ユーザ用ツール

サイト用ツール


isp_update_program

ATMEGA328P-PUのアップデート

DSblueboxや、Desktop Station Air、ミント缶、DSmainR5, R5.1で使用しているATMEGA328P-PU(DIPタイプのマイコン)は、自分でアップデートできます。使用するのは、以下の部材です。

Arduinoには、大きく2つの書込方法があります。管理者ブログで、ブートローダとの話としてご紹介しています。

buin2gou.sakura.ne.jp_sblo_files_powerele_image_bootloader_shield2-thumbnail2.jpg

ここではATMEGA328P-PUを、Arduino UNOとしてUART経由で書き込みできる機能を無効化して、直接、書き込んでしまうやり方を紹介しています。

buin2gou.sakura.ne.jp_sblo_files_powerele_image_bootloader_shield1-thumbnail2.jpg

(1) Arduino UNOには、Arduino ISPスケッチ(Arduino IDEに含まれる)を書き込む
(2) メニュー)ツールの書き込み装置を「Arduino as ISP」にする。(ArduinoISPだとうまく動かないので注意)
(3) メニュー)ツールのブートローダを書き込む を押す。ATMEGA328P-PUをクリアするイメージです。数十秒して下部に書き込みが終わった旨のメッセージが表示されればOKです。

(4) 「書き込み装置を使って書き込む」を使って書き込むと、ライターシールドに差し込まれたATMEGA328P-PUに書き込みができます。通常の「マイコンボードに書き込む」やツールバーの→のボタンでは、ライターシールド上には書き込みできませんので注意が必要です。

(5) ATMEGA328P-PUを基板に差し込む。切りかけの位置を確認ください。

isp_update_program.txt · 最終更新: 2018/07/26 20:46 by yaasan