ユーザ用ツール

サイト用ツール


eventscript_template_cross

文書の過去の版を表示しています。


テンプレート2: 交互運転

EventScriptのページに戻る, DSソフトのTOP

交互運転の例が以下に記載されています。スクリプトの例はそのまま、デスクトップステーションのスクリプト画面上にコピーアンドペーストできます。 この例では、2つの機関車、ポイント、センサーレールを使用します。機関車はMM2の3と72、ポイントは5と6、センサーレールはS88デコーダの1と2に割り当てられていますが、これらはエディタ画面上とスクリプトで自由に変更できます。

Station A

この例では、機関車のアドレスは72でMM2プロトコルを使用します。S88センサアドレスは1となっています。

DESKTOPSTATION,SCRIPT,2013
SPEED,0,64,0
WAIT,10,0,0
SPEED,0,0,0
ACCESSORY,5,0,0
ACCESSORY,6,0,0
WAIT,30,0,0
SPEED,3,256,0
EXIT,0,0,0

Station B

この例では、機関車のアドレスは3でMM2プロトコルを使用します。S88センサアドレスは2となっています。

DESKTOPSTATION,SCRIPT,2013
SPEED,0,64,0
WAIT,10,0,0
SPEED,0,0,0
ACCESSORY,6,1,0
ACCESSORY,5,1,0
WAIT,10,0,0
SPEED,72,256,0
EXIT,0,0,0
eventscript_template_cross.1528151398.txt.gz · 最終更新: 2018/06/05 07:29 by yaasan