OPEN SOUND DATA - 頒布の趣旨と注意事項

オープンサウンドデータの頒布の趣旨について

Desktop Stationは、オープンなデジタル鉄道模型の制御ソリューションを提供する立場として、日本国内におけるDCCの普及活動を、DCC電子工作連合と、この活動に賛同していただいているサークル・団体・個人ユーザーの皆様と共に進めております。

その活動の中で、高品質なDCCサウンドのデータを個人で開発されている方がいらっしゃることが分かりました。しかしながら、そのデータは諸事情により一般には公開されていないという現状も知りました。そこで、そのデータをうまく公開できるように援助し、一般に広く利用してもらい、DCCの良さ・楽しさを発信して、DCCの普及に貢献していきたいと考えるに至りました。

そこで、DesktopStationでは、DCC向けのサウンドデータを作成されているクリエイターに資金的な援助や協力を行い、著作権的に完全に問題の無いデータを元に作成していただき、その成果物を無償(フリー,使用料無料)で、国内の日本型DCCユーザーに提供していくために本ページを開設いたしました。

ここで公開されているサウンドデータは、DesktopStationがスポンサーとして資金・協力金を提供し、クリエイターとの契約に基づき、公開させていただいております。Webにアップロード、雑誌付録DVD等でのデータの再頒布は固く禁止させていただきます。問い合わせがありましても、許可を出す事はございません。紹介する際には、当ページへのURL https://desktopstation.net/sounds/を、記載ください。本ページはリンクフリーです。リンクの掲載は許可が必要無く、URL情報をWeb、または誌面等に掲載することができます。

オープンサウンドデータを作成する際に、音についての著作権・著作隣接権についてまとめましたので、ご一読願います。

注意事項・頒布のルール(利用規約)

本ページでは、サウンドデータをダウンロードした方、利用する方を"ユーザー"と記述します。
本ページで公開されているサウンドデータをダウンロードもしくは入手した場合には、本利用規約に同意したものとします。

  • ユーザーは、本ページに掲載されているサウンドデータを無料で自身の保有するDCCデコーダに書き込んで、利用することができます。
  • もし、このサウンドデータ自体を有償で、もしくは書き込まれたデコーダや搭載車両を本来の価格を超える金額で受け取った場合には、販売した者に返金請求しなければなりません。また、不正にサウンドデータを販売目的で利用した者の詳細な情報をDesktopStationに通知しなければなりません。
  • ユーザーは、本ページのサウンドデータを改変することは可能です。ただし、そのデータを不特定多数の他人に渡す行為や、Webやその他の媒体を通じて再頒布を行う際にはDesktopStationまで連絡を行い、本ページの中で配布しなければなりません。また、利用規約をそのまま適用しなければなりません。
  • 頒布されるサウンドデータを用いてデコーダに書き込む行為、または書き込んだデコーダ自体・もしくはデコーダを搭載した車両の販売を、生業(ビジネス)の一環として行うユーザー(企業または個人事業主、個人)は、書き込みを実施するサービスを開始する旨を事前に、DesktopStationに許諾(無償)を得るために連絡をしなければならない事、書き込みを有償サービスで実施する場合には作業金額を店舗内またはホームページで明示すること、サウンドデータまたはそのサウンドデータ自体によって発生する価値に相当する費用・代金を、最終的に支払う顧客に対して請求・上乗せしないこと、を制約事項として設けます。なお、過去の経緯や評判、与信情報、その他の情報から、DCC普及活動に貢献しない、もしくは公序良俗として不適切と判断される場合には、サウンドデータの利用を許可しない・許可を取り消す場合があります。
  • 本ページのサウンドデータファイルへの直接リンクを禁止します。リンクは必ず本ページに行ってください。
  • 本ページのサウンドデータファイルの他のページへの転載、DVD等の媒体での不特定多数への頒布を禁止します。許可は出しません。
  • サウンドデータを不正に利用した業者・個人事業主が、不正利用の補償について解決に応じない場合、業者の名称・住所・代表者の名前を不特定多数の場で掲示することをダウンロードもしくは入手の時点で了承したものとします。
  • サウンドデータの著作権は放棄されていません。利用規約に則って、使用しなければなりません。
  • Desktop Station連絡先:
    contact

    許諾済 鉄道模型店・関連企業・個人事業主リスト

    更新日: 2019年8月31日

    店名 住所 URL 商品 書込サービス
    モデルランド田中 横浜市港北区篠原北2-12-18 URL LokSound,
    LokProgrammer
    有償・サービス提供中
    鉄道模型の店「亀屋」 大阪市浪速区日本橋3-6-22 布谷ビル7F (最寄駅 各線 難波,日本橋,恵美須町) URL (販売商品なし) 有償・書込サービス提供のみ
    レイリズム
    (マイツ合同会社)
    神奈川県川崎市多摩区
    (お問合せはメールでお願いします)
    URL - 有償の模型車両へのデコーダ搭載・書込みサービス
    MODELS SHIMA 目黒区目黒(Web販売) URL LokSound 書込サービス実施予定,準備中
    DesktopStationShop Web販売 URL LokSound5 micro 書込済デコーダの販売,
    調整・サポート無

