OPEN SOUND DATA - our concept and regulation

Our concept

Desktop Station is DCC manufacturer in Japan. We are cooperating with DCC related groups, an company of model railway.

その活動の中で、高品質なDCCサウンドのデータを個人で開発されている方がいらっしゃることが分かりました。しかしながら、そのデータは諸事情により一般には公開されていないという現状も知りました。そこで、そのデータをうまく公開できるように援助し、一般に広く利用してもらい、DCCの良さ・楽しさを発信して、DCCの普及に貢献していきたいと考えるに至りました。

そこで、DesktopStationでは、DCC向けのサウンドデータを作成されているクリエイターに資金的な援助や協力を行い、著作権的に完全に問題の無いデータを元に作成していただき、その成果物を無償(フリー,使用料無料)で、国内の日本型DCCユーザーに提供していくために本ページを開設いたしました。

ここで公開されているサウンドデータは、DesktopStationがスポンサーとして資金・協力金を提供し、クリエイターとの契約に基づき、公開させていただいております。Webにアップロード、雑誌付録DVD等でのデータの再頒布は固く禁止させていただきます。問い合わせがありましても、許可を出す事はございません。紹介する際には、当ページへのURL https://desktopstation.net/sounds/を、記載ください。本ページはリンクフリーです。リンクの掲載は許可が必要無く、URL情報をWeb、または誌面等に掲載することができます。

オープンサウンドデータを作成する際に、音についての著作権・著作隣接権についてまとめましたので、ご一読願います。

Regulation

You (user) shall agree this regulation if you want to use OPEN SOUND DATA(this sound data).

  • User can use this sound data for free of charge.
  • User can not sell DCC decoder programmed this sound data.
  • User can customize this sound data but you need to provide your customized sound data and contact us when you want to distribute cusomized souda data.
  • Creator has copyright of sound data. If you customized the sound data,
  • If you have model railway business, you can provide this sound data programming service. However, you need to get permission by Desktop Station before starting sound data programming service. Your service can earn incomes by end user but the price shall be disclosed clearly in your web page or your store.
  • Do not link sound data url directly. Please link this url (https://desktopstation.net/sounds/).
  • Do not distribute this sound data. User can only download this sound data on this page.
  • Desktop Station contact:
    contact

    Sound Data files for ESU LokSound V4, 5 series.

    How to program OPEN SOUND DATA

    OPEN SOUND DATA uses ESU's LokSound V4 and Lok Sound 5 series. If you want to write this data to your LokSound, please check ESU's instruction manual. You can easily write sound data using LokProgrammer and your PC.

    Sound volume, locomotive motor parameters are following to LokSound. Please check LokSound Manual.

    Desktop Station does not support how to use and trouble shooting. please access Japanese Digital Model Railway Forum.

    Update history

    List od Sound Data

  • 1st JNR C11 tank locomotive
  • 2nd JNR old Electronic train
  • 3th Diesel DMH15 series train

  • 1st JNR C11 tank locomotive

    Creator: No.147@hankyabu_01

    This sound data aims to fit the plastic / die-cast C11 of Tenshodo HO model. When the author was living in Ibaraki, he took photos of C11-325 from nearby Moka often and also record a lot of sound sources.

    Function Assignment
    F1: Sound ON/OFF F2: Short Whistle (Random 5 type)
    F3: Long Whistle (Random 5 type) F4: Shift Mode
    F5: Heavy Load F6: slow mode
    F7: Sound volume adjustment F8: Curve Squeal
    F9: Air Pump(Fast) F10: Air Pump(Slow)
    F11: Conductor's whistle F12: Coal feeding sound
    F13: Exhaust sound F14: Safety valve

    Note:
    Click CV write button after programming sound data.

    Sound Data file (ESU LokSound V4, 5 series):
    DOWNLOAD (2.2MB, ver.3.00, Mar 16, 2019)

    DOWNLOAD (1.8MB, ver.2.00, Jan 1, 2019)Detail info of old ver.

    Youtube Demonstration movie:

    2nd JNR old Electronic train

    Creator: MB3110A@zhengdao_X

    The sound of a suspension motor that I can not hear nowadays. Just by listening to this sound, I remember the distant days for some reason ... The ESU sound decoder provides me the wish that a nostalgic suspension motor sound would be an active part forever. The sound source is based on Tobu 3050 series, adding various operation sounds such as old-type auxiliary equipment.
    Suitable for KATO HO Kumoha 12, Kumoha 40, TOMIX HO Kumoni83, TOMIX 70 series train.

