ユーザ用ツール

サイト用ツール


traino_histry

TRAINO Product history

"TRAINO"はTRAINとマイコン開発システムのarduinoとの造語です。arduinoを入手してから現在まで開発した主な製品をご紹介します。

2011-1 arduinoの派生製品である japanino(学研・大人の科学)を入手

2012-3 “Tiny-Traino”としてATtiny10を使った道路用信号機を開発、一号機を蕨鉄道に寄贈。

2012-6 初めてのTRAINO車両、DD51をiphone(赤外線通信ユニットL5remote利用)で動かす。

2013-1 フジミモノレールのリモコン走行化を実施する。

2013-5 KATO /Digitrax D101を購入、DCCを開始。

2013-11 ホビートレイン製品 IC2000用にAttiny10を使ったファンクションデコーダを開発する。

2014-7 KATOターンテーブルのリモコン化を行う。

2016-4 Nuckyさんワンコインデコーダを導入する。

2016-11 電子工作連合 DCCFest(白金台)に参加。

2019-8 MT54サウンド公開に合わせて、ExpBoard ECを開発。

2019-9 ExpBoard ECを汎用化したEC-Slimと初代リレーデコーダを開発

2020-4 SL-S3/6,SL-C57/C59を開発

2020-6 TGV用ExpBoardを開発

2020-7 EC-タイプFを開発

2020-8 EL-タイプHを開発

2020-9 AYANOさんのHOローラー運転台を参考に、N用ローラー運転台を開発

2020-11 DL-タイプF、PitIn-SN(ローラー運転台用スピードメーター)を開発

2021-4 PitIn-PC(車両型スピードメーター)を開発

2021-5 レイアウトデコーダ-KP(KATO16ポイント用デコーダ)を開発

2021-8 EXP-NANOを開発

2021-9 Slim651を開発

traino_histry.txt · 最終更新: 2021/09/26 13:29 by henohenomoheji