ユーザ用ツール

サイト用ツール


loksound5microkato

ESU LokSound5 micro DCC KATO

ESUが販売する、KATOのDCCフレンドリー対応車両向けDCCサウンドデコーダのESU 58731 LokSound5 micro DCC Direct Kato Japanについて、情報をまとめたwikiです。ESUやKATOの非公式のまとめ情報であり、情報に間違いがある可能性があります。注意の上、内容をお読みください。

ここに掲載された内容の転載は禁止します。

地域別の差異について

アメリカ・オセアニアで販売されているESU 58731は、欧州よりも安価な価格ですが、スピーカーが付属していません。 ヨーロッパで販売されているESU 58731は、スピーカーが付属します。同じ型版ですが、地域別にスピーカーの付属の有無が異なっているので、入手経路で差異があることをご理解の上、購入くださいませ。

特徴

ESU 58731 LokSound5 micro DCC Direct Kato Japanの特徴は以下の通りです。

  • 車両に搭載できるDCCサウンドデコーダ(音が出せるDCC車載用デコーダ)であること
  • 世界的にも普及しているESU社のLokSound5シリーズであること
  • KATOのDCCフレンドリー対応車両であれば、装着できる
  • オープンサウンドデータのサウンドデータを利用できる
  • 日本で販売されているコマンドステーションで問題なく動かせる

Nゲージの日本型鉄道模型を簡単にDCCサウンド化できます。つまり、模型から音を出すことができます。

商品の中身

EU(ヨーロッパ)版(ESU直販版)と、アメリカ・オセアニア版(ESU LLC販売)で内容が異なります。下記はEU版のパッケージとなります。

説明書ドイツ語です。英語版はESU社のホームページからダウンロードできます。
デコーダ本体EU版: スピーカーはんだ付け済み、エンクロージャは自分で接着の必要あり
US版: スピーカーが付属しません。エンクロージャも付属しません。
エンクロージャ(EU版のみ)切り取った後、接着剤を使ってスピーカーに接着します。エンクロージャがないと音がスカスカになります。
厚みは車両のスペースなどを考えて何枚接着するか調整しましょう
LokSound5シール車両の箱に貼っておくと、デコーダが入っていることが分かりやすくなります。

このほかに、LokProgrammer(サウンド書き込みツール。持っていない場合は模型店に相談しましょう)、コマンドステーション、車両(DCCフレンドリー車)、レール、フィーダ線等が必要です。

対応車両とサウンドデータ

こちらでまとめています。

サウンド書き込み方法

以下のマニュアルや資料を提供しています。

入手方法

日本では一部の鉄道模型店が輸入して販売しています。基本的には、輸入する方法が安価となります。価格はおおよそ9000円~12000円とばらつきがあります。

  • EURO LOK SHOP(アメリカ) ※在庫は取り寄せになる場合があります。購入前に事前に在庫を問い合わせると良いです。
  • lippe (ドイツ) ※安心な海外通販。在庫管理もしっかりしています。ちょっと高め。
  • モデルランド田中

DCCフレンドリーはKATOが特許を有しているため、DCCフレンドリー対応のデコーダを輸入して販売すると、権利侵害となる恐れがあります。ただし、噂によると鉄道模型の小売店には行使しないとの裏情報を複数のソースから得ております。なおDesktopStationは小売店ではないので、権利行使されるリスクもあることから販売・頒布面では一切、DCCフレンドリー対応LokSound5にはタッチしません。本ページはあくまでも、自分で使用するために購入したデコーダ等を元に、情報をまとめているのみとなります。

ESUがKATO社からDCCフレンドリーのライセンスを受けていると表明すると、特許はESUが販売した時点で消尽したと言えるので売ることは問題なくなります。しかし、海外ではKATO社の特許は効力を有しない(海外出願していない)ので、ESUがわざわざ表明する意味もないことから、曖昧な状態が続いています。

搭載方法

差し込むだけです。表裏があるのと、スピーカーの配線をどうするかは車両によって異なりますので、ご自身で事前にご検討ください。

以下のブログ等で紹介されています。

DCCフレンドリー対応車両ではない車両に入れる実験的な記事は以下の通りです。

ライト関連の配線

ライト配線例を2つ、以下に掲載します。

1つめは、DCCの標準的配線方法です。抵抗とLEDが必要な回路で、DCC標準対応の車両は、この配線が車両に装着済みとなっています。

2つめは、日本のアナログ車両で主流のライトユニット(=両極性タイプのライトユニット)に、両極性基板という変換基板を使ってDCCデコーダにつなげる方法です。

注意事項

下記の注意事項は必ずお読みください。読まずに作業を行うことで、要らぬトラブルを招く場合があります。

  • デコーダには表裏があります。間違えるとデコーダが故障します。
  • デコーダを装着する車両側のダイキャスト(金属)部分は念入りに絶縁しましょう。デコーダを差し込んでも、通常時は接触することはありませんが、何らかの原因でデコーダやカバーが外れると、ショートのリスクがあります。
  • 振動などでショートがしやすい、下記のデコーダのコンデンサ部分の絶縁も重要です。カプトン(ポリイミド)テープで絶縁することでリスクを抑えられます。
  • デコーダを載せる集電板付近の高さと、デコーダの部品の高さがダイキャスト部と干渉し、うまく接触できないケースがあります。ダイキャストの精度によっては、集電板の高さをかさ上げするなど、調整が必要な場合があります。
  • スピーカーの端子部分(配線がはんだ付け済み)にも絶縁処理をするか、車両に設置する場合には接着剤やテープで固定しましょう。スピーカーの磁力によって、線路に接触し、ショート・デコーダの破壊を招くケースが散見されます。
  • デコーダの装着による接触不良や、車両とレール間の接触不良・集電不良・通電不良に注意。
  • モータとデコーダを繋ぐ丸い板バネは、曲がって接触が悪くなるケースがあります。ASSYパーツで購入する必要があります。型番は不明ですが、ホビセン(落合南長崎のKATO総本山の直売店)で見たことがあります。
  • 不動になった場合、CV8に8を書いてリセットしたり、LokProgrammerで書き直すと直る場合もあります。

困ったときは

質問事項は、デジタル鉄道模型フォーラムにどうぞ。

DesktopStationは、ESUの代理店です。当方で取り扱いのデコーダは、サポートさせていただきます。上記のカプトンテープの作業は必須事項となりますので、状況にかかわらず実施してください。

なお、KATOとの関係は一切ございません。

loksound5microkato.txt · 最終更新: 2021/08/15 22:16 by yaasan