    Function Assignment
    F1:パンタ上げ、MG起動*1 F2:Whistle
    F3:Brake test(停車時) F4:ATS/ATS test
    F5:HeavyLoad*2 F6:コンプレッサー強制起動
    F7: Sound volume adjustment F8: Rail Joint sound
    F9: Not used F10: Flange sound*3
    F11:Shift (loco stopping) *4 F12: Door open and close(Bell)
    F13: Door open and close(Hand whistle) F14: Not used
    *1 After running MG, AUX1 room light will output ON.
    *2 均衡速度での加速音
    *3 速度に合わせて3段階の音
    *4 F12/F13でドア閉め時の発車ベル・手笛省略に使用。

    Information:
    旧型国電タイプのサウンドデータは、RM MODELS(RMM) No.283 2019年3月号(2019年1月末発売)のP144の記事「吊り掛け音が唸る模型はいかが?~クモハ12 052にDCCサウンドを搭載してみた~」に連動しています。この記事で紹介されているサウンドが、ここで無料で公開しているサウンドデータと同じものとなります。

    Sound Data file (ESU LokSound V4, 5 series):
    DOWNLOAD (3.0MB, ver.1.21, Jan 21, 2019)

    Youtube Demonstration movie:

    3th Diesel DMH15 series train

    Creator: MB3110A@zhengdao_X, Tochigi Sogo sharyojo

    This sound is based on DMF15HSA diesel engine of JR kiha 40 series.
    The opportunity to hear the sound of the original engine was reduced by the vehicle renewal due to the renewal of the engine and the deterioration, and I wanted to save the movement with the model, and I created the sound recorded with Mr. MB3110A. It would be nice if it could be run while making the diesel sound sound.
    Required the diesel engine start operation as the real one, the actual operation version of this sound data provides the actual equipment operation such as ATS confirmation operation and forward direction switching. Of course, if you do not operate according to the same procedure as the actual vehicle will not travel well.Please enjoy realitic sound and control operation of diesel train.

    Suitable for Tramway's and U-Trains, Endoh's kiha40, kiha47, kiha48, kiha183 of DMF15 series diesel engine sound.

    ファイル名に_tramwayが付いたものは、トラムウェイ動力に最適化済みのデータです。付いていないものはキヤノンモータ動力(U-TRAINS等)に調整されています。

    Instruction(PDF):
    Instruction for typical use
    Instruction for experts

    Function Assignment
    F1: Sound F2: Whisltle
    F3: Room light(AUX1) F4: ATS/ATS test
    F5: Emergency brake*2 F6: Heavy Load
    F7: Sound volume adjustment F8: Rail Joint sound
    F9: Not used F10: Flange sound
    F11: Shift(loco stopping) F12: Door open -> Announce -> Door close
    F13: Brake test for stopping F14: Shift(走行時)
    F15: Announcement for getting on and off F16: Door open -> Bell1 --> Door close
    F17: Door open -> Bell2 --> Door close F18: 強制閉扉(トリガー)
    *1 We have cold start mode. Please refer Instruction PDF in Detail.
    *2 Suddenly stop function. Reset procedure is required. Please refer PDF in Detail.

    Sound Data File(ESU LokSound V4, 5 series):
    DOWNLOAD (15MB, ver.2.3, Apr 11, 2019)

    DOWNLOAD (7.2MB, ver.1.3, Mar 21, 2019)

    Youtube Demonstration movie:

    The other MP3 sounds for DSair2, smart phones, PC etc.

    Japanese MP3 file

    Sound Pack JAPAN R3 (Mar 20, 2014) DOWNLOAD (3MB)

    日本国内で録音した、電車の通過音や踏切の音などが入っています。

    Germany MP3 file

    Sound Pack GERMANY (Mar 20, 2014) DOWNLOAD (63MB)
    This German sound package is provided by wolfgang. Thanks a lot!

    ドイツで録音された、車内アナウンスや、駅のアナウンス、警笛、動物、機器の音が大量に含まれています。

    Q & A

    Q. 友人がLokProgrammerを保有していないので代わりに書き込みたい

    あなたが模型店や模型に関する業務に携わっておらず、無料で友人のデコーダにサウンドデータを書き込む場合には、許可は不要です。ご自由に書き込みしてください。もし、あなたが模型店や模型に関する業務に携わっていて、生業として書き込むサービスを提供する場合(無償・有償に関わらず)は、許諾を得てください。

    Q. 模型店をやっています。許諾に費用はかかりますか。

    許諾について、費用は一切頂きません。書き込みサービスを行う旨のご連絡をいただき、問題が無ければ数日中に許諾をいたします。不払いや粗悪な作業、オークションでの高額転売といった業者様が希にいらっしゃいますので、確認作業をさせていただいております。
    また、許諾の際には、DCCの普及活動に貢献していただくことも合わせて、協力をお願いいたします。

