OPEN SOUND DATA - 頒布の趣旨と注意事項

オープンサウンドデータの頒布の趣旨について

デスクトップステーション(Desktop Station)は、オープンなデジタル鉄道模型の制御ソリューションを提供する立場としてDCCをより楽しくすることをモットーとしています。DCC電子工作連合と、この活動に賛同していただいているサークル・団体・個人ユーザーの皆様と共に、DCCサウンドの発展に貢献するべく、活動を行っております。

DesktopStationでは、DCC向けのサウンドデータを作成されているクリエイターと技術協力を行える環境を構築し、サウンドデータの開発を支えています。その中で、著作権的に完全に問題の無いデータを元に作成していただき、その成果物を無償(フリー,使用料無料)で、国内の日本型DCCユーザーに提供していくために本ページを開設いたしました。

ここで公開されているサウンドデータは、デスクトップステーション株式会社がスポンサーとなり、クリエイターとの契約に基づき、公開させていただいております。本サイト以外のWebサイト等にアップロードする行為、雑誌付録DVD等でのデータの再頒布は固く禁止させていただきます。問い合わせがありましても、許可を出す事はございません。オープンサウンドデータを記事やWebサイト等で紹介する際には、当ページへのURL https://desktopstation.net/sounds/を、記載ください。本ページはリンクフリーです。リンクの掲載は許可が必要無く、URL情報をWeb、または誌面等に掲載することができます。

オープンサウンドデータを使用する際には、利用規約を必ず、ご一読願います。

HOキハ40でのオープンサウンドデータ動作例:

おことわり

オープンサウンドデータでは、ユーザーからのサウンドのリクエスト・要望は受け付けておりません。ただし、ご自身で収録された実車の音データをCC0(CreativeCommon 0)を弊社に対して宣言し、提供頂ける場合には、この限りではありませんが、開発を保証するものではありません。

ここで公開されているサウンドデータの説明書等に記載の鉄道会社や車両、その他略称、名称が書かれておりますが、一切の直接的関係はございません。商標となっている名称が記載されている場合、その名称は商標権を保有する会社のものであり、オープンサウンドデータは権利を有しません。あくまでも、記載の車両や時代、雰囲気を参考として記載しているのみとなります。

ここで公開されているサウンドデータは、許諾の必要がないよう、著作権や著作隣接権の権利の及ばない形で収録・使用しています。権利が有効な、発車メロディの使用や鉄道会社の商標には抵触しないよう、データの作成には十分な注意を行っております。

実時間に合わせた加減速となっておらず、模型映えを重視した設計となっています。また、細かい形式が異なる、更新前・後など様々な形式があり、それらを全て考慮して作成されたサウンドではございません。気になる場合には、ご自分でカスタマイズしてディテールアップをお願いいたします。

許諾済 鉄道模型店・関連企業・個人事業主リスト

更新日: 2021年10月23日

店名 住所 URL 商品 書込サービス
ホビーと用品のEmy 山形県米沢市 URL LokSound Gゲージ向け・サービス提供中
LEVEL UPPER Railroad Models 東京都中野区中野5-52-15
中野ブロードウェイ2F
URL LokSound,
LokProgrammer
有償・サービス提供中
小さな貸しレやさんTb 東京都昭島市松原町2丁目9-2
ダイヤモンドハイツ203
URL 車両レンタル,取付 有償・サービス提供中
石田商店 千葉県船橋市夏見台3丁目5-14 1階 URL LokSound,
LokProgrammer
,ExpBoard等
有償・サービス提供中
モデルランド田中 横浜市港北区篠原北2-12-18 URL LokSound,
LokProgrammer
有償・サービス提供中
鉄道模型の店「亀屋」 大阪市浪速区日本橋3-6-22 布谷ビル7F
(最寄駅 各線 難波,日本橋,恵美須町)
URL LokSound 有償・書込サービス提供のみ
レイリズム
(マイツ合同会社)
神奈川県川崎市多摩区
(お問合せはメールでお願いします)
URL - 有償の模型車両へのデコーダ搭載・書込みサービス
MODELS SHIMA 目黒区目黒(Web販売) URL LokSound 書込サービス実施予定,準備中

ESU LokSound V4, 5シリーズ向け音データ

サポートされているデコーダ

オープンサウンドデータは、ドイツESU社のLokSound5のみ対応(一部のサウンドのみLokSoundV4も対応)です。そのほかのデコーダには対応していません。

LokSound5, LokSound5 micro, LokSound 5 DCC, LokSound 5 micro DCC, LokSound 5 micro DCC Direct Kato Japan(58731)

LokSoundV4, LokSoundV4 microは、のマークのあるサウンドのみサポート
※SELECTシリーズや、V3.5等は対応していません。ご注意ください。
※他社のサウンドデコーダには対応できません。データはESUのLokSoundデコーダ専用形式となります。

