2.54mmピッチのピンフレームから自作するか、電子工作ショップで売られている市販のケーブルをご利用ください。

商品 価格 備考
デコーダ単品 1個 2280円/pcs

購入は、Desktop Station部品頒布から行えます。

buin2gou.sakura.ne.jp_sblo_files_powerele_image_dsservo2-thumbnail2.jpg

回路図

基板アートワーク

使用事例

サポート

組み立て方法、使用方法、利用や他社製品との組み合わせによるトラブルなどの質問は、デジタル鉄道模型フォーラムをご利用下さい。メールでの個別対応や、ツイッターでDesktopStation公式のアカウントが運用されていますが、ツイッターのDMでのサポートは受け付けておりません。ご了承ください。

上記の組み立てや使用方法の相談を除く、個別のサポートが必要な初期不良・故障・修理のご相談は、以下のメールアドレスまでお知らせ下さい。

dsservo.txt · 最終更新: 2021/04/28 11:35 by yaasan