ユーザ用ツール

サイト用ツール


dsair2_fullkit

DSair2 の始め方

TOP

DSair2 をお買い求めの方は、本ページを参照し、立ち上げを行ってください。

機器を準備する

DSair2を使用するには、以下の物品が必要です。

  • DSair2本体
  • FlashAir W-04 16GB(DSair2本体に差し込みます)
  • UNITRACK用フィーダ線
  • ACアダプタ(たとえば12V/2A)

buin2gou.sakura.ne.jp_sblo_files_powerele_image_dsair2_allinonepack1-thumbnail2.jpg

配線する

まず、付属のフィーダ線をコネクタにネジ止めしましょう。-(マイナス)の精密ドライバーを用意してください。なお、UNITRACKではない線路をお持ちの方は、別途、フィーダ線を購入し、線を好きな長さにカットして、被覆を剥いて使用します。

次に、フィーダ線とDSair2をつなげます。

最後に、付属のACアダプタをDSair2に差し込んで、準備完了です。

線路につなげる

線路を準備しましょう。ここでは、KATOのHO UNITRACKを例にして進めます。

線路の上には、まずはDCCデコーダを搭載した車両を1つだけ、載せましょう。また、線路はよく磨き、接触不良がないようにします。

buin2gou.sakura.ne.jp_sblo_files_powerele_image_mthpiko_1-thumbnail2.jpg

電源を入れてみる

以下のように、RUN LEDが点滅したら正常です。

なお、自分でSDカードを抜いて、指し直した場合に差し込みが正しくないと、以下のようにRUN LEDが点滅します。 いったん、電源を抜いて、カードをさしなおしてください。

スマートフォンをDSair2につなげる

ここでは、Androidタブレット(Huawei製)をつなげる操作を行います。基本的には、iOS機種も同様です。

ホーム画面から”設定”を選択します。

車両を動かしてみる(DCC)

実際に、DCC車両を動かしてみましょう。アドレスは3とします。

ポイントを動かしてみる

DCCデコーダに接続されたポイントを動かしてみます。

を押します。

アナログ車両を動かしてみる

実際に、アナログ車両を動かしてみましょう。最初の画面で、パワーオンボタンは押しません。 RUN LEDが、ゆっくり点滅していることを確認します。

のボタンを押すと、以下の画面に切り替わります。

さいごに

DSair2には、まだまだ多くの機能が搭載されています。 ほかの説明書を参照し、鉄道模型をもっと楽しく活用しましょう。

dsair2_fullkit.txt · 最終更新: 2019/02/03 13:33 by yaasan