ユーザ用ツール

サイト用ツール


traino_sound

DCCサウンドをたのしむ【Nゲージ編】

Nゲージでサウンドを楽しむ方法としては、やはりサウンドボックス(KATO製品)が一般的かと思います。でも、やはり車両がら音をだしたいですね。その要求に応えるように、KATOから車載搭載可能なスピーカーユニットが発売されたようですが、これでも満足できない方もいるかと思います。

そうなると、やはりDCCの出番です。HOゲージと同様、サウンドデコーダ(Locksound5シリーズ」に日本型の「オープンサウンドデータ」を書き込んで使うのが最適です。しかしながら、サウンドデコーダとスピーカーを狭いNゲージの車体に搭載するのは、難易度が高めです。それを手助けするのが、TRAINOの「ExpBoard」となります。

参考:オープンサウンドデータについての詳細は、こちらを参照願います。

Loksound5について

Nゲージに搭載可能な、サウンドデコーダ(Loksoud5)をご紹介します。写真の一番左は、「Loksound5 MICRO」で多くのTRAINO Expboadはこちらに合わせて設計しています。

中央は最近発売された 「 LokSound 5 micro DCC Direct Kato (58731)」となります。こちらの対応車種は最新の電車、気動車の一部に限定されますが、ExpBoardなしでも簡単に取り付けできます。(DCCフレンドリ製品は、DesktopStaionさん取りまとめページを参照願います。)

一番右は、Loksoud5 NANOで、現在一番小さいシリーズです。TRAINOでは、前記MICROで搭載できなかった車種に利用できるExpBoaradを提供しています。MICRO、NANOとも、本体を覆ったシュリンクを剥いてTRAINO製品に装着して使います。

参考:ESU社Loksoundについての詳細は、メーカーホームページを参照願います。 備考:LokSound 5 micro DCC Direct Kato USA(ESU 58741)については、入手出来次第ご紹介予定です。

TRAINO ExpBoardについて

TRAINOのExpBoardは、以下のコンセプトで設計しています。

  • 作りやすさの追求:

Nゲージ車内の工作となりますので、無駄な配線があっただけも、車内を圧迫し正常に組み付けできなくなります。車体側の改造もなるべく楽になるように考えています。組み立てる順番も考えて、はんだ付けパッドレイアウトを決めています。

  • 車内でも目立たないような設計:

なるべく窓ガラスから見えないような搭載事例をご紹介しています。特に室内灯を点灯させたときに影になってしまわないように気を遣っています(ただし、すべての車種で完璧な対応をするのは困難です)。EC-Slimでは、室内灯ユニットのLEDの位置を最適化し、また配線を削減できるようにしています。

  • 豊富なラインナップ:

オープンサウンドデータにあわせて、多くの車両にあうように、汎用(EC-slim)、SL用、EL用などでKATO専用ボードを準備しています。

ExpBoardについての詳細は、こちらをご覧ください。(一部準備中です) https://desktopstation.net/wiki/doku.php/expboardecn https://desktopstation.net/wiki/doku.php/traino_sl

備考:EXP-NANOについても準備ができ次第追記します。

TRAINO ExpBoad選定方法(電車、気動車)

電車、気動車のDCCサウンド搭載方法の選定についてまとめました。

まず、DCCフレンドリ製品については、DCC Direct KATOが一番適切です。ただし、デコーダの絶縁に気を使うなどの注意点は必要です。またEC-Slimを使うてもあります。メリットは、NECT18規格のサウンドデコーダを使い回しできること、追加配線を行わずに室内灯制御ができること、またヘッドライト、テールライトの配線を屋根から取り出せることになります。

また、DCCフレンドリ製品以外(3極スキューモータ)のものはEC-タイプFを使われることをお勧めします。簡単にすませたいなら、床下のコネクタ付きEC-タイプF上にデコーダを装着します。ただし、床板をくり抜く加工が必要だったり、デコーダーが窓から見えたりする課題もあります。可能であれば、コネクタなしEC-タイプFと室内灯ユニット部分に取り付けたEXP-NANO2を配線でつなぐ方法をお勧めします。

