ユーザ用ツール

サイト用ツール


expboard

差分

このページの2つのバージョン間の差分を表示します。

この比較画面にリンクする

両方とも前のリビジョン 前のリビジョン
次のリビジョン
前のリビジョン
expboard [2019/05/18 03:23]
yaasan [頒布]
expboard [2019/07/05 08:22] (現在)
yaasan [頒布]
行 1: 行 1:
-====== Exp Board ======+====== ExpBoard for KATO HO(NEM652) ======
  
-ExpBoardは、KATOのHO車両向けに、DCCコネクタ基板とウェイトを、1枚の基板に置換えることで、ヘッドライト・テールライト配線、室内灯(AUX)、スピーカーの信号線を容易に、かつ、車内のディテールを保ちつつ、実現可能になります。+ExpBoard for KATO HOは、KATOのHO車両向けに、DCCコネクタ基板とウェイトを、1枚の基板に置換えることで、ヘッドライト・テールライト配線、室内灯(AUX)、スピーカーの信号線を容易に、かつ、車内のディテールを保ちつつ、実現可能になります。 
 + 
 +Next18版は[[ExpBoardNext18|こちら]]です。\\  
 +Tomix向けは[[ExpBoardTmx|こちら]]です。
  
-{{http://buin2gou.sakura.ne.jp/sblo_files/powerele/image/EXPboard_1-thumbnail2.jpg}} 
  
  
行 19: 行 21:
 KATOのHO車両は、多くがDCCコネクタを装備しています。本ボードが使用できるものをLONG(そのまま)またはSHORT(破線をカット)で記載しており、対応の可否をまとめております。 KATOのHO車両は、多くがDCCコネクタを装備しています。本ボードが使用できるものをLONG(そのまま)またはSHORT(破線をカット)で記載しており、対応の可否をまとめております。
  
-^ 車両 | URL | Board Type | +クモハ12, キハ110は簡単な半田付けと加工で配線が行えます。 
-^ 1-615 キハ110 | [[https://www.katomodels.com/product/ho/ho_kiha110|URL]] | LONG | + 
-^ 1-611 キハ80 | [[https://www.katomodels.com/product/ho/kiha82|URL]] | LONG | +^ 車両 | URL | Board Type | ライト基板接続 
-^ 1-422 クモハ40 | [[http://www.katomodels.com/product/ho/ho_kumoha40|URL]] |LONG | +^ 1-615 キハ110 | [[https://www.katomodels.com/product/ho/ho_kiha110|URL]] | LONG | OK 
-^ 1-425 クモハ12 | [[https://www.katomodels.com/product/ho/ho_kumoha12052|URL]] |SHORT | +^ 1-611 キハ80 | [[https://www.katomodels.com/product/ho/kiha82|URL]] | LONG | - 
-^ 3-516 E5 | - |未対応(台車モータ式) | +^ 1-422 クモハ40 | [[http://www.katomodels.com/product/ho/ho_kumoha40|URL]] |LONG | 難あり 
-^ 1-601 キハ58| [[https://www.katomodels.com/product/ho/ho_kiha28_58|URL]] | LONG |+^ 1-425 クモハ12 | [[https://www.katomodels.com/product/ho/ho_kumoha12052|URL]] |SHORT | OK 
 +^ 3-516 E5 | - |未対応(台車モータ式) | - 
 +^ 1-601 キハ58| [[https://www.katomodels.com/product/ho/ho_kiha28_58|URL]] | LONG |難あり |
  
  
行 77: 行 81:
 ^AUX | COM+端子と組み合わせて使用。室内灯など(デコーダの機能設定による) | ^AUX | COM+端子と組み合わせて使用。室内灯など(デコーダの機能設定による) |
 ^SPK1,SPK2| スピーカー向け配線((空き配線として利用可。デコーダとは未接続のため、デコーダからのスピーカー線をSPK1とSPK2の空きパッドに接続ください。))  | ^SPK1,SPK2| スピーカー向け配線((空き配線として利用可。デコーダとは未接続のため、デコーダからのスピーカー線をSPK1とSPK2の空きパッドに接続ください。))  |
- 
-Next18S対応仕様では以下の配線が追加されます。またSPK1とSPK2はデコーダと接続されます(NEM652版と異なります!) 
- 
-^AUX2,AUX3,AUX4 | 拡張端子線。デコーダの機能設定に依ります。| 
-^GND | デコーダの電源グランド端子です。| 
- 
  
 ==== NEM652(NMRA 8ピン)端子 ==== ==== NEM652(NMRA 8ピン)端子 ====
行 91: 行 89:
  
  
-==== Next18S(NEM662)端子 ==== 
  
-白い■が1ピンを表します。下の図は上から見たコネクタのピン割り当て図です。\\  
-ExpBoard Next18Sでは、サウンド対応仕様(AUX5,6をスピーカーに割り当てしたもの)としています。 
- 
-{{http://buin2gou.sakura.ne.jp/sblo_files/powerele/image/ExpBoard_Next18s_pinassign.png}} 
- 
-詳細は、MOROPの規格書RCN-118(ドイツ語、フランス語のみ、[[http://normen.railcommunity.de/RCN-118.pdf|URL]])を参照ください。 
 ===== 適用例 ===== ===== 適用例 =====
  
行 111: 行 102:
 ===== 頒布 ===== ===== 頒布 =====
  
-希望頒布価格+希望頒布価格(標準価格)
  
-^NEM652版(KIT) |800円/枚| +^NEM652版(KIT) |500円/枚| 
-^(開発中)Next18S版(KIT) |(目標価格)1800円/枚|+^Next18S版(KIT) |1000円/枚|
  
  
行 120: 行 111:
  
 [[https://desktopstation.net/shop/html/products/detail/57|購入ページ]] [[https://desktopstation.net/shop/html/products/detail/57|購入ページ]]
- 
-※鉄道模型メーカー・鉄道模型店などの業者様にはボリュームディスカウントも設定します。\\  
-※鉄道模型メーカーさま向けで、車両に最適化した専用ボードの無料設計サービス承ります(諸条件有り。要契約)。 
expboard.1558117385.txt.gz · 最終更新: 2019/05/18 03:23 by yaasan