対応の鉄道模型車両

ユーザーの皆様から提供された情報を元に、DesktopStation wikiにてDCC対応表を各社・ゲージごとにまとめています

使用方法・マニュアル

オープンサウンドデータの全体の概要や、使い方、サウンドデータの収録ノウハウ、編集作成方法、デコーダの搭載方法などをまとめたマニュアルを提供しています。

Language rev. DOWNLOAD COUNTER
日本語(Japanese) 6 (Dec 26,2021) DOWNLOAD
簡体中国語(Chinese) 5 (Feb 14,2021) DOWNLOAD
ドイツ語(Deutsch) 5 (Feb 14,2021) DOWNLOAD
英語(English) 5 (Feb 14,2021) DOWNLOAD

オープンサウンドデータマニュアルは、Githubで公開編集(https://github.com/desktopstation/osdmanual)できるようになっています。皆様の編集参加をお待ちしております。 編集に参加される場合には、Githubのアカウントを作成したうえで、Contributor申請をGithub上で当方までお願いします。

デコーダの入手・書き込み方法・サポートについて

LokSound V4や LokSound 5 サウンドデコーダは、ドイツ・ESU社から発売されています。デスクトップステーションオンラインストアか、国内の一部の鉄道模型店(石田商店様など上記オープンサウンドデータ提携模型店)が販売しています。海外ショップからの輸入でも入手可能です。

書き込み方法については、上記のオープンサウンドデータマニュアル(PDF)や、有志が頒布しているLokProgrammer スタータガイドをご覧下さい。

なお、DesktopStationでは、初期不良や故障サポートを除き、個別でのサウンドデータの利用や、LokSoundに関する使用サポートなどは一切行っておりません。代表的な質問はFAQをご覧下さい。アドバイスが必要な場合、質問がある場合には、デジタル鉄道模型フォーラムをご利用ください。

※お知らせ※
サポートチャットボット
機械学習による自動サポートシステムを無償で提供中です。機械が自動回答するため、お気軽にお試しいただけます。開発中のため、回答結果は期待に沿えない場合もありますが、学習データは随時アップデートして精度を高めております。皆様からの質問事項はすべて記録しており、学習データの拡充に活用させていただきます。

共有しよう

SNSをご利用の方は、ご自分のアカウントでオープンサウンドデータを共有してみませんか?多くの人に、オープンサウンドデータでデジタル鉄道模型の楽しさを知ってもらいましょう。

サウンドデータの一覧

サウンドデータ一覧はこちらです。


オープンサウンドデータの車両搭載に最適な部品

日本型の鉄道模型車両のほぼすべては、DCCサウンド化を考慮していません。そこで、オープンサウンドデータを運営するDesktopStationやDCC電子工作連合では、搭載を補助するための部品を頒布しております。電気電子工学に精通した技術陣による唯一無二の部品となっております。ぜひとも、ご活用いただければ幸いです。

オープンサウンドデータ公認
ExpBoardシリーズ提供メーカー:

  • Desktop Station
  • TRAINO
  • Fujigaya2
  • メーカー 製品名 コネクタ Scale ArtNo URL
    TRAINO ExpBoard EC-Slim Easy Next18 N ECS-E1 URL
    TRAINO ExpBoard EC-Slim Standard Next18 N ECS-S2 URL
    TRAINO ExpBoard EC-Slim Economy Next18 N ECS-C6 URL
    TRAINO ExpBoard EC-Slim Type T Next18 N ECT-S2 URL
    TRAINO ExpBoard EC-Slim Type F Next18 N ECF-S2,ECF-E4 URL
    TRAINO ExpBoard EC-Slim Type H Next18 N ELH-S1,ELH-E1 URL
    TRAINO ExpBoard EC-Slim SL Type A Next18 N SL-C57/D51 URL
    TRAINO ExpBoard EC-Slim SL Type B Next18 N SL-C59/C62 URL
    TRAINO ExpBoard EC-Slim SL Type C Next18 N SL-C58 URL
    DesktopStation ExpBoard for KATO HO Next18 HO 10024 URL
    DesktopStation ExpBoard for General HO Next18 HO 10023 URL
    DesktopStation ExpBoard for YP MTC21 HO 10026 URL
    DesktopStation EF81 Light Board - HO 10031 URL
    DesktopStation ExpBoard EH200 MTC21 HO 10030 URL
    Fujigaya2 ExpBoard for KATO HO DE10 Next18 HO 10033 URL

    オープンサウンドデータの関連ページ

  • オープンサウンドデータ MP3
  • よくある質問・FAQ
  • 更新履歴
  • 更新履歴

    過去の履歴はこちら

    オープンサウンドデータの管理・運営

    オープンサウンドデータは、デスクトップステーション株式会社による運営となっております。

    本ページならびにサウンドデータのZIPファイル内に含まれるテキストデータ・サウンドデータにおける、各鉄道会社の略称や名称は、各社の登録商標または商標です。文章中または図表に、TMやRの表記はしておりません。予めご了承ください。
    本ページでは、Google Analyticsによるアクセス解析を実施しています。本ページを閲覧している時点で、アクセス解析の実施に合意したとみなします。

    Desktop Station連絡先:
    contact

    Powered by
    Desktop Station

    Go to top.