ユーザ用ツール

サイト用ツール


dsair_kitassembly

DSair2 KIT組み立て

TOP

このページは、KIT購入者向けの組み立て方法の解説ページです。

内容物

DSair2 KITは、以下の物品と、ケースが同梱されます。

buin2gou.sakura.ne.jp_sblo_files_powerele_image_dsair2_kit_1-thumbnail2.jpg

部品番号 部品仕様 秋月部品No
C2 220uF/35VP-11758
C3,C5 100uF/16VP-05002
D1 LED Φ3mmI-11637
CN1 DC-JackC-01604
CN2 EG3.81-
CN4 PinFrameC-05779
SW1 Tackt Switch Right-
IC3 BP5293-50M-11188
- Nano boardM-12936
Screw EM2.3 4pcs-
PCB SMD soldered-

回路図

基板のアートワーク

組み立て手順

Youtubeにはんだ付け動画をアップしました。組み立て難易度は、低~中です。

組み立ての流れ

  • 内容物を確認する
  • 半田ごてを準備する
  • 背の低い部品からはんだ付けしていく
  • IC3(平べったいRohm製の部品)は、文字が書かれた方が内側(Nanoボードのある方)です。ボコボコした方は外側になります。
  • テスターで、5V-GND, 12V-GNDのショートテスト1)を実施する。IC3の1-2ピン、3-2ピンを使えばOKです。テスターの故障事例が多発してます!注記を参照して必ずテスターチェックをお願いします。
  • ACアダプタを差し込んで、RUN LEDが点滅すればOK。※2019/1/1以降出荷はファームウェア書き込み済。FlashAirを挿さずに動かして、LEDが2回チカチカ点滅するのは正常(FlashAir認識エラー)です。
  • ケースに基板をネジ止めする
  • 前面、後面のパネルを取り付ける。コネクタやLEDの位置に注意。
  • ケースで蓋をする
  • ケースの上面、下面をネジ止めする
  • ゴム足をつける
  • USBケーブルでPCと接続する
  • ArduinoIDEを起動し、DSshieldFlashAirスケッチを開き、Arduino nanoのボードを選択し、COMポートを直して、アップロードボタンを押す。
  • 書き込みが完了したら、FlashAirにWebアプリをコピーする2)
  • FlashAirをDSair2のSDカードスロットに差し込んで完成
  • ACアダプタを繋いで、RUN LEDがゆっくり点滅すれば正常動作です。

完成例

注意事項

  • Arduino nano互換ボードの半田付けは、じっくりと丁寧に行ってください。
  • D1は、RUNと書かれたほうに、足の長い方を入れてください。
  • D1 RUN LEDは、適度に長くしてはんだ付けしてください。少し浮かせて、ケースのLED穴に差し込んで完成させるためです。
  • SDカードを挿入するときは、水平に差し込んでください。
  • 何かあればメールではなく、デジタル鉄道模型フォーラムに書き込んでください。
  • KATOのパワーパックに付属のACアダプタは使用しないで下さい。古い物はAC/ACアダプタ(トランス)になっており、接続するとDSairが故障します。
1)
テスターが故障していないかを確認するため、動かす前に必ずプローブをわざと当てて、ショートするときに音が鳴るかどうかをチェックする
2)
超簡単に設定する専用ツールFlashAir アップデートツールもあります
dsair_kitassembly.txt · 最終更新: 2019/01/24 19:39 by yaasan