TOPに戻る

第二弾・旧型国電タイプ(吊り掛け)サウンドデータ

提供者 MB3110A@zhengdao_X様

今では身近で聴くことの出来ない吊り掛けモーターの音。この音を聴くだけで何故か遠い昔日を思い出す…どこか懐かしい吊り掛け音がいつまでも現役であって欲しいという願いをESUサウンドデコーダは叶えてくれました。音源は東武3050系の走行音をベースに旧型の補助機器等、各種動作音を付け加えて汎用性の高い物に仕上げております。
KATO HOのクモハ12, クモハ40, TOMIX HO クモニ83, TOMIX 70系電車に最適です。

ファンクション割り当て:
F1:パンタ上げ、MG起動*1 F2:警笛
F3:ブレーキ試験(停車時) F4:ATS・ATS確認
F5:HeavyLoad*2 F6:コンプレッサー強制起動
F7:音量 F8:レールジョイント音
F9: × F10: フランジ音*3
F11:Shift(停車時)*4 F12:ドア開閉(発車ベル)
F13:ドア開閉(手笛) F14:×
*1 MG起動後、室内灯用出力のAUX1がON
*2 均衡速度での加速音
*3 速度に合わせて3段階の音
*4 F12/F13でドア閉め時の発車ベル・手笛省略に使用。

お知らせ:
旧型国電タイプのサウンドデータは、RM MODELS(RMM) No.283 2019年3月号(2019年1月末発売)のP144の記事「吊り掛け音が唸る模型はいかが?~クモハ12 052にDCCサウンドを搭載してみた~」に連動しています。この記事で紹介されているサウンドが、ここで無料で公開しているサウンドデータと同じものとなります。

サウンドデータファイル(ESU LokSound V4, 5シリーズ向け):
DOWNLOAD (5.3MB, ver.1.21b, 2019年7月2日更新)

Youtube デモ動画:


TOPに戻る

Go to top.