ユーザ用ツール

サイト用ツール


dshacx

DS HACX R4

DS HACX R4は、入手のしやすいアナログパワーパックの内部基板を交換することで、簡単なCV読み書きを可能とした簡易型DCCコマンドステーションを自作できるソリューションです。 必要最低限の機能に絞ることで、中・上級者の方が普段使いしやすいようにしています。

本機器は、中級者以上のサポートを受けられる初心者の方、もしくは中級者以上を対象としています。初心者の方が利用される場合は、組み立てにはハードルがあること、理解に知識が必要であることを十分に理解したうえで、ご利用ください。少しでも?な事がある場合には、身近にいらっしゃる知識のある方の協力を得ることや、購入や使用をお控えください。

利用想定対象者

はんだ付けが必要なため、電子工作経験をお持ちの方を対象としています。電子工作経験を持つ、知り合い・ご友人の力を借りて組み上げられる場合には、その限りではありません。

できること

  • 1つのDCC車両の運転
  • 1つのアナログ車両の運転
  • ポイント・信号機の切り替え
  • CVの読み出しと書込み(Directモードのみ)
  • アドレスの読み書き機能

できないこと

  • PCとの接続
  • 複数車両の同時運転
  • 自動運転
  • メルクリンデジタル・mfx・MM2車両の運転

やってはいけないこと

以下の行為を行う可能性がある方は、購入をご遠慮ください。

  • パワーパックのメーカーであるK社様に問い合わせやサポートを依頼すること
  • 組み立てをDesktopStationに依頼する事。

基板情報

結線図・回路図

アートワーク

部品表(BOM)

キットの基板を作るときに使用する部品は以下の通りです。必要な部品は全てキットに付属しています。また、表面実装部品は、全てはんだ付け済みですので、安心してキットを組み立てできます。

Parts No Specification Akizuki Notes
OLED I2C OLED,0.96inch,128×64 P-12031
OLED PinFrame 4pin 2.54mm pitch Pin Frame C-05779
IC2TB6643KQI-07688
IC4ATMEGA328P-PUI-03142
C7 220uF,35V,
35ZLH220MEFCCT8X11.5
P-11758
C2,C3 47uF,25V,25MH747MEFC6.3×7 P-10596
SW1,SW2,SW3,SW4,
SW5,SW6,SW7
Tact Switch H=18mm
スペーサ,M3ねじ 15mm程度
PCB

ケースに入れてコマンドステーションとして完成させるために必要なものは以下の通りです。

KATO パワーパック スタンダードSXを使って組み立てる場合

Parts No Specification 入手元 Notes
22-018パワーパックスタンダードSX(ACアダプター別売)量販店,模型店 メーカー保証無効となります
22-082(Nゲージに使用する場合)N用ACアダプター量販店,模型店排他
22-083(HOゲージに使用する場合)HO用ACアダプター量販店,模型店排他

タカチ汎用ケースTW7-4-11シリーズを使って組み立てる場合

ACアダプタ、DCジャック、フィーダ線はDSair2の内容を加味し、ご自分で選定ください。

基板のはんだ付け

最初にピンフレーム、ATMEGA328P-PU、TB6643KQをはんだ付けします。購入いただいたキットに部品は全て付属しておりますが、追加で欲しい場合は以下を参考に、秋月電子で部品を各自で調達してください。

Parts No Specification Akizuki Notes
OLED I2C OLED,0.96inch,128×64 P-12031
OLED PinFrame 4pin 2.54mm pitch Pin Frame C-05779
IC2TB6643KQI-07688
IC4ATMEGA328P-PUI-03142
C7 220uF,35V,
35ZLH220MEFCCT8X11.5
P-11758
C2,C3 47uF,25V,25MH747MEFC6.3×7 P-10596
SW1,SW2,SW3,SW4,
SW5,SW6,SW7
Tact Switch H=18mm PCBに付属
スペーサ,M3ねじ 15mm程度
基板固定ネジ KATO SXの場合は不要
PCB PCBに付属

