OPEN SOUND DATA - 頒布の趣旨と注意事項

オープンサウンドデータの頒布の趣旨について

Desktop Stationは、オープンなデジタル鉄道模型の制御ソリューションを提供する立場としてDCCをより楽しくするため、DCC電子工作連合と、この活動に賛同していただいているサークル・団体・個人ユーザーの皆様と共に進めております。

その活動の中で、高品質なDCCサウンドのデータを個人で開発されている方がいらっしゃることが分かりました。しかしながら、そのデータは諸事情により一般には公開されていないという現状も知りました。そこで、そのデータをうまく公開できるように援助し、一般に広く利用してもらい、DCCの良さ・楽しさを発信していきたいと考えるに至りました。

そこで、DesktopStationでは、DCC向けのサウンドデータを作成されているクリエイターに資金的な援助や協力を行い、著作権的に完全に問題の無いデータを元に作成していただき、その成果物を無償(フリー,使用料無料)で、国内の日本型DCCユーザーに提供していくために本ページを開設いたしました。

ここで公開されているサウンドデータは、DesktopStationがスポンサーとして協力し、クリエイターとの契約に基づき、公開させていただいております。Webにアップロード、雑誌付録DVD等でのデータの再頒布は固く禁止させていただきます。問い合わせがありましても、許可を出す事はございません。紹介する際には、当ページへのURL https://desktopstation.net/sounds/を、記載ください。本ページはリンクフリーです。リンクの掲載は許可が必要無く、URL情報をWeb、または誌面等に掲載することができます。

オープンサウンドデータを作成する際に、音についての著作権・著作隣接権についてまとめましたので、ご一読願います。

おことわり

ここで公開してるサウンドデータは、記載の鉄道会社や車両とは何ら関係はございません。あくまでも、記載の車両をモチーフにしてサウンドを作成しており、実車以外のサウンドや、合成された音を多々、使用して作成しております。

実時間に合わせた加減速となっておらず、模型映えを重視した設計となっています。また、細かい形式が異なる、更新前・後など様々な形式があり、それらを全て考慮して作成されたサウンドではございません。気になる場合には、ご自分でカスタマイズしてディテールアップをお願いいたします。

注意事項・頒布のルール(利用規約)

本ページでは、サウンドデータをダウンロードした方、利用する方を"ユーザー"と記述します。
本ページで公開されているサウンドデータをダウンロードもしくは入手した場合には、本利用規約に同意したものとします。

  • ユーザーは、本ページに掲載されているサウンドデータを無料で自身の保有するDCCデコーダに書き込んで、利用することができます。
  • もし、このサウンドデータ自体を有償で、もしくは書き込まれたデコーダや搭載車両を本来の価格を超える金額で受け取った場合には、販売した者に返金請求しなければなりません。また、不正にサウンドデータを販売目的で利用した者の詳細な情報をDesktopStationに通知しなければなりません。
  • ユーザーは、本ページのサウンドデータを改変することは可能です。ただし、その改変したデータを後述する鉄道模型店・模型メーカーが行えるサービスを除き、不特定多数の他人に渡す行為や、Webやその他の媒体を通じて再頒布を行う際にはDesktopStationまで連絡を行い、本ページの中で配布しなければなりません。また、利用規約をそのまま適用しなければなりません。
  • 本ページのサウンドデータを改変することが許容されていますが、改変したデータ単独の販売は行ってはいけません。デコーダへの書込みサービスでの提供、書き込んだ模型の販売が許容されます。なお、販売やサービスを行う際には、オープンサウンドデータをベースに作成したことを顧客に明示しなければなりません。
  • 頒布されるサウンドデータを用いてデコーダに書き込む行為、または書き込んだデコーダ自体・もしくはデコーダを搭載した車両の販売を、生業(ビジネス)の一環として行うユーザー(企業または個人事業主、個人)は、書き込みを実施するサービスを開始する旨を事前に、DesktopStationに許諾(無償)を得るために連絡をしなければならない事、書き込みを有償サービスで実施する場合には作業金額を店舗内またはホームページで明示すること、サウンドデータまたはそのサウンドデータ自体によって発生する価値に相当する費用・代金を、最終的に支払う顧客に対して請求・上乗せしないこと、を制約事項として設けます。なお、過去の経緯や評判、与信情報、その他の情報から、DCCの活動を阻害する、もしくは公序良俗として不適切と判断される場合には、サウンドデータの利用を許可しない・許可を取り消す場合があります。
  • 本ページのサウンドデータファイルへの直接リンクを禁止します。リンクは必ず本ページに行ってください。
  • 本ページのサウンドデータファイルの他のページへの転載、DVD等の媒体での不特定多数への頒布を禁止します。許可は出しません。
  • サウンドデータを不正に利用した業者・個人事業主が、不正利用の補償について解決に応じない場合、業者の名称・住所・代表者の名前を不特定多数の場で掲示することをダウンロードもしくは入手の時点で了承したものとします。
  • サウンドデータの著作権は放棄されていません。利用規約に則って、使用しなければなりません。
  • Desktop Station連絡先:
    contact

