ユーザ用ツール

サイト用ツール


dsair_kitassembly

差分

このページの2つのバージョン間の差分を表示します。

この比較画面にリンクする

両方とも前のリビジョン 前のリビジョン
dsair_kitassembly [2020/09/24 22:09]
yaasan [内容物]
dsair_kitassembly [2020/09/24 22:10] (現在)
yaasan [組み立ての流れ]
行 50: 行 50:
   * 半田ごてを準備する   * 半田ごてを準備する
   * 背の低い部品からはんだ付けしていく   * 背の低い部品からはんだ付けしていく
 +  * LEDの向きに注意してください。基板に書かれている絵の通り、足の長い方を合わせて穴に入れてください。
   * IC3(平べったいRohm製の部品)は、文字が書かれた方が内側(Nanoボードのある方)です。ボコボコした方は外側になります。   * IC3(平べったいRohm製の部品)は、文字が書かれた方が内側(Nanoボードのある方)です。ボコボコした方は外側になります。
   * テスターで、5V-GND, 12V-GNDのショートテスト((テスターが故障していないかを確認するため、動かす前に必ずプローブをわざと当てて、ショートするときに音が鳴るかどうかをチェックする))を実施する。IC3の1-2ピン、3-2ピンを使えばOKです。テスターの故障事例が多発してます!注記を参照して必ずテスターチェックをお願いします。   * テスターで、5V-GND, 12V-GNDのショートテスト((テスターが故障していないかを確認するため、動かす前に必ずプローブをわざと当てて、ショートするときに音が鳴るかどうかをチェックする))を実施する。IC3の1-2ピン、3-2ピンを使えばOKです。テスターの故障事例が多発してます!注記を参照して必ずテスターチェックをお願いします。
dsair_kitassembly.1600952963.txt.gz · 最終更新: 2020/09/24 22:09 by yaasan