    ご登録を希望される模型店・メーカーの方は、当社までご連絡ください。登録は無償です。DesktopStationは皆様のデジタル鉄道模型ビジネスを応援します。

    Desktop Station連絡先:
    contact

    ESU LokSound V4, 5シリーズ向け音データ

    サポートされているデコーダ

    LokSound5, LokSound5 micro, LokSound 5 DCC, LokSound 5 micro DCC
    LokSoundV4, LokSoundV4 micro (第一弾~第三弾までと、第四弾と第五弾の一部のみ)
    ※SELECTシリーズや、V3.5等は対応していません。ご注意ください。

    デコーダの入手・書き込み方法について

    LokSound V4や LokSound 5 サウンドデコーダは、ドイツ・ESU社から発売されており、国内でも代理店や模型店が販売しています。海外ショップからの輸入でも入手可能です。 書き込み方法については、有志が頒布しているLokProgrammer スタータガイドをご覧下さい。

    そのままでは、音量が小さかったり、加速や最高速度が、好みに合わないかも知れません。オープンサウンドデータは、LokSoundデコーダの標準的な設定が可能な設計になっています。CVの設定などについては、英語ですが、LokSound Manualを参照ください。
    CVの一覧表は、CV LIST(PDF)を参照ください。

    なお、DesktopStationでは、サウンドデータの利用に関するサポートなどは一切行っておりません。アドバイスが必要な場合、質問がある場合には、デジタル鉄道模型フォーラムをご利用ください。

    更新履歴

    サウンドデータの一覧

  • 第一弾・C11 蒸気機関車
  • 第二弾・旧型国電タイプ(吊り掛け)
  • 第三弾・キハ40系ディーゼル車
  • 第四弾・MT54・国鉄近郊型
  • 第五弾・MT54・国鉄急行・特急型
  • サウンドデータのデフォルトCVの一覧表: CV LIST(PDF)


    汎用向けサウンドデータ(DSair2やスマホ、PC等)

    日本型・MP3ファイル

    サウンドパック・日本版 R3 (Mar 20, 2014) DOWNLOAD (3MB)

    日本国内で録音した、電車の通過音や踏切の音などが入っています。

    ドイツ型・MP3ファイル

    サウンドパック・ドイツ版 (Mar 20, 2014) DOWNLOAD (63MB)
    This German sound package is provided by wolfgang. Thanks a lot!

    ドイツで録音された、車内アナウンスや、駅のアナウンス、警笛、動物、機器の音が大量に含まれています。

    Q & A

    Q. サウンドを書き込む機器の入手や使い方が分からない

    ESUのLokProgrammerのハードならびにソフトが必要です。LokProgrammerのハードは、日本国内では2万円前後ですが、ドイツから輸入すると1万数千円少々で購入可能です。ACアダプタは、付属品はプラグ形状が違うため日本国内では使用できませんが、代替品としてDesktopStationのコマンドステーションで推奨しているものがそのまま使用できます。
    LokProgrammerのソフトは無償でESUのホームページからダウンロードできます。なお、Windowsでしか動きません。Macは非対応です。
    LokSoundデコーダへの書込み方法は、車両に組み付けた状態で、線路を通じてサウンドデータ書込みが行えます。またLokProgrammerはコマンドステーションのように使用することもできます。
    詳細は、本ページに掲載のPDFマニュアル(日本語)を参照ください。

    Q. 友人がLokProgrammerを保有していないので代わりに書き込みたい

    あなたが模型店や模型に関する業務に携わっておらず、無料で友人のデコーダにサウンドデータを書き込む場合には、許可は不要です。ご自由に書き込みしてください。もし、あなたが模型店や模型に関する業務に携わっていて、生業として書き込むサービスを提供する場合(無償・有償に関わらず)は、許諾を得てください。

    Q. 模型店をやっています。許諾に費用はかかりますか。

    許諾について、費用は一切頂きません。書き込みサービスを行う旨のご連絡をいただき、問題が無ければ数日中に許諾をいたします。不払いや粗悪な作業、オークションでの高額転売といった業者様が希にいらっしゃいますので、確認作業をさせていただいております。
    また、許諾の際には、DCCの普及活動に貢献していただくことも合わせて、協力をお願いいたします。

    Q. 模型店・模型メーカーです。売り物として販売したい。

    事前に許諾を得てリストに登録した上で、商品説明においてサウンドデータは本ページのものを使用していることを掲示し、さらにサウンドデータ自体の価値を価格に反映しないことを条件に許諾をさせていただきます。販売の際には、事前にご一報ください。

