ユーザ用ツール

サイト用ツール


layout_route

文書の過去の版を表示しています。


Route, Layout

ルート機能とは

ルート機能は、レイアウト機能を拡張して追加された機能で、複数のポイントの開通制御や、信号制御、在線検出を考慮した簡単に制御が行えます。

ルートの追加方法

ルート信号機ごとにルートを割り当てることを原則としています。左側のシンボル一覧から、ルート信号機を選択して、レイアウト上に配置します。

編集画面:

ルートの編集方法

左のシンボル一覧の一番上の右側にある鉛筆シンボルを押して編集モードに切り替え、マップに配置したルート信号機シンボルをダブルクリックすると、編集画面が出てきます。

ルートを追加する場合は、Addボタンを押してルートボタンを追加します。ルートに関連するポイント、S88センサは右側のリストで登録します。S88が0か1か、ポイントが直進(GREEN)か分岐(RED)かを1つまたは複数登録できます。新宿駅のように複雑なルートは、非常に長くなると思いますが、その辺の駅レベルであればそうでもないと思います。 開通したとき、未開通の時に連動して信号機を切り替えられるように信号機アドレスを設定できます。アドレスを0に設定した時は、信号機との連動は行われません。

ルート設定画面:

ルートアイテムの編集方法

画面の説明

ルートアイテムには、条件の種類、アドレス、分岐の方向(もしくは状態、フラグ値)、演算子を設定します。 条件の種類は、アクセサリ(ポイント、信号機)か、S88在線検出器、フラグから選択できます。

演算子

演算子(Op)はルートアイテムとの論理演算を行う演算子を設定します。たとえば、No.1, 2, 3, 4が 1 AND 2 OR 3 AND 4となるように設定するとなると、以下のようにルートアイテムを編集します。

No. Op
1 NOP
2 AND
3 OR
4 AND

演算の優先順位は、AND>ORですので、ANDを先に演算した後にORが演算されます。よって、1 AND 2 = Aと、3 AND 4 = Bが先に演算され、そのあと A or Bが演算されます。

ルートの操作方法

左のシンボル一覧の一番上の左側にある矢印シンボルを選択すると、レイアウト・ルート操作モードに切り替わります。 ルート信号機が緑の時は、ルートが開通していることを表しています。赤色の時は、開通していません。なお、ルートの設定で在線検出も考慮している場合でルート上に車両が在線中の場合、ポイントが開通状態になったとしてもルート信号機は緑になりません。

運転操作画面:

ルート設定例

Marklinのポイント(MM2)を、Adr.1,2に割り当てています。日本型信号機デコーダは、Adr10-11, Adr12-13にそれぞれ割り振りました。

  • ルート0: ポイント1&2が直進、かつS88の50番が非在線のとき開通となるように設定
  • ルート1: ポイント1&2が分岐、かつS88の51番が非在線のとき開通となるように設定

レイアウト図:

実際の構成:
buin2gou.sakura.ne.jp_sblo_files_powerele_image_routetest4-thumbnail2.jpg

認識の様子:

layout_route.1471750532.txt.gz · 最終更新: 2016/08/21 12:35 by yaasan