組み立て

DS HACX R4を試作を参照ください。

以下のケースに対応しています。なお、KATOパワーパック スタンダードSX(22-018)のケースを改造して流用できますが、分解した時点で製品の保証は無くなります。本キットに関連することについて、メーカーへの問い合わせは絶対にしないでください。

ケースにはあらかじめ加工をしてください。刃物を使用するため、けがには十分ご注意ください。

パワーパックSXを加工する場合の3Dプリンタ用型紙は以下の通りです。

FreeCADデータ, STLデータ

desktopstation.net_blog_wp-content_uploads_2021_05_hacx_case1.jpg

desktopstation.net_blog_wp-content_uploads_2021_05_hacx_case2.jpg

desktopstation.net_blog_wp-content_uploads_2021_05_hacx_case3.jpg

desktopstation.net_blog_wp-content_uploads_2021_05_hacx_case4.jpg

desktopstation.net_blog_wp-content_uploads_2021_05_hacx_case5.jpg

desktopstation.net_blog_wp-content_uploads_2021_05_hacx_case6.jpg

基板は背の低い部品から、はんだ付けをしてください。表面実装部品は既にはんだ付け済みです。また付属のATMEGA328Pもファームウェアを書き込み済みです。

部品をはんだ付けすると以下のようになります。

OLEDを取り付けると以下のようになります。

パワーパックSXの配線から移植をすると、以下のようになります。注意点としては、DCジャック配線のはんだ付けです。黒色の線はGND、赤色の線は+12Vのシルクの個所にはんだ付けしてください。間違えると、基板が損傷してしまいますので、ご注意ください。

パワーパックSXに取り付けた様子です。付属のM3ねじ、スペーサー、凸型スペーサを用いて、OLED左上側の基板が沈み込まないように調整してください。

基板を取り付けたら、レバーなどを戻していきます。

これで完成です。

仕様

出力電流 2.0A 連続運転可能, 瞬時最大4.5Aまで
電圧 12Vまたは 15V(KATO製SX用専用ACアダプタに準ずる)
保護機能 過電流保護(4.5A超)または過電圧・低電圧保護(8V以下または20V以上でエラー)
DCC SpeedStep128固定, 最大同時運転台数 1車両, F0-F28操作可能
アナログ運転 PWMパルスによるアナログ車両の運転機能有

※保護機能を過信せず、ショートや脱線時はパワーオフを心掛けてください。

使用方法

ボタンは以下のように定義されています。

Dir 進行方向の切替
HOME メニュー呼び出し
FNC ファンクション呼び出し
ENTER 確定・ファンクションON/OFF
UP/DOWN 選択切替、アドレス変更

HOMEメニューには、以下の項目が用意されています。

Loco 車両の運転
Turnout ポイント・信号の切り替え
LocoAdr アドレスの読み書きモード、Loco運転モードへのアドレス反映
Read CV CVの読み出し
WriteCV CVの書込み
Analog PWMアナログパワーパックモード

ファームウェア

ファームウェアの著作権は放棄されていません。ファームウェアを用いて製品の開発・ビジネス・商業利用を行うには、DesktopStationとライセンス契約が必要です。なお、個人や模型クラブ内で、非営利目的により少量の野良HACXを作る場合には例外的に使用しても構いません。1)

使用ライブラリ

OzOLED LGPL2.1
MCore (DesktopStation内製) 独自ライセンス

頒布

DesktopStation部品頒布で頒布を行っています。KATOパワーパックSXは別途購入ください。

PCBセット秋月電子で購入可能な部品を除く基板・部品のセット 3980円
キット すべての部品のセット 5980円
1)
DesktopStationの頒布を阻害する行為を禁止する目的としています。
dshacx.txt · 最終更新: 2021/07/28 08:01 by yaasan