    許諾済 鉄道模型店・関連企業・個人事業主リスト

    更新日: 2020年5月24日

    店名 住所 URL 商品 書込サービス
    石田商店 千葉県船橋市夏見台3丁目5-14 1階 URL - 準備中(2020年6月頃を予定)
    モデルランド田中 横浜市港北区篠原北2-12-18 URL LokSound,
    LokProgrammer
    有償・サービス提供中
    鉄道模型の店「亀屋」 大阪市浪速区日本橋3-6-22 布谷ビル7F (最寄駅 各線 難波,日本橋,恵美須町) URL (販売商品なし) 有償・書込サービス提供のみ
    レイリズム
    (マイツ合同会社)
    神奈川県川崎市多摩区
    (お問合せはメールでお願いします)
    URL - 有償の模型車両へのデコーダ搭載・書込みサービス
    MODELS SHIMA 目黒区目黒(Web販売) URL LokSound 書込サービス実施予定,準備中

    ESU LokSound V4, 5シリーズ向け音データ

    サポートされているデコーダ

    LokSound5, LokSound5 micro, LokSound 5 DCC, LokSound 5 micro DCC
    LokSoundV4, LokSoundV4 micro (第一弾~第三弾までと、第四弾と第五弾の一部のみ)
    ※SELECTシリーズや、V3.5等は対応していません。ご注意ください。

    デコーダの入手・書き込み方法・サポートについて

    LokSound V4や LokSound 5 サウンドデコーダは、ドイツ・ESU社から発売されており、国内でも代理店や模型店が販売しています。海外ショップからの輸入でも入手可能です。 書き込み方法については、有志が頒布しているLokProgrammer スタータガイドをご覧下さい。

    そのままでは、音量が小さかったり、加速や最高速度が、好みに合わないかも知れません。オープンサウンドデータは、LokSoundデコーダの標準的な設定が可能な設計になっています。CVの設定などについては、英語ですが、LokSound Manualを参照ください。
    CVの一覧表は、CV LIST(PDF)を参照ください。

    なお、DesktopStationでは、サウンドデータの利用に関するサポートなどは一切行っておりません。代表的な質問はFAQをご覧下さい。アドバイスが必要な場合、質問がある場合には、デジタル鉄道模型フォーラムをご利用ください。

    更新履歴

    サウンドデータの一覧

    ディーゼル・気動車

  • キハ40系ディーゼル車
  • DML30HSE キハ183系
  • DMH17 キハ82系
  • DML30HSE キハ181系
  • 一般型気動車 DMH17C 縦型エンジン(汎用) キハ10/20/55等、小湊 キハ200
  • 一般型気動車 DMH17H 横型エンジン(汎用) キハ81/82/58/52/45/35/23/28等、名鉄キハ8000
  • 一般型気動車 DMF15HSA (汎用) キハ40,47,48等, キハ183/184
  • 一般型気動車 DMF15HSA 晩年ワンマン仕様(汎用)
  • 特急型気動車 DMF13HZA キハ261
  • キハ110
  • 智頭急行 HOT7000系 SD6A125H エクスペリメンタルサウンドデータを参照
  • 電車(国鉄・JR)

    特急型:

  • MT54・国鉄急行・特急型 165,183系等
  • 国鉄(JNR) 781系 交流特急電車
  • 国鉄(JNR) 381系 直流特急電車
  • JRE E257系0番台 VVVF直流特急電車
  • JRE E259系 VVVF直流特急電車 主要機器が共通のE657系にも好適
  • JRE E353系 VVVF直流特急電車
  • JRC 373系,383系(東芝GTO VVVF) ※開発中、エクスペリメンタルサウンドデータを参照
  • JRE E5系新幹線 エクスペリメンタルサウンドデータを参照
  • JRW 500系新幹線 エクスペリメンタルサウンドデータを参照
  • 通勤型他:

  • 旧型国電タイプ(吊り掛け) クモハ12,40等
  • MT54・国鉄近郊型 113,115系,185系等
  • 国鉄(JNR) 211系 直流電車
  • 205系5000番台 (東洋IGBT VVVF)
  • 209系
  • E231系
  • E233系 通勤型
  • E233系 近郊型
  • E235系 通勤型
  • JRW 207系1000番台 東芝GTO VVVF
  • JRW 223系 日立IGBT VVVF
  • JRW 223系 三菱IGBT VVVF
  • JRW 223系 東芝IGBT VVVF
  • JRW 225系 東洋IGBT VVVF
  • JRW 321系 東洋IGBT VVVF
  • 私鉄

  • 東急1000系
  • 東急8500系
  • 東急5050系, 5000系 エクスペリメンタルサウンドデータを参照
  • 東急2020系, 6020系, 3020系 エクスペリメンタルサウンドデータを参照
  • 京王1000系 日立2レベルIGBT VVVF
  • 京王1000系 東洋IGBT VVVF
  • 京王1000系(2代目) 東洋GTO VVVF
  • 伊豆急100系 クモハ100形
  • 京急600形 東洋GTO VVVF
  • 京急 新1000系風 東洋IGBT VVVF エクスペリメンタルサウンドデータを参照
  • 京成3700形 東洋GTO VVVF
  • 東武8000系
  • 東武6050系
  • 阪急8300系 東洋GTO VVVF
  • 近鉄 22000系 三菱GTO VVVF特急電車、エクスペリメンタルサウンドデータを参照
  • 近鉄 22600系・21020系 三菱IGBT VVVF特急電車、エクスペリメンタルサウンドデータを参照
  • 静鉄 A3000 エクスペリメンタルサウンドデータを参照
  • 静鉄 1000 エクスペリメンタルサウンドデータを参照

  • オープンサウンドデータの関連ページ

  • オープンサウンドデータ MP3
  • よくある質問・FAQ
  • 更新履歴
  • オープンサウンドデータの管理・運営

    オープンサウンドデータは、Desktop Stationと有志による運営となっております。

    Go to top.