ユーザ用ツール

サイト用ツール


dsair_kitassembly

差分

このページの2つのバージョン間の差分を表示します。

この比較画面にリンクする

両方とも前のリビジョン 前のリビジョン
次のリビジョン
前のリビジョン
dsair_kitassembly [2019/01/01 20:13]
yaasan [組み立て手順]
dsair_kitassembly [2020/09/24 22:10] (現在)
yaasan [組み立ての流れ]
行 3: 行 3:
 [[DSair2|TOP]] [[DSair2|TOP]]
  
-このページは、KIT購入者向けの組み立て方法の解説ページです。無断でコピ競合製品を開発することを許可するものではありません+このページは、KIT購入者向けの組み立て方法の解説ページです。 
 +本ペジには電子工作の中・上級者向けの作業手順が書かれており、不慣れな方は知見のある方のアドバイスや組立ての代行を依頼するか、[[https://desktopstation.net/shop/html/|DesktopStationShop]]で完成品を購入することを検討下さい
 ===== 内容物 ===== ===== 内容物 =====
  
 DSair2 KITは、以下の物品と、ケースが同梱されます。 DSair2 KITは、以下の物品と、ケースが同梱されます。
  
-{{http://buin2gou.sakura.ne.jp/sblo_files/powerele/image/DSair2_KIT_1-thumbnail2.jpg}}+{{https://buin2gou.sakura.ne.jp/sblo_files/powerele/image/DSair2_KIT_1-thumbnail2.jpg}}
  
  
行 17: 行 18:
 |CN1 |DC-Jack|[[https://akizukidenshi.com/catalog/g/gC-01604/|C-01604]]| |CN1 |DC-Jack|[[https://akizukidenshi.com/catalog/g/gC-01604/|C-01604]]|
 |CN2 |EG3.81|-| |CN2 |EG3.81|-|
-|CN4 |PinFrame|[[https://akizukidenshi.com/catalog/g/gC-05779/|C-05779]]|+|CN3,CN4|PinFrame(*注意)|[[https://akizukidenshi.com/catalog/g/gC-05779/|C-05779]]|
 |SW1 |Tackt Switch Right|-| |SW1 |Tackt Switch Right|-|
 |IC3 |BP5293-50|[[https://akizukidenshi.com/catalog/g/gM-11188/|M-11188]]| |IC3 |BP5293-50|[[https://akizukidenshi.com/catalog/g/gM-11188/|M-11188]]|
 |- |Nano board|[[http://akizukidenshi.com/catalog/g/gM-12936/|M-12936]]| |- |Nano board|[[http://akizukidenshi.com/catalog/g/gM-12936/|M-12936]]|
-|Screw |EM2.3 4pcs|-|+|Screw |EM2.3 4pcs|[[https://www.takachi-el.co.jp/products/EM|タカチ代理店]]|
 |PCB |SMD soldered|-| |PCB |SMD soldered|-|
  
 +* 分割が必要な1本のピンフレームではなく15ピン分割済ピンフレーム2点になっている場合があります。
  
 ===== 回路図 ===== ===== 回路図 =====
  
-{{http://buin2gou.sakura.ne.jp/sblo_files/powerele/image/DSair_SCH_R2c-thumbnail2.PNG}}\\  +{{https://buin2gou.sakura.ne.jp/sblo_files/powerele/image/DSair_SCH_R2c-thumbnail2.PNG}}\\  
-[[http://buin2gou.sakura.ne.jp/sblo_files/powerele/image/DSair_SCH_R2c.PNG|Schematic FULL]]+[[https://buin2gou.sakura.ne.jp/sblo_files/powerele/image/DSair_SCH_R2c.PNG|Schematic FULL]]
  
 ===== 基板のアートワーク ===== ===== 基板のアートワーク =====
  
-{{http://buin2gou.sakura.ne.jp/sblo_files/powerele/image/AW_r1c_omote-thumbnail2.png}}+{{https://buin2gou.sakura.ne.jp/sblo_files/powerele/image/AW_r1c_omote-thumbnail2.png}}
  
-{{http://buin2gou.sakura.ne.jp/sblo_files/powerele/image/AW_r1c_ura-thumbnail2.png}}+{{https://buin2gou.sakura.ne.jp/sblo_files/powerele/image/AW_r1c_ura-thumbnail2.png}}
  
  
行 48: 行 50:
   * 半田ごてを準備する   * 半田ごてを準備する
   * 背の低い部品からはんだ付けしていく   * 背の低い部品からはんだ付けしていく
 +  * LEDの向きに注意してください。基板に書かれている絵の通り、足の長い方を合わせて穴に入れてください。
   * IC3(平べったいRohm製の部品)は、文字が書かれた方が内側(Nanoボードのある方)です。ボコボコした方は外側になります。   * IC3(平べったいRohm製の部品)は、文字が書かれた方が内側(Nanoボードのある方)です。ボコボコした方は外側になります。
-  * テスターで、5V-GND, 12V-GNDのショートテストを実施する。IC3の1-2ピン、3-2ピンを使えばOKです。 +  * テスターで、5V-GND, 12V-GNDのショートテスト((テスターが故障していないかを確認するため、動かす前に必ずプローブをわざと当てて、ショートするときに音が鳴るかどうかをチェックする))を実施する。IC3の1-2ピン、3-2ピンを使えばOKです。テスターの故障事例が多発してます!注記を参照して必ずテスターチェックをお願いします。 
-  * ACアダプタを差し込んで、RUN LEDが点滅すればOK。+  * ACアダプタを差し込んで、RUN LEDが点滅すればOK。※2019/1/1以降出荷はファームウェア書き込み済。FlashAirを挿さずに動かして、LEDが2回チカチカ点滅するのは正常(FlashAir認識エラー)です
   * ケースに基板をネジ止めする   * ケースに基板をネジ止めする
   * 前面、後面のパネルを取り付ける。コネクタやLEDの位置に注意。   * 前面、後面のパネルを取り付ける。コネクタやLEDの位置に注意。
行 64: 行 67:
  
 ===== 完成例 ===== ===== 完成例 =====
 +
 +{{::dsair2_nanamepcb.jpg?400|}}
  
  
行 69: 行 74:
  
 {{::dsair2_fsmpl_test1.jpg?400|}} {{::dsair2_fsmpl_test1.jpg?400|}}
 +
  
 ===== 注意事項 ===== ===== 注意事項 =====
行 78: 行 84:
   * 何かあればメールではなく、デジタル鉄道模型フォーラムに書き込んでください。   * 何かあればメールではなく、デジタル鉄道模型フォーラムに書き込んでください。
   * KATOのパワーパックに付属のACアダプタは使用しないで下さい。古い物はAC/ACアダプタ(トランス)になっており、接続するとDSairが故障します。   * KATOのパワーパックに付属のACアダプタは使用しないで下さい。古い物はAC/ACアダプタ(トランス)になっており、接続するとDSairが故障します。
 +  * コンデンサの半田付けが不良の場合、FlashAirの電源安定に影響を与えます。電源消費が高くなるような操作(Wi-Fi通信)が途中で止まったり、動きが不安定になる事があります。コンデンサの特にマイナス側はパターンの都合上、熱が逃げやすいため、芋半田などに注意して、半田付は慎重に行って下さい。
  
dsair_kitassembly.1546341188.txt.gz · 最終更新: 2019/01/01 20:13 by yaasan