なお、その他のケースはすべてEC-Slimを使った方式になります。モーターの配線改造に慣れが必要かもしれません。

オープンサウンドデータ搭載事例

オープンサウンドデータを使ったNゲージDCCサウンド搭載事例です。Loksound5 Microを搭載します。EC-Slim以外の加工例も追加しました。

オープンサウンドExpBoard説明
第一弾・C11 蒸気機関車EXP-NANOLoksound5 NANOで搭載しました。なおC11の音源は公開終了となったため、C57用を書き込んでいます。
第二弾・旧型国電タイプ(吊り掛け)EC-Slimクモハ52(M車)で確認済です。
第三弾・キハ40系ディーゼル車EC-SlimTOMIXキハ40で確認済
第四弾・MT54・国鉄近郊型EC-SlimKATO113系の取り付け例で確認済みです。
第五弾・MT54・国鉄急行・特急型EC-SlimKATOモハ485の取り付け例、等で確認済みです。KATO・TOMIXの185,457/475,485,581/583すべてで対応できます。
第五弾・MT54・国鉄急行・特急型EXP-NANO2KATO583系の取り付け例で確認済みです。
第六弾・京王1000系(2代目) 東洋GTO VVVFEC-Slim手持ちなく未確認
第6.1弾・京急600形 東洋GTO VVVFEC-Slim手持ちなく未確認ですが、マイクロ2100形からして問題ないと思います
第6.2弾・阪急8300系 東洋GTO VVVFEC-Slim手持ちなく未確認
第6.2弾・京成3700形 東洋GTO VVVFEC-Slim京成の手持ちはありませんので、 相鉄9000系(1)相鉄9000系(2)相鉄9000系(3)にて確認しました。
第七弾・東武8000系EC-Slim手持ちなく未確認
第八弾・東武6050系EC-Slim手持ちなく未確認
第九弾・E233系EC-Slim発売予定のKATO埼京線にて確認予定
第十弾・C58 蒸気機関車SL-C58確認済み(走行方向逆)
第11弾・E231系EC-SlimKATO製品に搭載予定、問題はないかと思います。
第12弾・E209系EC-Slim 手持ちなく未確認
第13弾・東急1000系EC-Slim手持ちなく未確認
第14弾・DML30HSE キハ183系EC-Slim ラディさんによりTOMIX製品搭載済、雲山さんの記事も参照ください。
第15弾・DMH17 キハ82系EC-SlimKATOキハ82系の取り付け例で確認しました。ANAビックスニーカーの取り付け例で確認しました。
第16弾・DML30HSE キハ181系EC-SlimKATO製品搭載予定、問題はないと思います
第17弾・伊豆急100系 クモハ100形EC-Slim 手持ちなく未確認
第18弾・E233系 近郊型EC-Slim KATO製品搭載予定、問題はないと思います
第19弾・一般型気動車 DMH17C 縦型エンジンEC-Slim 手持ちなく未確認
第20弾・一般型気動車 DMH17H 横型エンジンEC-Slim キハ58を参考にしてください。
第21弾・一般型気動車 DMF15HSA EC-Slim手持ちなく未確認
第22弾・一般型気動車 DMF15HSA 晩年ワンマン仕様EC-Slim 手持ちなく未確認
第23弾・キハ216系 DMF13HZA EC-Slimマイクロエース製品で確認済,キハ261系(1)キハ261系(2) 
第24弾・E233系EC-Slim KATO製品に搭載予定、問題はないかと思います。
第25弾・キハ110系EC-Slim キハ110に搭載しました。
第xx弾・285系オリジナル サンライズエクスプレスに搭載しました。
第xx弾・キハ283系EC-Slim スーパーおおぞらに搭載しました。先頭車は、PetitDecoder-KOを取り付けできます。
その他EC-Slim 第26弾以降、多くのJR-EAST、JR-WESTその他多くの私鉄電車向けサウンドが公開されています。手持ちがあれば確認を進めます
C57SL-C57/D51 C57D51に搭載しました。
C58SL-58 C58に搭載しました。
C59SL-C59/C62 C59に搭載しました。
9600SL-9600 9600に搭載しました。
8620SL-C57/D51 8620に搭載しました。
EH200ELタイプH EH200EH500に搭載しました。
DF200DLタイプF DF200に搭載しました。※音源はオープンサウンドデータではありませんが、加工事例として紹介します。
EF81EXP-NANO ED75_700番台に搭載しました。※音源は若干違いはあるかもしれませんが、加工事例として紹介します。

ESU社サウンドライブラリ搭載事例

ESUサウンドライブラリのNゲージでの搭載事例です。Loksound5 Microを搭載します。

ライブラリ名ExpBoard説明
S3/6(DB)SL-S3/6Minitrix S3/6に搭載しました。
TGV/SNCFEC-タイプTTGV Lyriaで搭載しました。
TGV/SNCFEC-タイプTTGV Réseauで搭載しました。
Re450/SBBメーカー標準Fleischmann Re540で搭載しました。
ABe8/12/RhBLoksound-KATOKATO アレグラで搭載しました。

参考:ESU社サウンドライブラリは、こちらを参照願います。

nagoden MP3サウンドデコーダ対応

名古屋電鉄様MP3サウンドデコーダを使ったNゲージ搭載事例です。オープンサウンドデータではございません。

サウンド種別ExpBoard説明
EL用 京急ドレミファサウンドV6SE京急1000形に搭載してみました。現在のバージョンはSIEMENSドレミファインバータ(新1000系)を模したものです
EL用 京急ドレミファサウンドV6京急2100形に搭載してみました。現在のバージョンはSIEMENSドレミファインバータ(新2100系)を模したものです
DL用サウンドEC-タイプF+V6キハ30(M車)に搭載してみました。
traino_sound.txt · 最終更新: 2021/09/05 09:41 by henohenomoheji