ユーザ用ツール

サイト用ツール


dsair2

DSair2

Keywords wireless, Wi-Fi, Web App, controller, command station, power pack

DSair2 (English)

DSair2は、PWMアナログパワーパック1)と、DCCとメルクリンモトローラ2(MM2)に対応したコマンドステーションです。DSair1の後継機で、USBによるアップデート機能、CVの読み出し回路、ショート時の検出機能を強化し、さらに専用ケースを採用して使い勝手を良くしています。

特長

  • 67 X 100 X 35mmの超小型、コンパクト。約110gで超軽量2)
  • デジタルだけじゃない!アナログPWMパワーパックモードも搭載3)
  • 別売りのPure Analog Adapterを使用することでPWMパルスをピュアDCに変換できます4)
  • FlashAir(SDカード)にMP3ファイルを置くとスマホで気軽に再生できます。
  • 単独でWi-Fi親機になります。Wi-FiルーターやPCは不要です。
  • BASIC機能搭載(上級者向け)。スマホだけで自動運転や、運転支援機能が作れます!
  • スマーフォン・タブレット・PCのブラウザで http://flashair/ にアクセスすると、操作画面が表示されます。モバイルアプリのインストールが不要です。
  • 改造すればS88-Nに対応。
  • スクラッチ風のブロック図プログラミングで自動運転プログラムが作れる!詳細–>Education Platform

buin2gou.sakura.ne.jp_sblo_files_powerele_image_dsair2_small-thumbnail2.jpg

仕様

仕様項目 仕様 備考
サポートプロトコル DCC及びMarklinMotorola2(MM2)
Analog PWM(DC Pulse)
NMRA準拠
動作確認済みデコーダ 後述
MM2アドレス 車両1-255, アクセサリ 1-320 mfxは未サポート,MM2互換モードの使用を推奨
MM2ファンクション F0-F4 F5-F16 拡張モードは未サポート
DCCアドレス 車両1-9999, アクセサリ 1-2044
DCC速度ステップ 127固定 内部は14,28対応
CV書き込み ダイレクトモードのみ, CV1-CV1024まで プログラミング端子は兼用
CV読み込み ダイレクトモードのみ, CV1-CV1024まで プログラミング端子は兼用
入力電圧 直流(DC) 12-19V AC/ACトランスは接続禁止。故障します。
出力電流 連続2.0A, 瞬間4.5A
保護低電圧(8V), 過電圧(21V),
過電流(ショート,6A), 過熱(150℃)
Wi-Fi接続台数 最大7台5) Wi-Fi親機として動作時
対応ブラウザ Chrome, Safari, Firefox モダンブラウザのみ
外部I/F miniUSB及びWi-Fi アップデート(USB)及び運転操作用(Wi-Fi)

対応デコーダメーカー / Supported decoder manufactureres

日本 DesktopStation, 永末, KATO, Nagoden, Nucky, Maison de DCC
欧州 ESU, Marklin, TRIX, Digikeijs, Roco, PIKO, LGB, ZIMO, Uhlenbrock, Hornby, Lenz, D&H等
米国 SOUNDTRAXX, MRC, MTH, QSI Quantum 等
アジア laisdcc, DIGSIGHT(Dynamic Core), ANE MODEL

動作報告は随時募集中です。

※Digitraxは、DSair2との相性があるため検証完了済の認定を見送っております。

Web説明書・紹介パンフレット

DSair2紹介パンフレット資料 DSair2 リーフレットrev.6(Japanese) (PDF),
DSair2 リーフレットrev.7(English) (PDF)
Web説明書 DSair2説明書 (wiki形式説明書)
PDF Instruction DSair2 User Manual(English 0.1)
組み立てマニュアル DSair2 KIT組み立て
動作確認スマホ・タブDSair Webアプリ動作確認済機種
ACアダプタの選定方法 ACアダプタの選び方
オプション商品 DSair2

販売

2020年5月10日を持って、DSair2の受注を終了しました。ご利用頂き、ありがとうございました。後継機はDSmainR6(DSair2 XL)ですがリリース時期などは未定です。

2020年8月29日より再開しております。

FlashAir W-04(16GB, 32GB, 64GBのいずれも動作可)は各自でご用意頂きますようお願い致します。少量、頒布しておりますが、数に限りがあります。

故障や修理のための部品販売等は随時受付しております。
メールにてお問い合わせください。

ファームウェア・Webアプリ

DSair2のファームウェア(Arduino)、Webアプリ(FlashAir用)を公開しています。
出荷済のKITは2019/1/1から本体ファームウェアは書き込み済みです。Webアプリのみ、ご準備下さい。

ファームウェア・Webアプリ

ケース

ケースの一部を3Dプリントする試みを行っています。DSair2は、タカチのPF10-4-7に追加工(カスタム)して使用しております。このため、生産台数が非常に小さいことからケース価格が高額となっており、大きな課題となっております。この解決案として、3Dプリンタによる代替を試行しております。

開発者のブログにて、3Dプリンター用のデータ(STLファイル)を公開しています。

2019年秋以降のケースでは、S88の開口部が標準で空いていますが、自分でケースを作る場合には、S88-Nを参照して穴をあけてください。

サポート

まず初めに、トラブル対応のページを確認しましょう。

組み立て方法、使用方法、利用や他社製品との組み合わせによるトラブルなどの質問は、デジタル鉄道模型フォーラムをご利用下さい。ツイッターでDesktopStation公式のアカウントが運用されていますが、ツイッターのDMでのサポートは受け付けておりません。ご了承ください。

組み立てや使用方法の相談を除く、初期不良・故障・修理のご相談は、以下のメールアドレスまでお知らせ下さい。

※KIT品は原則、有償修理となります。欠品または部品の初期不良は無償で良品支給となります。

ユーザーレビュー

カスタマイズ・開発者ガイド

DSair2は、ArduinoとFlashAirという2つのオープンなプラットフォームを組み合わせて、DCC鉄道模型制御システムを提供しています。ソースコード、回路図は全て公開されており、腕に自信のある方は機能の強化や、ソフトウェアの改良を行って、よりお好みのシステムにすることができます。

詳細は、以下のリンクを参照下さい。

DSair2応用関連ソフトウェア

ライセンス関連

DSair2 Firmware and Web Appのページに記載しております。

1)
オプションで純DCもサポート
2)
ACアダプタ,フィーダ線含まず
3)
DCC/MMの電源オフ時にアナログ車両を運転できます。
4)
DCC,MM動作時は使用できません
5)
実力値。ただし出力電流値は合計で2A以下にしてください。
dsair2.txt · 最終更新: 2020/09/22 20:17 by yaasan