    Q. お店(博物館)のジオラマ・レイアウトに使用したい

    事前に許諾を得た上で、当方のサウンドデータを使用している旨を公知活動目的に利用できることを条件に許諾をさせていただきます。計画段階で、事前にご一報ください。なお、当社が把握している代金不払い等の悪質行為を繰り返すジオラマ・レイアウト業者と、その業者と関係のある方の利用は、一切、お断りいたします。

    Q. サウンドデータを改造してオリジナルを作りました。販売して良いですか。

    本ページのサウンドデータを用いて改造したものは、あなたのオリジナルのデータではなく二次著作物になります。データの改造は許可されていますが、あなたに著作権が移行したわけではありません。販売する事ができず、本ページの利用規約に則って、本ページで無償で再頒布させていただく形となります。

    Q. どうやって組み付ければ良いか分からない

    組付け例があります。ご参考下さい。他に組付け例をご紹介しているサイトなどがありましたら一報下さい。

    Q. アドレスが分かりません

    キハ40のデフォルトアドレスは40です。なお、C11、旧型国電タイプは、通常のデコーダの初期アドレスの通りで3です。CV1で適宜修正ください。CV1を読めば、設定されているアドレスを確認できます。もしくは、コマンドステーションのCV読み出し機能か、MODELS SHIMA等で販売されているアドレスチェックツールを利用する方法もあります。

    Q. 音量が小さいので調整したい

    CV63をCV書込み機能(プログラミング機能)で書き換えてください。デフォルトはサウンドデータによって異なります。1~192で設定でき、100%音量は128です。192は150%音量(最大)となります。試しながら、好みの値に設定してください。 なお、運転中に音量を調整する場合には、F7をON/OFFを繰り返すと一時的に音量を小さく調整できます

    Q. ○○のサウンドデータを提供して欲しい

    ユーザーからの要望や意見は、一切受け付けておりません。こちらの品質基準に満足する、代表的なサウンドをクリエイター様と協議しながら掲載しております。

    Q. ○○のサウンドデータを作った(カスタマイズした)ので掲載して欲しい

    音は全て自分で録音し、著作権に問題の無い音源を使用したことが必須条件ですが、詳細にお話しをさせて頂きます。なお、当社以外にも有識者を交えて、サウンドデータの品質確認を行わせて頂きます。

    Q. ○○の録音したので提供したい

    音は全て自分で録音し、著作権に問題の無い、サウンドデータでありましたら、オープンサウンドデータの発展のためにも、ぜひとも寄贈をお願い致します。なお著作権(著作隣接権)の譲渡・無制限の使用権の提供・同意をお願いします。

    Q. アナログで動かせますか?

    PWMパワーパックでは安定して動作しないケースがあります。ピュアなDCのアナログパワーパック(ピュアアナログアダプタを含)で動かす場合、LokProgrammerでデータ調整が必要です。つきましては、オープンサウンドデータの搭載された車両をアナログ環境で動かすことは可能ですが、全てのアナログパワーパックで動くことの保証は行っておりません。自己責任にて使用下さい。お問い合わせを頂いても、対応はお断りさせていただきます。なお、登録模型店の独自のサポートがある場合もありますが、オープンサウンドデータ公式の動作保証をしているものではありません。なお、一部のパワーパック(特殊なPWMパルスを出すタイプ)ではアダプタを使用しても正常に動作しないことが報告されています。

    Q. LokSoundV4やLokSound5のmicro等のシリーズに書き込めますか?

    LokSoundV4やLokSound5には、無印・micro・XL・M4がありますが、どれにも対応しています。LokProgrammerで調整してくれます。ただし、LokSound5用に作成されたサウンドデータを、LokSoundV4に書き込むことはできません。

    Q. LokSound SELECTや、LokSound V3.5に対応していますか?

    廉価版であるSELECTシリーズは、自由にサウンドデータの書込みができません。SELECTシリーズのデコーダは使用しないでください。
    またV3.5シリーズにはオープンサウンドデータの書込みはできません。

    Q. LokSoundは色々ありますが、どれが良いですか?

    LokSoundには、無印・micro・XL・M4がありますが、日本型に組み込む場合には、microしか選択肢はありません。N向けですが、日本型車両はデコーダ搭載を考慮した設計にされていません。よって、ディテールを保つためには小型のものが必要です。日本型HO(16番)のプラスチック製車両でしたら、microでも何も問題はありません。機能の差異も日本型では影響ありません。

    Q. どこでサポートや疑問・質問できますか?

    メールでは受け付けておりませんので、デジタル鉄道模型フォーラムの「オープンサウンドデータを語る」スレッドをご利用ください。デジタル鉄道模型フォーラムは無料で利用できます。
    また、有志がオープンサウンドデータの相談会・試聴会を開催する場合がありますので、イベント情報などにもご注目ください。イベント情報等は、DesktopStationの中の人のプライベートブログ「電機屋の毎日」にて公開します。

    オープンサウンドデータの管理・運営

    オープンサウンドデータは、Desktop Stationと有志による運営となっております。

    Go to top.