    Q. 模型店・模型メーカーです。売り物として販売したい。

    事前に許諾を得てリストに登録した上で、商品説明においてサウンドデータは本ページのものを使用していることを掲示し、さらにサウンドデータ自体の価値を価格に反映しないことを条件に許諾をさせていただきます。販売の際には、事前にご一報ください。

    Q. お店(博物館)のジオラマ・レイアウトに使用したい

    事前に許諾を得た上で、当方のサウンドデータを使用している旨を公知活動目的に利用できることを条件に許諾をさせていただきます。計画段階で、事前にご一報ください。なお、当社が把握している代金不払い等の悪質行為を繰り返すジオラマ・レイアウト業者と、その業者と関係のある方の利用は、一切、お断りいたします。

    Q. サウンドデータを改造してオリジナルを作りました。販売して良いですか。

    本ページのサウンドデータを用いて改造したものは、あなたのオリジナルのデータではなく二次著作物になります。データの改造は許可されていますが、あなたに著作権が移行したわけではありません。販売する事ができず、本ページの利用規約に則って、本ページで無償で再頒布させていただく形となります。

    Q. どうやって組み付ければ良いか分からない

    組付け例があります。ご参考下さい。他に組付け例をご紹介しているサイトなどがありましたら一報下さい。

    Q. Locomotive address missing.

    Kiha 40's address is 40. The other sound data address is 3. Please read CV1.

    Q. 音量が小さいので調整したい

    CV63をCV書込み機能(プログラミング機能)で書き換えてください。デフォルトはサウンドデータによって異なります。1~192で設定でき、100%音量は128です。192は150%音量となります。試しながら、好みの値に設定してください。 なお、運転中に音量を調整する場合には、F7をON/OFFを繰り返すと一時的に音量を小さく調整できます

    Q. ○○のサウンドデータを提供して欲しい

    ユーザーからの要望や意見は、一切受け付けておりません。こちらの品質基準に満足する、代表的なサウンドをクリエイター様と協議しながら掲載しております。

    Q. ○○のサウンドデータを作ったので掲載して欲しい

    音は全て自分で録音し、著作権に問題の無い、サウンドデータでありましたら、詳細にお話しをさせて頂きます。なお、当社以外にも有識者を交えて、サウンドデータの品質確認を行わせて頂きます。

    Q. アナログで動かせますか?

    PWMパワーパックでは安定して動作しないケースがあります。ピュアなDCのアナログパワーパック(ピュアアナログアダプタを含)で動かす場合、LokProgrammerでデータ調整が必要です。つきましては、オープンサウンドデータの搭載された車両をアナログ環境で動かすことは可能ですが、全てのアナログパワーパックで動くことの保証は行っておりません。自己責任にて使用下さい。お問い合わせを頂いても、対応はお断りさせていただきます。なお、登録模型店の独自のサポートがある場合もありますが、オープンサウンドデータ公式の動作保証をしているものではありません。なお、一部のパワーパック(特殊なPWMパルスを出すタイプ)ではアダプタを使用しても正常に動作しないことが報告されています。

    Q. LokSoundV4のmicro等に書き込めますか?

    LokSoundV4には、無印・micro・XL・M4がありますが、どれにも対応しているとのことです(LokProgrammerで調整してくれるとのこと)。

    Q. LokSound SELECTに対応していますか?

    廉価版であるSELECTシリーズは、自由にサウンドデータの書込みができません。SELECTシリーズのデコーダは使用しないでください。

    Q. LokSoundは色々ありますが、どれが良いですか?

    LokSoundには、無印・micro・XL・M4がありますが、日本型に組み込む場合には、microしか選択肢はありません。N向けですが、日本型車両はデコーダ搭載を考慮した設計にされていません。よって、ディテールを保つためには小型のものが必要です。日本型HO(16番)のプラスチック製車両でしたら、microでも何も問題はありません。機能の差異も日本型では影響ありません。

    Q. どこでサポートや疑問・質問できますか?

    メールでは受け付けておりませんので、デジタル鉄道模型フォーラムの「オープンサウンドデータを語る」スレッドをご利用ください。デジタル鉄道模型フォーラムは無料で利用できます。
    また、有志がオープンサウンドデータの相談会・試聴会を開催する場合がありますので、イベント情報などにもご注目ください。イベント情報等は、DesktopStationの中の人のプライベートブログ「電機屋の毎日」にて公開します。

    オープンサウンドデータの管理・運営

    オープンサウンドデータは、Desktop Stationと、DCC鉄道管理局・DCC意見交換会(@jdccrab)の共同運営となっております。

    Go to top.